桜に関する読み物

全7件、1-10件を表示中
日本美術
一年中満開の桜が楽しめる!都心の隠れた名所「郷さくら美術館」【中目黒】

800本もの桜が両岸を包むように咲く、都内屈指の桜の名所目黒川。そのほとりに“一年中満開の桜が楽しめる”美術館があるのをご存知でしょうか。心休まる美しい空間、都心の隠れた名所「郷(さと)さくら美術館」をご案内します。 郷さくら美術館とは 個性が光る美術館 現代日本画専門の美術館として、2006年10月に福島県郡山市(現在休館中)、2012年3月に東京都目黒区に誕生した郷さくら美術館。2017年9月には日本を飛び出し、アメリカ・ニューヨークのチェルシーにギャラリーをオープンさせました。郷さくら美術館では、昭和生まれの日本画家およそ300名の作品を収集し、展覧会ごとにテーマを設定した「コレクション […]

茶の間ラボ
発売即完売!究極のシャツ桜色バージョンが再入荷。これは見逃せない【東京】

和樂が洋服をつくるなら、日本が守るべき文化や技術が詰まったものを…とスタートした本企画。日本屈指のクチュリエという力強い味方を得て、パターンや素材、色においても日本の背景があるものを厳選しました。実際の着やすさも重視。特に窮屈さだけは絶対に回避したいと、何度も試着して黄金のバランスを見つけました。 シンプルな見た目だけど着る人にストレスを与えない高い技術が凝縮 暑くても、だらしない着こなしはしたくない。電車やお出かけ先で冷房が効いていて、寒い思いをする…。夏の洋服選びは難しいものですが、こんなシャツがあったら助かるのではないでしょうか。 一見ベーシックなデザインですが、そこにはクチュリエの技が […]

芸能と文化
日本人はなぜ桜の下で花見をするんだろう?桜と日本文化の深〜く長〜い物語

長かった冬がようやく終わり、春がやってきたことを告げるかのように満開に咲き競う桜。桜の花は、入学や入社など人生の門出を飾る花として、日本人の心に鮮やかな印象を残してきました。 神話の時代から桜は、はかなく美しい存在だった 日本人と桜の縁は非常に古く、『古事記』や『日本書紀』では天孫降臨した天照大御神の孫・邇邇芸命(ににぎのみこと)に求婚される美しき木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が、はかなく散るものの象徴(=桜の花)として書かれていて、桜という名称は「咲耶」から転じたという説があります。 また、民俗学においては、田の神を意味する「さ」と神の御座の「くら」が結びついたという説があります。満開の桜 […]

旅と食
品川の日本庭園でお花見弁当&桜スイーツを堪能「高輪 桜まつり2019」

2019年3月17日(日)〜4月7日(日)、品川の3つのホテルでお花見イベント「高輪 桜まつり2019」が開催されます。日本庭園で200本以上の桜に囲まれて、桜にちなんだスイーツを味わえるほか、日本文化に触れるワークショップやイベントを体験できます。 お花見弁当や桜スイーツも。春を満喫できる体験目白押し 約20,000平米の日本庭園に咲く17種類・約210本の桜。期間中は、お花見弁当や桜にちなんだスイーツの提供に加え、日本庭園では和太鼓や三味線、お琴の和楽器演奏など、日本文化に触れるさまざまな催しが行われます。 ホテル・ザ・プリンス さくらタワー東京では、プライベートなお花見を満喫できるお弁当 […]

日本美術
博物館・美術館で満開の桜を楽しむ。お花見できる展覧会10選

先日、日本気象協会から2019年のソメイヨシノの開花予想日が発表されました。予報によると、東京都心では3月20日頃の開花が見込まれており、暖冬の影響もあって例年よりもかなり早いようです。 そんな中、美術館や博物館でも桜の開花タイミングに合わせるように、全国各地で桜にちなんだ展覧会や記念イベントが開催される予定です。せっかくなので、桜を愛でつつ、日本美術の粋を集めた「桜」にちなんだ美術展もあわせて楽しみたいですよね。 そこで、INTOJAPAN編集部では2019年春に開催される「桜」や「お花見」にちなんだ展覧会を全国の美術館・博物館から探して取材し「美術館で楽しめるお花見特集」としてまとめてみま […]

旅と食
桜の時期に行きたい京都観光スポット69選

和樂4・5月号の「茶味こそが京都!」では、編集部一押しの「茶味」を楽しむスポットをご紹介しています。工芸、喫茶、骨董、名所、神社など20ジャンル・69の場所を、スマホで見ることができたら便利なのに!の声にお応えして、京都茶味マップを作成しました。さあ、この地図とともに春の京都散歩へ!お店の詳細はもちろん、和樂最新号でチェックしてから、お出かけください!! 使い方は簡単! マップの右上(赤枠)にある四角部分をクリックすると、拡大地図へ移行します。 地図を拡大して、気になるアイコンをタップすると、経路が表示され、これで迷わず目的地まで! 本誌を読んで、もう目的地は決まっている!という方は、記事下部 […]

旅と食
京都の桜を見られる穴場! 花見の観光名所8選

桜の季節を迎えると、古都は一挙に華やぎます。しだれ桜やソメイヨシノ、山桜、八重桜など、さまざまな桜を楽しむ観桜茶会も市内各所で催されます。小説家の谷崎潤一郎は、大阪・船場の旧家をテーマにした「細雪(ささめゆき)」のなかで、「花見だけは京都に限る」と、優雅な京の桜に興ずる四姉妹の様子を描写しました。壮麗にしてはかない桜が堪能できる名所をご紹介します。 京都の花見の穴場1.平安神宮 朱塗りの建築と桜にほれぼれ! 谷崎潤一郎や川端康成が小説のなかで「ここの花をおいて、京洛の春を代表するものはないといってよい」と称えたのが平安神宮のしだれ桜です。平安神宮は、明治28(1895)年に京都市民によって平安 […]

全7件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介