雑貨

 

雑貨に関する読み物

全3件、1-10件を表示中
工芸
【沖縄】いつの世までも末永く。ロマンティックすぎる織物「八重山みんさー」

沖縄県・八重山諸島を代表する伝統工芸品のひとつである「八重山みんさー」。琉球王朝への献上品だった「八重山上布」に対して、庶民に親しまれていた織物だ。石垣市、竹富町で織られ、素材は木綿で、たて畝織り、厚みがあり、素朴な風合いが魅力。アフガニスタンから中国を経て伝わり、16世紀初頭には織られていたと推定され、400年もの歴史を誇る織物だ。 素朴な風合いの、八重山みんさー。主に帯として使われてきた その名は「綿(みん)で織られた幅の狭(サー)い帯」からといわれ、じつはとてもロマンティックな由来がある。そのルーツは、琉球王朝時代、女性が愛する男性へ贈った藍一色の帯「ミンサーフ」。みんさー柄の特徴である […]

工芸
今や国際共通単語!「切り出しナイフ」の機能性を楽しみ尽くす

国際単語になった日本語は数多いが、この記事では「Kiridashi(切り出し)」をテーマにしていきたい。 切り出しとは、切り出し小刀のこと。ブレードの先端を斜めにカッティングし、その部分に刃を付けた形状のナイフが「Kiridashi」と呼ばれている。 この切り出しナイフは日本独自の種類のブレードであるが、一方で海外のナイフ制作者にも多大な影響を与えている。単純だが合理的なこの形状を採用する制作者が、ここ最近目立つようになっているのだ。 海外にも影響を与える「Kiridashi」 クラウドファンディングKickstarterに、こんな製品が登場した。 携帯用ナイフ『Tidashi 2.0』だ。刃 […]

芸能と文化
これは使える!けど使えない!仏像モチーフのシュールな文具が可愛すぎる!

シュールなのにシンプルなデザインで使いやすい。一目見たら忘れられない…。そんなインパクト大な文房具を発見しました! 愛され続ける「仏像ステーショナリー」ってなんだ? 京都の雑貨メーカー・株式会社平岩から「NEO仏像」シリーズが9月2日より先行発売開始となりました。「仏像ステーショナリー」は、2015年に誕生した平岩の人気シリーズ。そのシュールな魅力で、じわじわとファンを増やし続けてきました。「他のテイストも見てみたい!」という多くの声に応えて新しく生まれたのが「NEO仏像」シリーズです。 これまでの色鉛筆タッチの風合いとは打って変わり、ニュアンスカラーに金の箔押しなどを使った大人っ […]

全3件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介