温泉

 

温泉に関する読み物

全26件、1-10件を表示中
芸能と文化
坂本龍馬と和気清麻呂が同じ湯船に!?日本一古い温泉、ど〜こだ!

日本には、数多くの温泉地があります。近年では国内の方のみならず、外国人観光客も訪れるようになりました。日本の温泉の歴史は古く、中には神話の時代から存在しているとされる温泉まであるほど。では、日本で最も古い温泉はどこにあるのでしょうか。ここでは、特に歴史の長い日本の温泉と、その魅力を紹介します。 「最古の温泉」は何を根拠に決めている? 温泉の歴史を探るには、古い書物の記述を参考にする必要があります。一般的に「日本最古の温泉」の候補として挙げられるのは、道後温泉(愛媛県)・有馬温泉(兵庫県)・白浜温泉(和歌山県)の3つです。これらは『古事記』や『日本書紀』といった書物にも登場するほど歴史のある温泉 […]

芸能と文化
湯船も壁の富士山も、東京と大阪でこんなに違うの?驚きの東西銭湯文化比較

筆者は無類の銭湯好きだ。あのこぢんまりとした空間こそ、庶民の疲れを癒すオアシスだと考えている。今やワンルームのマンションにさえ家風呂があり町の銭湯は消えつつあるが、ここで敢えて言いたい。スマホがあれば世界中と繋がれる現代にも孤独は存在している。もし、日常で寂しさを感じたら銭湯に飛び込んでみて欲しい。今回はそんな銭湯の歴史、そして東西の銭湯文化の違いについて紹介したいと思う。 平安に生まれ江戸で花開いた銭湯文化 日本最古の説話集とも言える『今昔物語』に「東山へ湯浴みにとて人を誘ひ」という一節があることから、平安時代の京都にはすでに銭湯があった可能性が強い。また、この頃の他の文献にも「湯銭(ゆせん […]

旅と食
富士山も見える、1200冊の本も読める!御殿場「木の花の湯」「HOTEL CLAD」に行ってみた!

御殿場プレミアム・アウトレットに、2019年12月15日に新ホテル「HOTEL CLAD」(ホテル クラッド)と温泉施設「木の花の湯」(このはなのゆ)がオープン!富士山の絶景を楽しみながら、温泉に浸かることができます! インバウンド需要も高いアウトレットを意識して、日本の美がちりばめられた施設に一足先にお邪魔してきました♪ 富士山の神社にいる木花咲耶姫がモチーフ!木の花の湯でリラックス♪ 「木の花の湯」は富士山にある「富士浅間神社」に祀られている美しい女神さま、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)がもとになって名付けらた日帰り入浴施設です。それにあやかり、富士山と重なる2枚の花びらをモチーフにした […]

旅と食
しばし浮き世を離れて温泉と海の幸を満喫。白浜の奥座敷「椿温泉」【和歌山】

早くも木枯らし一号が吹いて冬めくこのごろ、身も心もくつろげる温泉が恋しくなってきますね。ただ、有名な観光地にはたくさんの人が集まり、のんびりするつもりが却って疲れてしまうことも。 「静かなところでゆっくり温泉につかって、美味しいお料理を味わいたいな」そう思われたなら、和歌山県白浜町の「椿温泉」がおすすめです。 「椿温泉」は数軒の民宿、旅館が集まっているだけの、こぢんまりとした温泉街です。コンビニも土産物店もありません。夜になると窓の外は真闇となり、すぐ近くの海岸に打ち寄せる波の音だけが響いてきます。 そんな浮き世を離れて落ち着ける場所が、白浜町中心部から車でわずか20分。 地元の郷土史には「白 […]

旅と食
司馬遼太郎も愛した場所!熊本県人吉、明治から続く温泉宿「旅館たから湯」

熊本県人吉の旅前編は、茅葺社殿の国宝「青井阿蘇神社」を堪能しました。後編は、球磨川沿いに広がる温泉街をふらふら。そして最後は明治から平成まで、人吉の人々、旅人を癒してきた宿で、ゆっくりと体を休めます。 球磨川の流れと豊富な源泉。人吉は癒やしの里 山々に囲まれた盆地という地の利を生かして外敵の侵入を拒み、民衆と一体となって町づくりをすすめた人吉藩主の相良氏。社寺や神楽などを信仰とともに守り続ける精神が土地に根づき、外来文化を吸収しながら独自の文化も形成したこの土地は、日本の文化形成の縮図ともいえそうです。 かつて司馬遼太郎はここを「日本でもっとも豊かな隠れ里」と称賛しましたが、まさにその言葉のと […]

旅と食
こりゃたまらんぞ!長野・別所温泉で訪れるならここ!グルメと名所7選

国宝に温泉! それだけでも旅の要素として十分ですが、別所温泉に滞在している間にはまだまだ心が躍る出合いがありました。車で10分ほど離れた前山寺以外は、街の中心地からすべて徒歩圏内。何度でも国宝級の文化財を見に足を運べるのも別所のいいところです。山の空気を吸いながらぶらぶら歩きを楽しんで。 別所温泉ぶら歩きスポット7選 1 大湯/大師湯 大師湯 大湯には小さな露天浴槽も併設されているのが人気。大師湯は北向観音の近くにあり、かつてはここで身を清めてお参りをしたという。早朝、夕方は地元客で満員に。昼どきの入湯がくつろげる。 大湯。木曽義仲と北条義政にゆかりがあることでも知られる ◆大湯/大師湯 住所 […]

旅と食
老若男女、乙女心をくすぐられまくり!世界屈指の高濃度天然炭酸泉「ラムネ温泉館」【大分】

突然ジブリの映画のワンシーンに飛び込んだかのよう。 スーツケースの上に乗った長身でダンディーな犬の紳士が中庭でお出迎え。 気づけば、足元では、にゃんこ様!もお出迎えをしてくれており、後をついていくと、方向音痴な私のために入口までの長い中庭を道案内までしてくれているではありませんか! でも、看板を見れば「ラムネ温泉」との表示 。 そう、ここは温泉。「ラムネ」というポップな響きにさらに気分は高揚。 温泉に浸かれば、 シュワシュワ〜体験ができる「世界屈指の高濃度炭酸泉」でお肌も身体も大喜び。 乙女であろうとなかろうと、老若男女、心の中の奥底に潜む乙女心がくすぐられずにはいられません! 今回は、大分県 […]

旅と食
温泉に読書に美術館…秋の週末旅にぴったりのホテル「箱根 ゆとわ」がオープン

2019年8月11日、新しい旅のスタイルを提案する「箱根 ゆとわ」が箱根・強羅エリアに誕生しました。箱根登山鉄道強羅駅から徒歩5分という便利な場所にあり、観光や美術館めぐりの拠点としてぴったり。もちろん自家源泉の温泉や、小田急グループならではのクオリティの高いお食事も楽しめます。便利な「ホテル棟」の他に、プライベート感を重視した「コンドミニアム棟」もあり、お好みの過ごし方で異なる部屋タイプが用意されています。ちょっとした週末旅行に活躍してくれそうな、居心地のいい和モダンホテルをご紹介します。 滞在を豊かにするパブリックスペース 「箱根 ゆとわ」は、「あなた(you)」と「輪」を…という想いから […]

旅と食
あら不思議!七変化の湯は美肌もよみがえる!? 世界遺産温泉「つぼ湯」【和歌山】

秘湯や古湯好きの私がずっと入ってみたかった温泉の1つ「つぼ湯」。 熊野本宮大社から車で10分ほどの場所に位置している和歌山県田辺市本宮町の湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)にあります。 「蘇り(よみがえり)の湯」としての伝説もあり、自然に岩の中にあいた穴から湧き上がる源泉かけ流しの風変わりな岩風呂温泉。 念願かなって入湯! 蘇りの湯とも言われるその泉質も非常に素晴らしく、心身共に軽くなったような確かな実感にも感動。 おまけに、肌もスベスベになり、その後、数日ほど化粧水いらずだったので、肌もまさに「よみがえり~!」とIKKOさん風に絶好調の声を上げて大喜びでした。 今回は、歴史も魅力も風変りさも満載 […]

旅と食
お湯より熱い地元愛!戦国大名お墨付きの湯宿温泉は愛と希望で溢れていた

学生時代に出会った、つげ義春の作品「ゲンセンカン主人」。仄暗い色調で描かれた漫画の舞台は、ひなびて古めかしい温泉街でした。 その奇妙でなんとも寂しい温泉の街並みが妙にリアルで、実際にこんな場所が存在するのかと思いを馳せたのが、今回の取材のはじまり。 …というわけで、こんにちは。今回で和樂での温泉取材が2回目となります、温泉ソムリエの矢野詩織です。大の温泉好きで週に3回は温泉に入る「温泉狂」であり、後世に伝え守っていきたい日本全国の温泉を「国宝級温泉」と名付けてご紹介しています。 私もつげ先生同様に、メジャーな温泉にはまったく興味がなく、なんとも淋しげな雰囲気漂う温泉へ惹かれる性格です。 実際に […]

全26件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介