日本文化の入り口マガジン和樂web
8月5日(木)
古いものが解体されて初めて、再創造は可能となる。(岡倉天心)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
8月5日(木)

古いものが解体されて初めて、再創造は可能となる。(岡倉天心)

読み物
Gourmet
2017.11.30

「近代数寄者の交遊録」 畠山記念館【2017年】

この記事を書いた人

2017年12月17日まで、畠山記念館で「新収蔵記念 近代数寄者の交遊録 -益田鈍翁・横井夜雨・畠山即翁」が開催中です。

近代数寄者の交遊録展_チラシ

稀代の茶人3人の交流を辿る企画展

近代の日本経済界を牽引した実業家であり、有数の日本美術コレクターで、茶人でもあった益田鈍翁の80年忌にあわせ、その茶友・横井夜雨、さらに畠山記念館創立者の畠山即翁の、3人の数寄者の交流にスポットを当てる企画展。それぞれの旧蔵品や好み物、自作の書画や茶道具が並びます。特に見逃せないのは、重要文化財に指定されている柿の蔕茶碗「銘 毘沙門堂」。

P4_畠山1重要文化財「柿の蔕茶碗 銘 毘沙門堂」朝鮮時代 畠山記念館蔵

柿の蔕茶碗は高麗茶碗の一種で、茶碗を伏せたときの様子が柿の蔕のように見えることにその名は由来します。実は、畠山記念館には「毘沙門堂」という茶室があり、この庵号は即翁が柿の蔕茶碗「銘 毘沙門堂」を手に入れたことにちなんで、鈍翁が揮毫したものなのだとか。名碗との出合いを喜ぶ茶人たちの姿が目に浮かぶようなエピソードです。

P4_畠山2渡辺喜三郎作 棗「銘 日の丸」大正〜昭和時代 畠山記念館蔵

公式サイト