伊勢神宮の参拝後に訪れたい!「おかげ横丁」おすすめグルメとお土産9選

伊勢神宮の参拝後に訪れたい!「おかげ横丁」おすすめグルメとお土産9選

江戸時代、おかげ参り(お伊勢参り)で賑わった門前町の街並みが再現された、三重県伊勢市・伊勢神宮皇大神宮(内宮)前にあるおかげ横丁。ここではその土地ならではの美味なものや名物を堪能でき、伊勢神宮の参拝後多くの人が立ち寄り賑わっています。今回は、そんな華やかで楽しいおかげ横丁内にある、おすすめのグルメとお土産を和樂編集部が厳選しました!

1 おかげ座の「萬金丹」

伊勢みやげの元祖である万能薬「萬金丹」は、室町時代からつくられ武士が持ち歩く懐中薬としても愛用されていました。お伊勢参りに訪れた江戸庶民にとって荷物にならず、薬効というご利益がある「萬金丹」は伊勢みやげとして重宝され、もらった人からもありがたがられたといいます。

おかげ座
住所:三重県伊勢市宇治中之切町 おかげ横丁内
開館時間:10時~16時30分(季節により異なる)
定休日:無休
入館料:¥300

2 伊勢路名産味の館の「生姜糖」

「神宮大麻」の形を模したありがたい菓子。生姜糖は日もちがするので伊勢みやげの定番だったとか。写真は、「生姜糖」(生姜、あずき、抹茶の3種4枚入り)。

伊勢路名産味の館(いせじめいさんあじのやかた)
住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁
営業時間:9時30分~17時30分(季節により異なる)
定休日:無休
サイトURL:https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/ajinoyakata/

3 神路屋の「伊勢型紙」

伊勢型紙は江戸小紋や友禅の型染めに用いられてきた伝統工芸。最近はポストカードの版画などに利用されています。写真は、手摺伊勢型紙版画で伝統的絵柄がポストカードに!

神路屋(かみじや)
住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁内
営業時間:9時30分~17時30分(季節により異なる)
定休日:無休
サイトURL:https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/kamijiya/

4 宮忠の「伊勢根付」

手わざが光る美しき工芸品! ツゲの木を彫った「伊勢根付(いせねつけ)」は、江戸の昔から最高級の伊勢みやげとして尊ばれました。右は中川忠峰作「筍」(小)、左は森本節治作「枝付団栗」。

宮忠(みやちゅう)
住所:三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁内
営業時間:9時30分~17時30分(季節により異なる)
定休日:無休
サイトURL:https://www.ise-miyachu.co.jp/

5 宮忠の「注連縄」

注連縄(しめなわ)は正月松の内の玄関を飾るものですが、ここ伊勢では1年中玄関に飾られています。神宮を控える清浄なる地の、ご利益のありそうな注連縄は年迎えに欠かせないもののひとつ。写真は注連縄(小)。

6 ばん茶茶屋の「伊勢茶」

三重県は茶葉の生産量が日本で3位のお茶どころ。こちらで取り扱う22種はいずれも日本古来のお茶です。自然な味わいの逸品。

ばん茶茶屋(ばんちゃぢゃや)
住所:三重県伊勢市宇治中之切町 おかげ横丁内
営業時間:9時30分~17時30分(季節により異なる)
定休日:無休
サイトURL:https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/bancha/

7 すし久の「てこね寿し」

もとは志摩の漁師が船上でつくっていた、醬油漬けにしたかつおを酢飯にのせた郷土料理。新鮮さが決め手で、そのおいしさは格別です。

すし久(すしきゅう)
住所:三重県伊勢市宇治中之切町20 おかげ横丁内
営業時間:10時30分~19時30分(L.o19時)
定休日:年中無休(ただし、毎月1日、末日、毎週火曜日の夜間営業は休み)
※夜間営業のお時間は季節により異なります。店舗へお問合せください。
サイトURL:ttps://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/sushikyu/

8 ふくすけの「伊勢うどん」

この地では江戸時代以前から、うどんに味噌からできたたまりをかけて食していたそう。それを食べやすく改良し、お伊勢参りの人々にふるまうことで、いつしか名物に。ふわふわの柔らかい極太麺に天然ダシを使った濃厚な自家製ダレがふくすけの特徴。

ふくすけ
住所:三重県伊勢市宇治中之切町 おかげ横丁内
営業時間:10時~17時30分(L.o17時 ※季節により異なる)
定休日:無休
サイトURL:https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/fukusuke/

9 赤福本店の「赤福餅」

お餅の上にこし餡(あん)をのせた、伊勢名物としておなじみの「赤福餅」。お土産用として広く使われますが、できたての美味しさは格別! 1月を除く毎月1日は、月替わりの「朔日餅(ついたちもち)」を販売。これは毎月1日早朝に内宮にお参りする「朔日参り」にちなんだもので、開店前から長蛇の列ができるほど。写真は、赤福餅3個と番茶がセットの「お召し上がり盆」。おみやげ用折箱は8個入りから。

赤福本店
住所:三重県伊勢市宇治中之切町26 おかげ横丁内
営業時間:5時~17時(繁忙期は時間変更あり)
定休日:無休
サイトURL:https://www.akafuku.co.jp/

撮影/永田忠彦

和樂2012年1月号より
※掲載した商品は包装や形状が変わっていたり、売り切れている場合があります。

伊勢神宮の参拝後に訪れたい!「おかげ横丁」おすすめグルメとお土産9選
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする