音楽

 

音楽に関する読み物

全5件、1-10件を表示中
芸能と文化
世界最古のオーケストラは日本にあった!ONE TEAMで奏でる「雅楽」の魅力

「音楽は世界語であり、翻訳の必要がない。そこにおいては、魂が魂に話しかけている」 西洋音楽の基礎をつくったとも言われるJ・S・バッハは、かつてこんな言葉を残したとか。そんな「音楽の父」が活躍した17世紀から、さらに遡ること700年。日本にはすでに「オーケストラ」が存在していた――。 2019年10月に天皇陛下の即位を祝う行事の一つ「饗宴(きょうえん)の儀」でも披露された雅楽は、日本が誇る伝統音楽です。 奈良時代に伝来したとされ、演奏形式や音色はほぼ当時のまま、現在まで脈々と伝承されてきた雅楽は、「世界最古のオーケストラ」とも呼ばれています。 1000年以上にわたって受け継がれているにも関わらず […]

芸能と文化
魂に響くぜ、POPでROCKでJAZZYな音色!浅草の民謡酒場で酔いしれる夜

民謡ってやや古びた音楽だと思っている方もいるかもしれません。しかし、若い新進気鋭の演奏家たちが多数活躍し密かに人気を呼んでいるのです。 今回は、東京・浅草で60年以上の歴史を誇り、才能豊かな演奏家たちを輩出してきた民謡酒場「和ノ家 追分(かずのや おいわけ)」を訪れ、女将さんの服部章代(はっとりあきよ)さんや若き演奏家・安藤龍正(あんどうたつまさ)さんにお話しをうかがいながら、和ノ家 追分が誇るライブを楽しんできました。 昭和の高度成長期に栄えた民謡酒場 民謡酒場とはその名の通り、民謡を聴かせる居酒屋です。1960年代の高度成長期には数多くの民謡酒場が、都内にもありました。地方から東京へと上京 […]

芸能と文化
バッハは徳川吉宗、モーツァルトは良寛さんと同世代! クラシック音楽家を日本史で見るとちょっと意外だった

キリスト教の教会に響き渡る厳かなパイプオルガンの音色、華やかなドレスを纏った王侯貴族たちの食事時に奏でられる室内楽……そんな光景がヨーロッパで見られた時代、それはとても大昔のこと――でもなかったようで。 有名な西洋クラシック音楽家と、彼らが生きた時代に日本ではどのようなことがあったのか、彼らと同世代の日本人は誰だった? など、日本史と西洋クラシック音楽を同時間軸で見ていきましょう! バッハ以前 日本で一般的によく知られている西洋クラシック音楽といえば、「音楽の父」ヨハン・セバスティアン・バッハ以降のものではないかと思います。この「大バッハ」以前にも、もちろん西洋音楽はありました。 いろいろな変 […]

芸能と文化
いまこそ聴きたい! 首里城をうたう沖縄音楽の大スタンダードで、城の復興を祈願する

沖縄の歴史と文化の象徴である首里城が、巨大な炎に包まれたというニュースが知らされたのは、2019年10月31日未明のことだった。城の主要な建物が焼け落ち、沖縄県民ならずとも衝撃を受けた人は多いだろう。歴史的には5度目の焼失。沖縄戦で灰じんに帰してのち、約30年もかけた一帯の復元工事を2019年1月に終えたばかりの出来事でもあった。   しかし、悲しんでいるばかりの沖縄じゃない。悲報の直後から、国内外からの激励と義援金の申し出は途切れなく、政府も全面的なバックアップを約束している。そして、注目されているのが「島の歌」。かつての琉球王朝と、その王府としての首里城を描いた歌に、改めて耳を傾けようとい […]

芸能と文化
あれ? どうして年末に「第九」なんだろう。歴史や歌詞から見えた、人々の切なる祈り

今年の年末も各地で第九の公演がありますね。あの曲を聴いていると、年も暮れだなあ、と感じる人も多いのではないでしょうか? でも、どうして年末に第九なのでしょう? 日本における第九の歴史を紐解いていくと、そこには悲しみの中に「歓喜」を待ち望む、人々の切なる祈りが見えてきました。 第九日本初演の舞台は捕虜収容所だった 1824年に発表された第九が日本で初演されたのは、大正7(1918)年です。しかしその舞台となったのは、コンサートホールでの優雅な演奏会などではありませんでした。 1914年、第一次世界大戦が勃発し、日本も戦乱に巻き込まれます。日本各地に俘虜収容所が設けられ、中国青島で捕虜になったドイ […]

全5件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介