畳に関する読み物

全4件、1-10件を表示中
工芸
日本文化とは?を畳で紐解く。畳と日本文化の深い関係

日本文化に欠かすことのできない「畳」。そして、茶道、華道、柔道など、「道」がつく日本文化の根底を成しているのが、着物をまとい居住まいを正して座ること。それは畳の存在なくては語れません。しかし海外の文化の流入にや現代の住宅事情において、畳のある生活は影を潜めてきています。今こそあらためて、畳と日本文化の深く長い関係について、考えてみませんか。 日本文化は「畳」と共にありました 現存最古の絵巻「源氏物語絵巻」には、畳が細やかに表現されていました。ここから、平安時代の宮廷生活には、すでに畳が一部敷かれていることがわかります。「東屋」の帖を見ると、高位の人がいる奥の部屋の畳縁(たたみべり)は繧繝縁(う […]

茶の間ラボ
置き畳で和のある暮らしを楽しんでみませんか?ライフスタイル新提案

通販で発売中、和樂のオリジナル置き畳「ちょい畳」。持ち運びが簡単な軽さ、ふかふかの座り心地、1人暮らしのお部屋やフローリングにも合うデザイン。そんな和樂が開発したオリジナル置き畳の製作秘話に迫ります。 まずは知りたい畳の文化史 月岡芳年「月百姿」 国立国会図書館 い草の青々とした香り、足をのせたときの優しい風合い。畳に座って、見て、触れて、だれもが感じる一種の懐かしさは、なんとも言えないもの。日本で生まれ育って慣れ親しんできた畳ですが、近年の住宅事情によって日本人の生活から若干遠くなっているのも事実です。どうすれば畳をもう一度暮らしに取り入れられるだろうか? そんな思いから和樂は史上最強の置き […]

茶の間ラボ
和樂謹製 史上最強の「置き畳」がついに完成しました!

普段の暮らしに“畳”を気軽に取り入れてほしい。そんな思いでつくったのが、和樂オリジナルの置き畳「ちょい畳」。名前には「ちょい」とつくけれど、仕様は本格的、そして最新なのです。今回は、「ちょい畳」がなぜ史上最強なのか、その7つの理由をご紹介します。 1 畳こそ日本文化の根源! 西洋化した暮らしが主流となっている今の日本において、「畳」はピンチの状態に! 和樂が「ちょい畳」を製作したそもそもの理由は、そんな現代の畳事情に、警鐘を鳴らしたかったからなのです。茶道や華道をはじめとする日本文化には、いつでも畳がそばにあることが明白。つまりニッポンの心は、居住まいを正して座ること=「畳」なくしては語れない […]

茶の間ラボ
和樂謹製 史上最強の置き畳「ちょい畳」

カジュアルな「置き畳」にもかかわらず、最高級のい草を使用し、製法は高級畳と同じという、畳業界もびっくり! の美しい仕上がり。和樂謹製「ちょい畳」は固定観念を超えた、特別な品なのです。そして体験していただきたいのは、その座り心地。機能素材ならではの、畳とは思えないフカフカさは、一度知ったら忘れないこと間違いなし。正座はもちろん、あまりの気持ちよさから、ときにはごろ寝しちゃう…というのも、ありですよ。 通常より少し小さめで、気軽に運びやすいのも魅力 いつでもどこでも「ちょい畳」。ひとりでも簡単に持ち運べるのが置き畳の魅力です。1枚約3.7kgなので、移動させるのに、そこまで気が重くなりませんよね。 […]

全4件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介