神社

 

神社に関する読み物

全10件、1-10件を表示中
旅と食
史上最高の玉の輿〜!?アメリカの大富豪が惚れた日本人女性「モルガンお雪」の波乱の人生

みなさんは“モルガンお雪”と呼ばれる女性をご存知でしょうか。お雪は明治時代から昭和時代を生きた女性で、アメリカの大富豪J.P.モルガンの甥と結婚し、「近代史上最高の玉の輿」「日本のシンデレラ」と呼ばれた女性です。明治時代にあのモルガン一族と結婚した日本人女性がいたなんて…。 実は私がモルガンお雪の物語を知ったのはつい最近の出来事。京都のとあるホテルに泊まって、近くのとある神社をフロントでおすすめされたのがきっかけという、どこにでもありそうな旅の一場面。そこでお雪の名前を初めて耳にしたのです。 今回は、波乱の人生を送ったお雪の生涯と、女性の成功を後押しするといわれる、お雪が熱心に通った神社をご紹 […]

旅と食
君も浦島太郎になれ!観光列車「指宿のたまて箱」に乗って竜宮城を目指そう!【鹿児島】

北は北海道から南は沖縄まで日本各地に残る浦島太郎伝説。助けた亀が恩返しに浦島太郎を竜宮城へ連れて行く…という誰もが知っているお話で、「むっかしー、むっかしー、うっらしっまがー」というお歌も有名ですね。竜宮城で乙姫様たちと楽しく過ごしているうちにふと故郷のことが気にかかり帰ってみた浦島太郎。実際には竜宮城で過ごした年月以上が経っていて失意のどん底に。さらに「開けてはならない」と念押しされたにもかかわらず、乙姫様から貰った玉手箱を開けたとたんに白髪の老人になってしまった…というお話。 ここ鹿児島にも浦島太郎伝説は息づき、玉手箱と竜宮城のストーリーを体感できる旅が楽しめるんです!一番必要なのは亀でも […]

旅と食
春日大社屈指の「金運・福運の神」たった数時間でお百度参りができちゃう金龍神社知ってる?

1300年近くの間(※)、その時代の権力者から庶民に至るまで、深い信仰の対象とされてきた春日大社。旧くは平城京の時代から現代まで変わらず古都奈良が誇る歴史的建造物です。世界遺産にも登録されており、毎年多くの観光客が訪れています。 ※平成30年で創建1250年を数えます。 この春日大社には、多くの神々が各地より勧進され摂社、末社をあわせると実に62社もの社があるのをご存知でしょうか。その中には「春日若宮おん祭」で有名な若宮15社もあります。春日大社本殿の第三殿に祀られている天児屋根命と比売神を祭る若宮神社を中心に、人が一生涯を送る間に遭遇する様々な難所を守ってくれる15の神が鎮座されています。 […]

旅と食
あのチャップリンにも関係が?参道の長さニッポン一!大宮・氷川神社の歴史にびっくり

受験のとき、恋を成就させたいときなど、実力が大切なことは分かりますが、やはり、あと一歩の力を出すために何かにすがりたいもの。 そんなときに、神社に奉納するものとして思い浮かぶのが「絵馬」ではないでしょうか。 絵馬とは古代より本物の馬を奉納していたものが、さすがに生きた馬では大変だったため、やがて木板を用いたものが使われるようになり、江戸時代に入ると庶民も家内安全などの願いを書いて奉納するようになったそうです。 存外、絵馬の形は自由なようで、現在はおっぱい型(岡山県・軽部神社)やバット型(埼玉県・箭弓稲荷神社)など、ちょっと変わった絵馬も多々見ることができます。 そして、埼玉随一の商業タウン大宮 […]

旅と食
もうここに頼むしかない!最強縁切り神社「安井金比羅宮」で今年の悪縁、今年のうちに!【京都】

新しい年はスッキリ迎えたいもの。大掃除で不要なものは捨てるのに、肝心なものを捨てるのを忘れていませんか? 今回は“最強縁切り神社”との呼び声高い、京都の安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)をご紹介します。今年の悪縁とは今年のうちに縁を切り、新しい良縁を迎える準備をしましょう。安井金比羅宮での正しいお参り方法もご紹介します。 絶対に切りたい縁があるなら、もうここしかない! 縁切り神社は各地にありますが、どうしても切りたい縁、なかなか切れない縁があるなら、もう最終手段はココ!という神社、それが京都東山にある安井金比羅宮です。ストーカーなどが社会問題となっている昨今、良縁を結ぶのも大切ですが、まずは悪 […]

旅と食
昨日までの自分をリセットして再出発「やりなおしの神様」がいる姫嶋神社へ行ってきた

大小関わらず、誰しも「できることならやりなおしたい。」と思う事の一つや二つあるのではないでしょうか。なかなか決心がつかないことでも、誰かに背中を押してもらえれば、出せなかった勇気が涌くこともあります。 そんな時に参拝したい神社、姫嶋神社が大阪市内にあります。こちらの神社は、“やりなおし神社”と呼ばれ、特に女性の自立や決断の後押しをしてくれるといわれています。なぜなら、自らも人生をやりなおした阿迦留姫命(アカルヒメノミコト)という女神が祭られているからです。そんな姫嶋神社に伺ってきました。 人生をやりなおした阿迦留姫命(アカルヒメノミコト) 新羅の王子、天之日矛(アメノヒボコ)に嫁いだ阿迦留姫命 […]

芸能と文化
注目すべきは運勢「以外」!?マニアが語るおみくじの読み解き方

日本人にとって身近な占いである「おみくじ」。初詣に引くのはもちろん、パワースポット&御朱印ブームの現在では触れる機会も増えていることでしょう。 けれど「運勢の結果だけ見てすぐ結んでしまう」という方も、少なからずいらっしゃるかもしれません。 自称「おみくじマニア」の私から言わせていただくと、それは非常にもったいないもの。おみくじで重要なポイントは、運勢ではなく「それ以外」の部分なのです! この記事ではおみくじの正しい引き方、読み解き方と、おみくじの疑問Q&Aをわかりやすく解説。 寺社に参拝しておみくじを引く際、知っておくとより楽しめる「おみくじのイロハ」を学んでみませんか。 おみ […]

旅と食
頭がクラクラするほどのパワースポット⁈3000m超えの雄山神社へ、いざ参らん【富山立山連峰】

「日本三霊山」「パワースポット」「雲上」「7月~9月の期間限定」 どれもこれも、煩悩多き人間が飛びつくキーワードである。他人事のように書いているが、かくいう私もほいほいと飛びついたのはいうまでもない。 しかし、もしタイムマシーンがあるなら、この時の浅はかな私に言ってやりたい。よく考えろと。「日本三霊山」「パワースポット」「雲上」…うん?雲上?まさか、雲の上ってこと? 確かに、そんじょそこらの標高では「雲上」などとは言わない。それもそのはず。雄山神社(おやまじんじゃ)は標高3003mの位置におわします(いらっしゃる)のだから。嘘偽りなく「雲の上」の神社なのだ。 2019年9月30日に閉山するちょ […]

旅と食
令和婚を狙うなら出雲に行くしかないっ! 縁結びスポット巡りのススメ【島根】

島根の空港の名は「出雲縁結び空港」。出雲大社を筆頭に、「縁結び」のご利益を持つ神社がたくさんあります! 近年、女性の間で話題なのが「八重垣神社」と「玉作湯神社」は、由緒正しい歴史を持ちながら、かわいらしい占いが大人気! また、神様の住まいとして広く愛されている「須佐神社」も。 日本神話発祥の地の神社、その魅力をたっぷりご紹介します! ざっくり解説!出雲にはどんな神様がいるの? 主な神様は3人 大和国最初の地と言われる出雲。一般的に旧暦10月を「神無月」と言いますが、神様が集まる出雲地方では、「神在月」と呼ばれています。天の神様に国を譲れと言われた神様がいたり、頭と尾が8ある蛇と戦う英雄がいたり […]

旅と食
東京・雑司が谷で油揚げを供えてお参り!? レアなパワースポットをめぐる散歩

池袋の喧騒からほど近い雑司が谷。ここは、静かでやわらかい時間と空気がある小さな街です。そんな雑司が谷には、知られざるパワースポットがあることをご存知でしょうか。 今回は、雑司が谷で古本と占いのお店『ジャングルブックス』を営み、占い歴20年、これまでの鑑定人数は1万人を超える人気占い師・タナミユキさんと一緒に、雑司が谷・開運散歩コースをご紹介します。 ひっそりと佇む『開運威光稲荷堂』 歴史のあるお寺が多い雑司ヶ谷の中でも、タナミさんのイチオシは『開運威光稲荷堂』。都内のパワースポットにも詳しいタナミさんが、ここぞ!というお願いの時に行く、強力かつレアなパワースポットです。 『開運威光稲荷堂』は、 […]

全10件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介