癒し

 

癒しに関する読み物

全12件、1-10件を表示中
旅と食
い、癒される~!!もふもふ苔の三大聖地・奥入瀬渓流の世界

「趣味は苔(コケ)の観察です」なんて言ったら一昔前なら “暗い人” “オタク” などと言われたかもしれませんが、今や苔は疲れた現代人を癒やす存在として注目を集めています。苔を使った苔玉はインテリアとして国内のみならず海外でも人気ですが、最近は京都のお寺も御朱印を苔で表現したり(モシュ印)、苔の注目度は高まるばかり。今回はマイナスイオンたっぷりの奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)の、もふもふ苔まみれの癒し時間をお届けします。 日本庭園と相性の良い苔 苔と言うと日本庭園を思い浮かべる方も多いでしょう。特に京都には苔で有名な寺社や庭園が多数あり、三千院、 […]

旅と食
クイズ!「無花果」って読める?参勤交代で愛された食べ方と、夏の疲れを癒す旬レシピ。

野菜や果物など、自然が産み出す産物はしみじみと美しいなぁと思うこの頃。なかでも、今が旬のいちじくは、見れば見るほど不思議な姿形をしていて、ついつい見入ってしまいます。 いちじくは漢字では「無花果」と書きますが、これは果実のなかに花を咲かせるため、外からは「花が咲かない」ように見えることに由来するのだとか。 さらに、いちじくは「不老不死の果実」とも呼ばれ、かつては参勤交代に使われるなど、人々の暮らしを古くから支えてきたことをご存知でしょうか。 「干しいちじく」は参勤交代のお供にも アラビア原産のいちじくは、江戸時代に中国から日本に伝わったと言われています。当時の書物には「胃腸の働きを促し、下痢を […]

旅と食
都会暮らしの50代がはじめた“農”という生き方、無農薬・無化学肥料の農場が私たちに伝えてくれること

50代から無農薬・無化学肥料の有機農業をはじめ、15年目を迎える「うちだ農場」の内田明夫さんとみち子さん夫妻。東京から離れて、ふたりではじめた農場に、今では世界各国の旅人がお手伝いに訪れます。50代から農場をはじめた理由、無農薬・無化学肥料へのこだわり、世界の若者たちの農業観などを、おうかがいしました。そこにはコロナ禍でざわつく心、都会で萎れている大人に響くものがたくさんありました。 東京暮らし50代、未経験で農場をはじめる 目の前には八ヶ岳から槍ヶ岳までぐるりと雄大な山並みが広がり、悠々と流れる千曲川の川霧が立ち上ってくる丘陵地で「うちだ農場」を営む、農場主の内田明夫さん・みち子さん夫妻。1 […]

茶の湯
コロナを経てわかった!いつでもどこでも「ホッとできる時間」をもたらしてくれる茶道の魅力

自粛生活の生んだものは…… 花便りならぬ「コロナ便り」のやりとりで、2020年の春は足早に過ぎて行きました。 茶積みが終わって夏が来ても、いまだに不確かな日々が続きます。 私の住むアメリカは、州によってコロナへの取り組み方もさまざまです。 ここハワイでは、3月末からロックダウンが徹底され、教育機関はすべてオンラインへ移行。公園、海岸、ジム、ホテル、レストラン、ショッピングモールも、生活に必要な最低限のインフラとサービスを除いて、ありとあらゆるビジネスが営業停止になりました。 そして3ヶ月を経て、少しずつ自粛解除の方向に向かってはいるものの、まだワイキキには人気がなく、6月からオープンしたモール […]

工芸
家飲みにもおすすめなおしゃれ枡!ジョッキ・マグ・インテリアにもなる、大橋量器の変わり枡

「STAY HOME」という言葉が定着し、今までとは違った生活の中で、SNSには布マスクをはじめ、いろいろな手作りのものがアップされています。各自工夫を凝らし、「STAY HOME」を楽しむ様子に、改めてものづくりの国なんだと、日本の良さを再発見。手作りの良さを見直したり、少し前の暮らし方からヒントを得たり。それってとても素敵なことですよね。 この自粛で新たなブーム? となっているオンライン飲み会ですが、これも家飲みの共有バージョン。一味違った楽しみも広がっています。そんな家飲みにおすすめしたいのが、日本古来から使用されている「枡」です。「枡」で日本酒を飲むなんて、ちょっと敷居の高い日本料理屋 […]

日本美術
熱田の海沿いに現れたタマちゃん!?江戸時代に描かれた動物の絵がユルくてかわいい!

ゆるキャラが人気を博している現代。「KAWAII」は世界共通語にもなり、日本のポップカルチャーはたくさんの国々で愛されています。 この源流、実はかなり昔までさかのぼれるのです。 日本最古の漫画? 有名な国宝『鳥獣戯画』は、平安時代末期~鎌倉初期にかけて描かれたと言われる絵巻物です。 ウサギやカエル、サルなどが人のような振る舞いをしているのが愛らしい、ユーモラスな絵で、「日本最古の漫画」とも呼ばれます。 江戸時代のかわいい動物画 浮世絵など、多彩な文化が花開いた江戸時代にも、かわいい動物の絵がたくさん描かれました。 いくつかご紹介していきましょう。 アザラシ 『海獣図』大窪昌章画 天保4(183 […]

茶の湯
お茶の味が温度で変わる?50℃・70℃・90℃で違いを比較!おいしい淹れ方も紹介

ゆっくりとした時間の中で茶葉から抽出した煎茶の味は格別。同じ茶葉でも、淹れ方によって味のバランスは大きく変化します。そこがお茶の面白いところであり奥深いところでもあるのですが、難しいところでもあります。今回は、日本茶アドバイザー専任講師としてご活躍の多田雅典さんとお湯の温度による味わいの違いを考えました。 美味しいお茶ってどんなお茶? お茶の味は、茶葉の量×湯の量×お湯の温度×抽出時間によって決まります。 そのなかでも重要なカギを握る、“お湯の温度”。 ――“上級煎茶や玉露は低温でじっくりと、ほうじ茶は高温で香りを出す”といわれます。しかし、その通りに淹れてみたものの、「どうもしっくりこない、 […]

芸能と文化
6人のボクシング世界チャンピオンを育てた名トレーナーとは?エディ・タウンゼントの心にしみる名言

日本のスポーツの悪習、それは体罰である。 種目に関わらず、コーチは常に竹刀を持っていた。練習についていけない選手をそれで殴ることは日常茶飯事。21世紀の今ですら、中学や高校の運動部の顧問が生徒を殴って報道沙汰になっている。 「ネエ、この棒……竹刀って言うノ? それ、早く捨ててよ。ボク、ハートのラブで教えるノ」 今から30年以上も前に、そう問いかけ続けたプロボクシングのトレーナーが存在した。彼の名はエドワード・タウンゼント。アイリッシュと日本人の間に生まれた、ハワイ出身の人物である。 日本プロボクシングの大変革を実現させた名伯楽として、その名を歴史に刻んでいる。 力道山とエディ 「選手が勝ったら […]

旅と食
かわいい「たぬき温泉」が名物!信楽の老舗旅館「小川亭」の歴史・グルメ・館内を徹底レポート

ものすごいインパクトですよね…! これ、温泉なんです。 焼きものの里として有名な信楽にある、老舗旅館「小川亭」のたぬき温泉をご紹介しましょう。 128年目を迎える宿 滋賀県甲賀市、JR「信楽駅」前から続く窯元散策路には数十の窯元が軒を連ね、古い町並みや積み上げられた火鉢、あちこちに見える窯場のえんとつなど、焼きものの里らしいのどかな風景に出会えます。 せっかくだからこの散策路の周辺に泊まって、朝にもういちど散歩しようかと、みつけた宿が小川亭です。 窯元散策路の入り口に位置する小川亭は、信楽の街にある数少ない宿のひとつ。本館は1847年につくられた家屋で、初代が買い取り旅館にしました […]

日本美術
絵師、中村芳中とは?ゆるかわいい『光琳画譜』の「仔犬」など作品を解説!

「風神雷神図屏風」であまりにも有名な俵屋宗達と、国宝「楽焼白片身変茶碗」など傑作を遺し「寛永の三筆」の1人でもあった本阿弥光悦。この2人を祖とし、のちに尾形光琳や酒井抱一らによって継承・発展を遂げてゆく「琳派(りんぱ)」という流派についてはご存じの方も多いでしょう(「琳派」についての解説はこちら)。 凛とした洗練されたイメージのある琳派ですが、その中でひとり、「かわいい」とか「おおらか」という言葉で作風を表現される画家がいます。 その人の名は、中村芳中(ほうちゅう)(?~1819)。生年は不明で、彼の生涯を知る文献資料は乏しく。謎多き絵師です。 大坂で指頭画の名手に 芳中は、京都に生まれて絵の […]

全12件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介