河鍋暁斎

 

河鍋暁斎に関する読み物

全5件、1-10件を表示中
日本美術
”藝大卒で気鋭の漫画家”のような存在!? 河鍋暁斎の作品は発想がずば抜けていた!

河鍋暁斎のプロフィール 河鍋暁斎は、天保2(1831)年に下総国古河(現・茨城県古河市)で生を受け、明治22(1889)年に59歳で亡くなるまで、江戸・東京を中心に活躍した絵師です。わずか7歳にして幕末の浮世絵師として名高い歌川国芳門下生となり、その後は狩野派の絵師に師事します。そして弱冠19歳の若さで絵師としての独立を許されるという、驚くべき早熟性と天賦の才を発揮しました。今で言えば”藝大卒で気鋭の漫画家”のような存在だったのです。 しかし、恐らくはその溢れる才能の落としどころを、本人自身も自覚できていなかったのかもしれない。そうとしか思えないほど、その後の彼の画風はありとあらゆるジャンルに […]

日本美術
伊藤若冲VS河鍋暁斎!!ふたりの天才絵師の画業きもかわ対決!

18世紀の京都画壇において、だれにも真似のできない超絶技巧を駆使し、独自の絵画世界を確立したのが、天才の名をほしいままにする伊藤若冲です。モダンな感性で描かれた若冲の作品は、類を見ない輝きを放ちながら、今現在も多くの人々を魅了し続けています。翻って、若冲が没して31年後にこの世に生を受けた河鍋暁斎もまた、その技巧の確かさとユーモアのセンスにかけては、決して引けを取ることはありませんでした。ふたりの絵師に共通しているのは、画業の一歩を踏み出す際に狩野派の絵師に学んだことがあるということ。さらには、さまざまな古画を徹底的に研究し尽くしたという点にあります。 技巧もアイディアもケタはずれ!! 伊藤若 […]

日本美術
「曉斎展」巡回中!異界を描いてなお、どこかお茶目なところが暁斎ならでは!

妖怪もきもかわ! この世には実在しない幽霊や妖怪を描くとき、暁斎の絵筆はさらにその真価を発揮します。彼は写生に重きを置いていましたが、目には見えない妖怪を描く際、役に立ったのが彼の研究熱心な一面でした。暁斎は、過去のさまざまな流派の作品を手に入れては、その作風を徹底的に調査研究。この『百鬼夜行図屛風(ひゃっきやぎょうずびょうぶ)』も、古来、多くの絵師によって描かれて来た画題がもとになっています。しかし、そこに描かれた妖怪たちは、暁斎にしか描きえないユーモラスなキャラクターとして表現されています。彼は先達の作品を参考にしながら、自らが動物画などで感得した創造性溢れる姿形を取り入れて、独自の「きも […]

日本美術
河鍋暁斎の描く動物はキモかわいい!?徹底解説

卓越した筆技から繰り出される愛すべき動物たちの姿 暁斎の動物画の特徴は、ひとえに擬人化の妙と、奇抜なアングルや有り得ない姿態にもかかわらず、驚くほどリアルで自然に見える、卓越した描写力にあると言えるでしょう。常日ごろから、写生の技を磨くことに専心し、動物たちの仕草や瞬間的に見せる愛らしい表情をすべて完璧に脳裏に焼き付けていたという河鍋暁斎。だからこそ彼は、有り得ないはずの姿態の動物たちの姿を、愛らしくもユーモアたっぷりに描き出すことができたのです。そこには、独特の感性に裏打ちされた鋭い観察力と、ありとあらゆる技を体得していた暁斎ならではの、圧倒的な画力が秘められています。暁斎の「きもかわ」絵画 […]

旅と食
フライドフラウントルスってなんだ? 日本初の西洋料理のレシピ本の料理を再現したら…

幕末から明治に活躍した天才絵師の意外な画業  河鍋暁斎(かわなべきょうさい)といえば、幕末から明治時代にかけて、狩野派の正統的な本画から浮世絵を手がけるだけでなく、風刺画や戯画などさまざまな絵を描いた天才絵師!  2015年6月27日~9月6日に「三菱一号館美術館」で開催された展覧会『画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』によって、がぜん注目を集めるようになった絵師でもあります。  暁斎について書きたいことはもっともっとたくさんあるのですが、長くなるので中略ごめんください。 さて、その多岐にわたる画業の中で暁斎はなんと、日本初の西洋料理のレシピ本『西洋料理通』の挿絵を手 […]

全5件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介