日本庭園

 

日本庭園に関する読み物

全24件、1-10件を表示中
旅と食
滋賀県で見つけた!梅雨も楽しくなる、知る人ぞ知る寺社5選

滋賀県は京都からすぐ近くなのに、新幹線を利用した場合には見過ごされがちなところがあります。 平安京より前に飛鳥時代に天智天皇が大津宮を営んだという古い歴史や、日本最大の湖「琵琶湖」と周囲の山々が織り成す自然など、さまざまな魅力に溢れた滋賀県は実は見どころいっぱい。 通過するなんてもったいないポイントが幾つもあります。 見どころいっぱい!見逃し厳禁!滋賀県の最新人気スポット情報 四季折々の美しさを各地で目にすることができる滋賀県の中から、今回は梅雨から夏へのこの時季ならではの見どころがある寺社に焦点を当ててご紹介します。 天気がぐずついている梅雨の日に、京都や大阪などの混雑とは無縁の滋賀県の穴場 […]

芸能と文化
日本庭園入門! プロに聞いたとっておきのタイプ別鑑賞法とは?!

日常にちょっと疲れたとき、あるいはモヤモヤした気持ちを抱えたとき、私はよく日本庭園を訪ねます。都心にいても、ひとたび門をくぐれば、そこは別世界。コケや、松や、池を眺めるうちに、ときどきハッと目を奪われる風景に出会うことがあります。岩の隙間を流れる水が、自分の小さな悩みを、洗い流してくれる気がします。そうして、色々な庭園に足を運ぶ度に、「庭園ごとの違いや、その楽しみ方をもっと具体的に知りたい」という欲も出てきます。 しかし、ここからが難しい! 日本庭園には、人の心を動かす何か特別な「仕掛け」がある。そのこと自体は分かっても、実際にどういう仕掛けなのか、今ひとつピンとこないのです。聞き慣れない専門 […]

旅と食
東京・目白の日本庭園へ、カルガモの子育てを見にいこう!

古くから身近な存在であった「鴨」は、日本美術や工芸のモチーフとして数多く用いられてきました。 狩野探幽『芦鴨図』 紙本墨画 慶安3(1650)年 21.3×27.3㎝ メトロポリタン美術館 @The Metropolitan Museum of Art, Charles Stewart Smith Collection, Gift of Mrs. Charles Stewart Smith, Charles Stewart Smith Jr., and Howard Caswell Smith, in memory of Charles Stewart Smith, 1914, 14.76.6 […]

旅と食
東京の奥座敷・奥高尾「うかい鳥山」と「うかい竹亭」で楽しめる贅沢な”ほたる狩り”

GWが明けると、そろそろ梅雨の訪れです。秋の収穫を左右する梅雨の雨は、古来歓迎されてきたものですが、気温も湿度も高くて過ごしにくい時季であることもまた事実。しかし、この時季ならではのスペシャルなイベントがあることで、日本の人々は心癒されてきました。そのイベントとは、ほたる狩り。日暮れとともに水際を舞い飛ぶほたるの光は、夏を間近にしたひとときの幻想のように感じられ、人々を魅了してきました。 最近は、ほたるが見られる場所も増え、各地でほたる狩りが催されていますが、そのほとんどはただ立って鑑賞するだけ。もっと落ち着いた場所で、快適にほたる狩りを楽しみたいと思っている方にご紹介したいのが、東京・奥高尾 […]

工芸
魯山人のセンスに触れられる、笠間・芸術の村「春風萬里荘」

稀代の芸術家・魯山人の美意識が感じられる貴重な施設 印象派をはじめとしたコレクションや、充実した展示施設を有する「笠間日動美術館」。その分館「春風萬里荘(しゅんぷうばんりそう)」は、北鎌倉で暮らしていた北大路魯山人の住居・アトリエであった茅葺の民家を移築したものです。 北大路魯山人の住居・アトリエを移築した「春風萬里荘」 漫画『美味しんぼ』に登場する海原雄山のモデルとされる美食家で、大正から昭和にかけて陶芸や漆芸、書画など、さまざまなジャンルで一流の才能を発揮した芸術家・魯山人。その住居としては国内で唯一現存する建物が「春風萬里荘」で、建物や庭園には魯山人の面影を今も感じられます。 「春風萬里 […]

旅と食
南禅寺に瑞泉寺。禅の心を感じることができる名庭ベスト4

禅の名庭は京都を中心として、枚挙にいとまがないほどです。そんな中から禅の庭の発展を知る上で欠かすことのできない4つの庭を選びました。眺めていると、それぞれの庭に込められた禅の心が伝わってくるようです。 解説・宮元健次(和樂2007年3月号より) 茶道とのかかわりから生まれた織部好みの庭「龍興山 南宗寺 臨済宗」(大阪・堺市) 南宗寺の創建は1526年、京都・大徳寺の住職であったこ古嶽宗旦(こがくそうたん)がこの地にあった小院を南宗庵と改称したことが始まりです。その後、三好長慶によって大規模な寺院が造営されますが、戦災による焼失と再建をくり返し、現在にいたるまで大阪府で唯一の臨済宗専門道場として […]

旅と食
品川の日本庭園でお花見弁当&桜スイーツを堪能「高輪 桜まつり2019」

2019年3月17日(日)〜4月7日(日)、品川の3つのホテルでお花見イベント「高輪 桜まつり2019」が開催されます。日本庭園で200本以上の桜に囲まれて、桜にちなんだスイーツを味わえるほか、日本文化に触れるワークショップやイベントを体験できます。 お花見弁当や桜スイーツも。春を満喫できる体験目白押し 約20,000平米の日本庭園に咲く17種類・約210本の桜。期間中は、お花見弁当や桜にちなんだスイーツの提供に加え、日本庭園では和太鼓や三味線、お琴の和楽器演奏など、日本文化に触れるさまざまな催しが行われます。 ホテル・ザ・プリンス さくらタワー東京では、プライベートなお花見を満喫できるお弁当 […]

旅と食
九州最大の桜ライトアップ! 壮大な日本庭園・御船山楽園で「花まつり」開催

3月にはちらほらと桜が咲き始め、4月中旬になるとつつじ、藤、春もみじ…。ぽかぽかと過ごしやすい春は、華やかな花々が次々とバトンタッチしながら咲き競います。 竜宮城を思わせる朱塗りの楼門がシンボルの佐賀・武雄温泉。50万平米の広大な敷地に四季の花々が咲き誇る庭園「御船山楽園(みふねやまらくえん)」は、江戸後期より続く大名庭園です。そんな歴史ある御船山楽園で2019年3月15日から5月6日までの期間、「花まつり」を開催。夜には桜やつつじ、大藤などがライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的な世界を楽しめます。 「花まつり」花の見頃、ライトアップ期間まとめ 桜 2万5000坪のエリアに、2000本の […]

旅と食
日本庭園の基礎知識30。種類や見どころを解説

寺院やホテルなどで見られる日本庭園。おでかけ前に読んでおきたい、基礎知識の解説です。庭の説明には耳慣れない専門用語がよく使われます。ですが、必要とされる知識はそれほど多くも、難しくもありません。30の基礎知識さえ押さえておけば、庭の構成要素や様式がわかりやすくなり、日本庭園がもっと楽しめることは請け合いです。 日本庭園がもっと楽しくなる!基礎知識30 ※50音順 日本庭園基礎知識1.石組(いしぐみ) いくつも自然石を組み合わせることを石組といい、石組は庭の景観を大きく左右する要素。日本庭園の主役といってもいいもの。石組が示す庭の主題は、以下の3つに分けられる。 1.「神仙思想を表すもの」 蓬萊 […]

旅と食
京都の日本庭園をめぐる、2泊3日の穴場スポット

庭めぐり1日目は、叡電と共に比叡山麓エリアをのんびりめぐりました。2日目は、「南禅寺」から哲学の道を上がって「銀閣寺」まで、京都の散歩コースの穴場ともいえるスポットです。紹介する庭は、いずれも日本庭園としての構成や秋の風情が素晴しく、歩いて楽しむのに最適。 2日目は南禅寺〜銀閣寺エリアで、季節の彩を堪能 9時の開門に一番乗りしたいのは、南禅寺の塔頭名刹「金地院」。方丈の広縁に腰掛け、小堀遠州作の白砂と石組み、苔と木々が巧みに配置された鶴亀の日本庭園を眺めましょう。伏見桃山城の遺構を移築したと伝わる方丈には、狩野探幽の天井画や狩野尚信の襖絵、茶室「八窓席」に隣接する小書院には長谷川等伯の襖絵も。 […]

全24件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介