清水硝子

 

清水硝子に関する読み物

全4件、1-10件を表示中
茶の間ラボ
フェルメールの名画が江戸切子になるなんて!これは事件だ!

2018年和樂10・11月号の大特集「若冲とフェルメール、美の三原色」にちなみ、和樂とニッポンの手わざのコラボによるオリジナル商品の通販から、今回は“フェルメール江戸切子酒杯「窓」”をご紹介します。 フェルメールが描いた作品中の「窓」から着想を得て、伝統技法と現代のセンスによって誕生したグラス。日本酒も洋酒も、珍味を入れたりする小鉢としても使えます。撮影/白石和弘 スタイリング/城 素穂 切子は日本独自のもの? 30秒でわかる「切子誕生物語」 まずは“切子”について少々お話ししましょう。じつはこれ、第10代薩摩藩主・島津斉興(しまづなりおき)が長崎に伝来したガラスに関する書物をもとに、江戸から […]

茶の間ラボ
和樂×清水硝子「フェルメール江戸切子酒杯『窓』」

透明ガラスの本体に色付きガラスをかぶせ、カットグラスの技法を用いて装飾を施した伝統工芸の切子。江戸切子の老舗「清水硝子」と和樂はこれまでに何度か商品をコラボしてきましたが、今回はフェルメールで、しかも切子には珍しい黒も…と依頼しました! フェルメールが何度も描いた窓が江戸切子のグラスに ヨハネス・フェルメール「ワイングラス」ベルリン国立美術館 ©Album/PPS通信社 フェルメール展にも出品が確定している作品「ワイングラス」をはじめ、いくつもの作品に登場する部屋の窓枠内に施された美しい装飾。そこからインスピレーションを得てデザインされたのが、この酒杯です。 窓の装飾そのままの表現ではなく、そ […]

茶の間ラボ
完成!北斎、モネの名画からうまれた『ジャポニスム切子』がかわいい!

180余年の歴史をもつ粋な工芸『江戸切子』のグラス。北斎と、北斎に憧れた印象派の画家クロード・モネ、ふたりの名画をモチーフにした切子グラスをつくりました。北斎バージョンは、『冨嶽三十六景 尾州不二見原』の大きな桶から発想した、シンプル&モダンな格子柄。モネバージョンは、北斎の影響を受けた名画『睡蓮』と『陽を浴びるポプラ並木』を、切子らしい表現でデフォルメ。見て美しく使って楽しい、キラキラの名作切子となりました。 毎日使える宝物!名画の切子グラスを日常に取り入れてみませんか? 北斎切子『格子富士』 ¥15,500+税 北斎が描いた桶を、シンプルな格子柄にアレンジ。老舗工房の職人ならではの […]

茶の間ラボ
海外でも大好評!「北斎切子」が数量限定で復刻

富士山を描いた北斎の二大名画をモチーフにした江戸切子グラス。2016年の発売直後から話題をよび海外でも絶賛された名作を、数量限定で再販します! 人気沸騰で即完売だった注目商品 今から1年ほど前、2016年の和樂・北斎特集にあわせて制作したのが、ブルーと赤の「北斎切子」。東京都中小企業振興公社のブランド「東京手仕事」がプロデュースし、江戸切子の名工房・清水硝子と和樂がコラボレーションしたグラスです。モチーフにしたのは、北斎の富士山二大名画「神奈川沖浪裏」と「凱風快晴」。名画を大胆にデザイン化したグラスは、「日本美術×日本の手わざ」の象徴として海外で絶賛されたこともあり、あっという間に完売してしま […]

全4件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介