有田焼

 

有田焼に関する読み物

全2件、1-10件を表示中
旅と食
有田焼の街を歩く。有田観光ではずせない窯元や料理店まとめ

写真/『佐賀県立九州陶磁文化館』の「柴田夫妻コレクション」より。 今も田園風景に窯元の集落が残る町  有田うつわめぐりの後半は、有田駅の西側へ。『柿右衛門窯』と、もうひとつの三右衛門『源右衛門窯(げんえもんがま)』に寄れば、400年という歴史のなかで継承され高められてきた有田磁器の真髄を見ることができます。瓦屋根の建物の内部にヨーロッパ式改良型の窯を備えた『源右衛門窯』で、ろくろ成形や絵付けなどの制作現場を見学すると、有田磁器への愛着もひとしお。  この西側エリアでは、職人の町・有田で作家として活動を続ける白磁の陶工・百田暁生(ももたあきお)さんのアトリエ『in blue(インブルー)』や、奇 […]

工芸
有田焼探しの旅へ 有田の窯元と町歩き見どころガイド

有田焼、美しいうつわと出合う旅に出ましょう  伊万里(いまり)に有田(ありた)、唐津(からつ)など、古くからやきものの産地としてにぎわってきた佐賀県。なにしろ日本で初めて磁器が焼かれた土地でもあり、うつわ好きの聖地のひとつとして人気の土地です。  今年、2016年は有田で日本初の磁器が誕生してちょうど400年。その記念イヤーで注目される有田の磁器には、隆盛と衰退を繰り返しながらも江戸時代初期からの技法が伝えられてきました。そろそろ遠出したくなる季節です。有田へうつわを求める旅に出かけませんか? 遠くヨーロッパ貴族をも夢中にさせ、ドイツのマイセン窯(よう)などに影響を与えたその歴史と、有田の町歩 […]

全2件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介