日本画

 

日本画に関する読み物

全22件、1-10件を表示中
日本美術
鏑木清方「築地明石町」がいよいよ公開!44年を経ても変わらない美しさにうっとり♪

鏑木清方の名画「築地明石町」。水色の着物に黒い羽織姿の女性が、どこかつんとした顔で立っているこの絵は、美術好きなら誰もが清方の代表作に挙げる作品でありながら、実は長いこと行方不明になっていた幻の作品です。 今回、再発見を記念し、東京国立近代美術館において特別公開されることが決定しました!2019年11月1日から、東京国立近代美術館、所蔵品ギャラリー第10室にて公開されます。 鏑木清方ってそもそも誰?80年描き続けた美人画の名手 鏑木清方(1956年) 根本章雄氏提供 13歳のときに日本画家水野年方に弟子入りし、絵を描き始めた鏑木清方。1972年に93歳で亡くなるまで創作活動に向き合い続けた、近 […]

日本美術
美術鑑賞も購入もできる!「2019東美アートフェア」開催情報

骨董品を鑑定するテレビ番組での評価額を見ていて、ごく稀に、無理すれば買えるかも・・・と思えることがあります。 それと同時に、同じ番組に必ずといっていいほど本物ではないものも出てきて、古美術との付き合いの難しさもうかがわれます。 では、古美術を手に入れたいと思ったときには、どこに行けばいいのか。 美術商、骨董店を訪れるのが一番いいのですが、どこか入り難さを感じるのも事実。 そんな人におすすめしたいのが、この秋、東京美術倶楽部で開催される「2019東美アートフェア」です。 2019東美アートフェア(10/4~10/6) 2019東美アートフェア ビジュアルイメージ 東京美術商協同組合が主催し、アー […]

日本美術
“展覧会の原点”がここにある!日本初、画家自らつくった美術館「龍子記念館」 

床の間に飾るような繊細で美しい日本画を、個人が小さな空間で楽しんでいた昭和初期。たくさんの人が広い会場で芸術とふれあうことができる「展覧会」の意義を訴えた画家がいました。彼は“会場で人々の心をつかむ力のある画”を目指し、巨大な画面いっぱいに躍動感あふれるエネルギッシュな日本画を描き続けます。 画家の名は川端龍子(かわばたりゅうし)(1885-1966)。大正から昭和の日本画壇で頭角をあらわすも、自らの理想を求めて、横山大観(よこやまたいかん)率いる日本美術院を脱退。“画壇に挑みつづけた”近代日本画の巨匠です。 「展覧会」にこだわり続けた龍子は、ついに自作が展示できる美術館までつくってしまいます […]

茶の湯
押忍!原三溪!日本美術を救った天才コレクターは生き方もすごかった!

何ができるかを考え抜いた原三溪 横浜美術館で開催中の「横浜美術館開館30周年記念 生誕150・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション」展。この展覧会は、原三溪(はら・さんけい)を「コレクター三溪」「茶人三溪」「アーティスト三溪」「パトロン三溪」という4分野にわけ、ゆかりの美術品を通じてを彼の全貌に迫るという構成をとっています。そこで、和樂webを代表してわたくし植田が「すごく迷うけれど、コレだけは絶対観るべし!三溪翁の至高の逸品」について、先述の各分野から1点ずつ推薦したい、ということで、まずは前回「コレクター三溪」「茶人三溪」パートのオススメの作品をご紹介しました。 →前回の展覧 […]

芸能と文化
美人日本画家・宮下真理子が描く紫陽花ゆかた、創業177年の老舗・竺仙が染め上げる江戸の青【6/19~日本橋三越本店で個展開催】

このたび、日本画家・宮下真理子さんと東京・日本橋の染呉服の老舗「竺仙(ちくせん)」とのコラボレーションによって、2019年の新作浴衣(ゆかた)4柄が発表されました。中でも、綿紅梅の白地にさわやかな青が印象深い紫陽花(あじさい)柄の浴衣は、日本橋三越本店のオリジナル商品として制作されたもの。6月19日から、同店美術特選画廊でスタートする宮下さんの個展にあわせて発売されます。令和最初の夏を彩る、このファッション(呉服)とアート(美術)の涼やかな饗宴について、宮下真理子さんと株式会社竺仙 代表取締役社長・小川文男さんの対談をお届けします。 日本画家・宮下真理子さんと江戸染めの伝統を守り抜く竺仙 日本 […]

日本美術
編集部厳選!2019年6月にオススメしたいとっておきの美術展10選!

2019年も気づいたらあっという間に折り返し地点が近づいてきました。史上最大のGW10連休での遊び疲れも癒えてきて、そろそろまた美術鑑賞へのモチベーションが戻ってきた頃なのではないでしょうか? さて、6月は、毎年ちょうど春の大型展が一段落し、各美術館・博物館では夏休み向けの展覧会がスタートするまでの「合間」でもあります。こういった時期は、実験的な企画展や斬新なテーマを設定した”尖った”展覧会が増える傾向にあります。また、日本画の展覧会だと季節柄「雨」をテーマとした情緒たっぷりの作品も展示されることが多いもの。今回は全国各地で開催される美術展の中から、日本美術を中心に「趣向を凝らした」展覧会を選 […]

日本美術
日本美術と「椿」には深い繋がりがあった! 日本人とともにあった花の物語

あるときは素朴でかわいらしく、あるときはふっくらと官能的に。冬から春にかけて咲く「椿」という花は、日本人にとって、とても身近で関係が深い存在です。日本絵画や工芸においても、桜や梅とともに人気のモチーフで、古から近代にいたるまで、さまざまな形で描かれてきた椿。数々の椿を取り入れた作品を眺めつつ、日本人に寄り添う椿の美と歴史を辿ります。 日本人に寄り添う椿、その美と歴史を辿る 鎌倉彫り「椿彫木彩漆笈」 修験者が旅の際、仏像や経典、生活用品を収納して背負う「笈」に、椿文はよく使われている。扉の椿の花弁は朱漆、葉は緑漆を使用。花芯と全体に散る露には金箔を押すなど、凝った手法で椿の存在を引き立たせている […]

日本美術
これは日本画の宇宙? 千住博さん「崖」シリーズ最新作を軽井沢で公開中

日本画家の千住博さんは、これまでも森、湖、滝と、さまざまなモチーフを描いてきました。そして今、新たなモチーフとして取り組んでいるのが「崖」。2017年11月にN.Y.で発表されたシリーズ最新作「At World’s End(地の果て)」を、現在、軽井沢で公開中です! 未知の惑星を思わせる千住博の「崖」シリーズ 宇宙に浮かぶ惑星のような、塊としての崖は、それが形成されるまでの、気が遠くなるような時間の経過を示唆しているようです。 千住博「At World’s End 16」 千住博「At World’s End 18」 これらの作品は、軽井沢千住博美術館で開催中の「At World’s End- […]

芸能と文化
横山大観と言えば富士!?|尾上右近の日本文化入門

新連載 尾上右近の日本文化入門INTOJapaaaaN!第1回の『北斎LOVEな西洋のアーティストたち♡』に続き、第2回は北斎のように人気の高い横山大観がテーマです。山種美術館で開催されている「横山大観ー東京画壇の精鋭ー」を巡ってみました。 山種美術館は、山種証券(現SMBC日興証券)創業者の山崎種二氏が個人で集めたコレクションをもとに、1966年に東京・日本橋兜町に日本初の日本画専門美術館として開館しました。現在は渋谷区広尾にあります。創立者の山崎氏と大観とは大変親しかったそうで、多くの作品を所蔵しています。日本画好きのケンケンも幾度となく通った美術館。今回は、大観生誕150年を記念して、美 […]

日本美術
上村松園が描いた女性たち。美しいきものを見るだけでもキュン!

美人画の巨匠、上村松園(うえむらしょうえん)。明治後期から昭和初期にかけて、次々と美人画の傑作を世に送り出し、女性で初めて文化勲章を受章しました。松園が描くきもの姿の女性は、高貴でしとやか。その秘密は、美しい日本女性の風俗をきちんと描き残しておきたい、という松園の強い意志にありました。今回は、清澄な印象に満ちあふれている作品7つをご紹介します。 降りしきる真っ白な雪の中を行く女性 「牡丹雪」昭和19(1944)年作 70.5×86.5㎝ 山種美術館蔵/右の女性の背中は、ふんわりとしたライン。数枚の綿入れを重ねているのだろう。袂に入れた手で傘の柄をつかむしぐさも、襦袢の赤がのぞく様子も、女性らし […]

全22件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介