日本文化の
入り口マガジン
1月20日(水)
物質とエネルギーは構造的には粒状であるように見えるし、人生もそうだが、しかし心はそうではない(シュレディンガー)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
1月20日(水)

物質とエネルギーは構造的には粒状であるように見えるし、人生もそうだが、しかし心はそうではない(シュレディンガー)

読み物
Travel
2019.04.30

梅の花の歌にちなんで令和元年に始めてみませんか? JR+FELISSIMOの「梅酒キット」

この記事を書いた人

フェリシモがJR西日本と共に展開している「EVERYTHING FROM JP market(略称:EFJ market)」より、「『令和元年』今年こそつくろう!福井県産樹上で完熟させた黄金の梅酒キット」が発売開始されました。万葉集の梅の花の歌三十二首の序文から引用された新元号「令和」。令和元年の梅酒を手づくりで味わえるチャンスは一度だけ、逃さずお楽しみください。

黄金の梅酒キットとは

甘くフルーティーな香りが魅力の福井県産「黄金の梅」でつくる梅酒キットです。漬け込み後3カ月ころから飲酒OK、長く浸けるほどに深い味に変化。自家製だからこそ、ホワイトリカーのほかブランデーで漬けるなど、アレンジも楽しめます。

今年こそつくろう!という気持ちを後押ししてくれる、書道家・髙宮 暉峰(たかみや きほう)さんによる“令和”と書かれたラベル付き。特別な新元号の元年の梅酒を漬ける体験、味わう喜びはSNSにも残しておくのもお楽しみのひとつとなりそうです。

樹上完熟「黄金の梅」とは

「黄金の梅」が作られる福井県の梅栽培の歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。本格的に定着したのは明治に入ってからで、普及した地域にちなんで「西田梅」と呼ばれ親しまれてきました。

昭和42年、産地のさらなる躍進をめざして「西田梅」から「福井梅」に名称を変更されました。良品質な梅の中でも、樹上で完熟させ香りが最高潮に達したほんのわずかな期間に収穫した実だけが「黄金の梅」と呼ばれます。杏や桃のようなフルーティーで豊かな香りが特徴の「黄金の梅」は、傷つきやすいので細心の注意を払って、ていねいに収穫されます。選別はすべて手作業で行われ、収穫後も梅に合わせた温度帯で徹底的に管理保管しています。以前はほとんど流通しておらず、一部の農家しかその存在を知らなかった希少品。肉厚で香り高い実はひと口食べるだけで従来の梅のイメージをがらりと変えてくれます。

『令和元年』今年こそつくろう!福井県産樹上で完熟させた黄金の梅酒キット 商品情報

価格:1セット ¥4,868(+8% ¥5,257) 送料込み(送料は商品価格に含まれています。)
お申し込み締め切り:6月9日
お届け時期:6月下旬~7月上旬
賞味期限:商品到着後2日以内に漬けてください。

【セット内容】

福井県産完熟黄金の梅約1㎏、氷砂糖約1kg、漬け込み用びん(フタ:プラスチック 日本製 容器:ガラス 日本製 容量4L)、梅酒レシピ付き、ラベル、タグ
(原産地/梅:福井県 製造加工/氷砂糖:日本 漬け込み用びん:日本製)

※粒の大きさは揃っていません。
※梅の収穫は天候に左右されるため着日指定はできません。予めご了承ください。
※漬け込み用のお酒は付いておりません。
※漬け込み用のお酒は、アルコール30度以上のお酒がオススメです。
商品の詳細とお申し込みはこちら https://feli.jp/s/pr190426/2/

書いた人

我の名は、ミステリアス鳩仮面である。1988年4月生まれ、埼玉出身。叔父は鳩界で一世を風靡したピジョン・ザ・グレート。憧れの存在はイトーヨーカドーの鳩。