茶の間ラボとは

和樂がつくる商品開発を中心とした研究所です。
和樂が目指す日本文化の入り口づくりは雑誌やウェブだけではありません。みなさんが少しでも日本文化に興味をもっていただけるような、商品の開発やワークショップなどの開催も私たちにとって重要な使命です。

茶の間ラボはそのための研究開発拠点。「え?なんで茶の間なのって?」。それはみんなが集まってがやがやと楽しみながら話しをする場であったお茶の間のように、私たちもみなさんとともに、わいわいとがやがやと楽しみながら日本文化の入り口をつくっていきたいから。茶の間ラボはいつでもみなさんのご参加を大歓迎します。
和樂がつくる商品開発を中心とした研究所です。
和樂が目指す日本文化の入り口づくりは雑誌やウェブだけではありません。みなさんが少しでも日本文化に興味をもっていただけるような、商品の開発やワークショップなどの開催も私たちにとって重要な使命です。

茶の間ラボはそのための研究開発拠点。「え?なんで茶の間なのって?」。それはみんなが集まってがやがやと楽しみながら話しをする場であったお茶の間のように、私たちもみなさんとともに、わいわいとがやがやと楽しみながら日本文化の入り口をつくっていきたいから。茶の間ラボはいつでもみなさんのご参加を大歓迎します。
茶の間ラボのもうひとつの大きな役割。それは私たちが開発した商品をメディア化することです。私たちはメディアとして、作る雑誌、ウェブ、もの、イベント、すべてがメディアにならなければならないと考えています。ですから、開発商品の発想から製作のストーリーまですべてをこちらで公開していきます。

雑誌やウェブをメディア化するって当たり前のことですよね。ではものをメディア化するってどういうこと?私たちは「メディア」を本来の言葉とは少し変わってしまいますが、それ自身がメッセージを発するものと仮定しています。ですから、私たちがつくる商品は、それ自体が一人歩きしてぴーちくぱーちくとメッセージを発し続けるものでなくてはありません。

ぴーちくぱーちくとメッセージを発し続ける商品。茶の間ラボではそんな商品を日夜開発中です。