鍋に関する読み物

全3件、1-10件を表示中
旅と食
「きりたんぽ鍋」は冬の秋田で。発祥の地で美味しいこだわり発見しました!

鍋ものの中でも名前や見た目のキャラが立っているものといえば、秋田の郷土料理「きりたんぽ鍋」! ですが、県外の人から見れば、“きりたんぽ”という食べ物は謎だらけ。炊いたごはんをわざわざつぶして、ちくわ状にする意味って? あの古風な食べ物が長く支持されてきた理由は? そこで、きりたんぽ鍋発祥の地、秋田・鹿角へ向かい、鍋へのこだわりや欠かせない食材、きりたんぽを取材しました! 秋田県鹿角市は「きりたんぽ鍋」発祥の地 まずは、絶品きりたんぽ鍋を食べてみる! 最初に目ざすは鹿角随一のきりたんぽ鍋の店。訪れたのは、「サロン・ド・割烹 美ふじ」です。母親の始めた鹿角の郷土料理店を娘の加藤照子さんが引き継ぎ3 […]

旅と食
あんこう鍋を食べに行ってみた実録レポ!

冬の味覚の代表で、鍋料理の王様ともいわれるあんこうは、食通として知られる北大路魯山人も賞賛したように、身だけでなく、皮や内臓など骨以外のすべてを食べられる魚。体が大きく、全体にぬめりがあるため、まな板を使う代わりに”吊るし切り”という伝統的で独特な捌き方があります。 とっておきのあんこう鍋を探して出合ったのは、そのルーツといわれる“どぶ汁”。発祥はあんこうの本場である茨城県北部の町、平潟。北茨城で漁師たちが食べていたもの、という濃密な鍋には、海で生きる人々の愛着と工夫が詰まっていました。 あんこう鍋のルーツは、平潟の漁師料理 あんこうは「東の横綱」といわれますが、実は北海道から九州まで幅広く生 […]

旅と食
三島由紀夫、芥川龍之介も! 文豪たちが愛した極上鍋をご紹介

卓上で調理しながら食べる鍋料理は、立派な日本の食文化。その土地に歴史があり、風土に根ざす食材があり、それを慈しむ人の手があって長く続けられてきたもの。ここでご紹介するのは偉大な文豪たちの愛した鍋です。作家の舌を唸らせた鍋がこんなにも贅沢で多彩だったとは驚き! 長い歴史をもつ名店の名店たる理由も鍋の中には隠れていました。 末げんの「わ」鍋 最後の晩餐に二度も訪れたのは家族で親しんだ心の故郷 末げんは、文明開化花盛りの明治42(1909)年に創業。高級食材である鶏料理の名店として、初代文民宰相の原敬や歌舞伎役者の六代目尾上菊五郎など、著名人が贔屓にしました。とりわけ印象的なのは、作家の三島由紀夫が […]

全3件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介