熊本

 

熊本に関する読み物

全6件、1-10件を表示中
旅と食
時計台の2階にあるお店「picnic」。熊本城を眺めながら雨の日ピクニックはいかが?

熊本城のすぐ近くに、不思議な白い時計台がある。丁度宿泊していたホテルの隣にあった建物で、ホテルの窓からは真正面に熊本城が見えた。城は23時までライトアップされており、周りに工事途中のクレーンや足場などが一緒に見えた。平成28(2016)年4月に発生した熊本地震により、石垣の崩落、長塀の倒壊、瓦の落下などの大きな被害を受け、以降復旧作業を進めている。令和19(2037)年に城全体の復旧完了を予定しており、2019年10月現在では大天守の外観の修復が終了し、日曜・祝日のみ見学ができる状態となった。 震災があらゆる出来事のきっかけとなる。 時計台の一階には「ポアンカレ書店」という不定期で営業している […]

旅と食
服屋の概念が吹っ飛ぶ〜。熊本の壊し屋「BREAKERS(Z)」ってなんだ?

スーツにドレスシャツ、下駄には着物。そんな概念を壊す店が熊本にある。「BREAKERS(Z)」は服屋だが、ジャンルにとらわれないセレクトをしている。髪を簪(かんざし)でまとめ、スーツにダボシャツを合わせ、下駄を鳴らしながら現われた「悠さん」の愛称で親しまれる店主の川原悠さんに、お店の事や自身のルーツについてお話を伺った。 お話を伺った「BREAKERS(Z)」の店主、川原悠さん 「BREAKERS(Z)」ってどんなお店? 熊本のアーケード街の道外れを少し歩いた場所に「BREAKERS(Z)」がある。前身の店から移転し、平成29(2017)年12月に現在の「BREAKERS(Z)」がオープンした […]

旅と食
フォトスポット満載!「河原町繊維問屋街」ってどんな場所?【熊本】

熊本の市街地から少し離れた場所に、かつて繊維問屋街として栄えていた地域がある。SNSの普及によって、今やその場所が写真好きの方々にとってフォトスポットになっているらしい。昔と今、どのような背景を持ってこの土地は変化していったのだろうか? 河原町繊維問屋街で古物商のお店「モラトリアム」を営み、問屋街の管理組合にも参加している中村佳子さんにお話を伺った。 お話を伺った「モラトリアム」店主の中村佳子さん 河原町繊維問屋街が出来上がるまで まず、繊維問屋街の歴史についてお話いただいた。 時代や国を錯覚しそうな空気感が魅力 中村:この場所は終戦前から、小さな商店が軒を連ねる一画でしたが、昭和33(195 […]

旅と食
普段着を自分好みにセミオーダー出来る! 「BOW」っていったいどんなお店?【熊本】

着物の羽織を普段着として着る。今の日本でそれはなかなか難しいかもしれないけれど、身幅や袖を少し変えたり、素材を変えてみたらどうだろう? 熊本市の河原町繊維問屋街にある「BOW」は、羽織やダボシャツなどの日本らしい形を着やすい洋服へ改良し、お客様に合わせた素材やサイズで展開、提供している。普段着としては珍しい、セミオーダーができるお店「BOW」を運営している井上優子さんにお話を伺った。 服作りのきっかけは出産だった 平成29(2017)年10月、熊本市の河原町繊維問屋街に「BOW」のお店がオープンした。井上さんは、子育てをしながら「BOW」を運営している。 アトリエ兼お店でお話を伺った井上優子さ […]

旅と食
愛猫に導かれて熊本で「太平燕」デビュー!女性にもおすすめヘルシー系中華

太平燕。太平燕。太平燕。太平燕。太平燕…。 読めない漢字の羅列って、睡魔を誘う魔法の呪文みたいですね。 でもね、私は、この文字を味で覚えているから、見ると一気に目が覚めるんです! この言葉の正体は、私が熊本に行ったら真っ先に食べたいもの。 タイピーエン! え゛! タイピーエン? 太平燕との出会い 太平燕(タイピーエン)? 何それ?と思われた方も少なくないことでしょう。私もそうでした。熊本で太平燕を初めて知り、人生初の太平燕を味わった私。それも、私の相棒のうちゅうねこも連れた長距離車旅の道中で、立ち寄る目的地が見えても入り口が分からず、迷子状態で猫テレパシーに頼って着いた先で。 「え […]

工芸
空き缶、ギター、ホッケー? 斬新すぎるほうきを作る「OPEN STUDIO」ってなんだ【熊本】

とある事務所で使用されていたほうきが忘れられなかった。柄がホッケーで使用されるスティックになっていて、掃くとホッケーをしているかのようで面白い。熊本県の「OPEN STUDIO」という、親子で運営している工房で作られているものだと知り、念願だった工房を訪ねて、店長の高光太郎さんにお話を伺った。 一風変わった工芸家のもとに生まれて 熊本県の市街から少し離れた場所にある「OPEN STUDIO」は、彫金、鍛金、木工、ガラス、和紙などのあらゆる素材と技法を扱う工房。昭和54(1979)年に工芸家の高光俊信・幸子さんにより設立。平成12(2000)年より息子の太郎さんが加わった。 工房でお話を伺った店 […]

全6件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介