江戸ごよみ、東京ぶらり

 

江戸ごよみ、東京ぶらりに関する読み物

全9件、1-10件を表示中
芸能と文化
江戸時代の節分がユニークで面白い!庶民や江戸城の風習・歴史を詳しく紹介

節分の夜、「鬼は外、福はうち」と楽しく豆撒きした子ども時代。それが厄落としの習わしだと知ったのは大人になってからでした。「江戸ごよみ東京ぶらり如月候」では大奥の豆撒きや江戸庶民のおもしろい厄落としなど、江戸の節分風景をご紹介します。 江戸ごよみ東京ぶらり 如月候 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』。江戸時代から脈々と続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や文化など、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。立春をすぎて気分も春めく2月。今月は、江戸の節分事情から寺社仏閣などのお話しを。2月を楽しむ東京ぶらりをご案内します。 季節をわける節目の日が「節分」 2月の行事といえば、 […]

芸能と文化
武士はバタバタ、商人はぐうぐう、江戸時代の元日。初詣2020は現代も楽しい七福神参りで!

初詣とともに、七福ご利益をいただける「七福神参り」を一緒にいかがでしょうか。新たな年が楽しくなる「江戸ごよみ、東京ぶらり睦月」をお届けします。 江戸ごよみ東京ぶらり 睦月候 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』。江戸時代から脈々と続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や文化など、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。 新たな年を迎える1月。一日違えば大違い江戸の大晦日や新年事情、そして今も続く楽しい新年のご利益参り「七福神巡り」のお話しを。新たな年の東京ぶらりをご案内します。 金の工面に四苦八苦は江戸の歳末風物詩 仕事を終え年末年始休暇を堪能派はもちろん、年末年始も普段通り […]

芸能と文化
終われば胴上げ!乾杯!こっそり二次会!楽しすぎるぞ、江戸時代の大掃除【師走候】

江戸市中では、12月13日が煤払いこと大掃除の日。お城でも長屋でも江戸に暮らすひとびとは、朝早くから一斉に大掃除をしました。終われば胴上げで乾杯も!今と変わらぬ暮れの習わし、さあ師走のはじまりです。 江戸ごよみ東京ぶらり【師走候】 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』。江戸時代から脈々と続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や文化など、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。 昔から坊主も駆け回ると言われるほどに忙しい“師走”。今月は、江戸城下の大掃除について、また大掃除の季節ということで今こそ使いたい箒やハタキなどの掃除道具のお話しを。きれいにすっきり一年を締める12月の東 […]

旅と食
今年は11月8日と20日開催!2020年の福をかっこみに、浅草「酉の市」へGO! 【霜月候】

江戸ごよみ東京ぶらり 霜月候 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』 江戸時代から脈々と続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や文化など、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。昔も今もそろそろ暮れ気分が高まってくる霜月。今月は、江戸市民が年の瀬の福をかきこもうと詰めかけた「酉の市」についてのお話しを。11月を楽しむ東京ぶらりをご案内します。 2019年の酉の市は、11月8日と20日 11月の酉の日に執り行われる「酉の市」。2019年は、一の酉が11月8日(金)、二の酉が11月20日(水)です。酉の市にお詣りをして、熊手を片手に歩くひとびと姿は、年の瀬の風物詩。江戸のころの旧暦 […]

旅と食
朝から屋台を飲み歩き。10月は日本橋のべったら市と恵比寿講へでかけましょう!【神無月侯】

江戸ごよみ、東京ぶらり 神無月候 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』。江戸時代から脈々と続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や文化など、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。 江戸のころは旧暦ゆえに初冬を迎える10月。今月は、江戸商家の習わし「恵比寿講」から、日本橋の10月を盛り上げる「恵比寿講・べったら市」についてのお話しを。市のあとで訪ねたい甘味のおいしい老舗カフェもご紹介。10月を楽しむ東京ぶらりをご案内します。 得意先や親戚を招いて商売繁盛を祈るために催すえびす講の食卓をコマ絵(枠内の絵)に入れた「意勢固世身見立十二直 破 神無月夷講 暦中段つくし」歌川豊国(三 […]

旅と食
飲んで騒ぐフェスから粋な舟遊びまで、バラエティに富んだ江戸のお月見事情【長月候】

江戸ごよみ、東京ぶらり 長月候 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』。江戸時代から脈々と続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や文化など、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。 江戸のころは旧暦ゆえに晩秋を迎える時期ですが、今の9月は朝夕はしのぎやすいものの日中はまだまだ暑い日々が続きますね。今月は、江戸市民の楽しみ「月見」についてのお話しを。また江戸情緒あふれる東京の月見行事や花ならぬ”月より団子”なおいしい情報など、9月を楽しむ東京ぶらりをご案内します。 豊作を願う十五夜、収穫に感謝する十三夜 お月見ってしますか?子どものころはともかく、大人になると年中行事から縁遠くな […]

旅と食
現代の東京につながる八朔と江戸気分高まる夏の隅田川【葉月候】

江戸ごよみ、東京ぶらり 葉月候 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』。江戸時代から脈々と続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や文化など、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。江戸のころは旧暦ゆえに秋とされる時期ですが、今の8月は暑い盛りの東京です。今の東京とも深いかかわりのある節日のお話とともに、ちょっと涼しい気分になれる隅田川あたりの東京ぶらりをご案内いたします。冒頭は『江戸自慢三十六興』部分掲載(本記事内に同作品掲載)/国立国会図書館デジタルコレクション 今の東京へつながる、“八朔”って? 天正18(1590)年8月1日は、豊臣秀吉に国替えを命じられた徳川家康が初めて […]

旅と食
浅草の夏の風物詩「四万六千日・ほおずき市」でご利益を【文月候】

江戸ごよみ、東京ぶらり 文月候 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』。江戸時代から脈々と続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や文化など、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。 梅雨明けするやいなや夏本番となる七月、ほおずき市で知られる浅草寺「四万六千日」を老舗浅草めぐりとともにご案内いたします。 ほおずき屋台をひやかし、風鈴の涼しい音色を楽しむ。吊りしのぶなどの屋台も出店。写真提供/浅草寺江戸の夏に思いを馳せるご利益参り 毎年、7月9日、10日には浅草寺で「ほおずき市」が開催されます。100軒もの屋台が並ぶ、夏の風物詩として有名な「ほおずき市」は、「四万六千日(しまんろく […]

旅と食
和菓子を楽しむ“嘉祥”と厄の棚卸し“夏越の祓” 【水無月候】

(冒頭画像:「嘉祥菓子7ケ盛」 写真提供/とらや) 戸ごよみ、東京ぶらり 水無月候 “江戸”という切り口で東京という街をめぐる『江戸ごよみ、東京ぶらり』。江戸から続いてきた老舗や社寺仏閣、行事や習わしなど、いまの暦にあわせた江戸―東京案内。六月は、和菓子の吉日「嘉祥(かしょう)」や半期に一度の厄落とし「夏越の祓(なごしのはらえ)」をご案内いたします。 江戸城で菓子をふるまう、嘉祥御祝儀 日本の伝統や文化、そして四季折々の豊かな自然情景を織り込んだ和菓子。6月16日は「和菓子の日」というのはご存知ですか。全国和菓子協会が昭和54年に定めたものですが、そもそも「和菓子の日」は、「嘉祥」という行事に […]

全9件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介