旅と食

 

旅と食に関する読み物

全461件、1-10件を表示中
旅と食
7月25日はかき氷の日! 清少納言も食べていたってホント?? その歴史を徹底解説

今年は、もうかき氷を食べましたか? 7月25日は「かき氷の日」です。かき氷は「夏氷(なつごおり)」とも言い、「7(な)2(つ)5(ごおり)」という語呂合わせと、昭和8(1933)年7月25日に、山形市で40.8℃の日本最高気温を記録したことに因み、日本かき氷協会により記念日に制定されました。 最近は、一年中かき氷を味わうことができますが、1番おいしく感じられるのは、夏本番のこれからではないでしょうか。 (この記事では、「氷を細かく削ったもの、およびこれにシロップなど甘味のあるものを加えたもの」を「かき氷」としています。) 「夏の氷」は貴重品だった かき氷の歴史は古く、平安時代、清少納言の『枕草 […]

旅と食
夏旅におすすめ!写真映えがハンパないスタイリッシュな7つの宿泊施設!!

小中学校ではすでに夏休みが始まっているのですが、例年にくらべると雨が多く、気温も低めの今年は、夏の雰囲気もいまいち盛り上がりに欠けるようです。 そんなところへ、夏の気分を一気に盛り上げてくれる「インスタ映えする宿泊施設」の最新レビューが「ブッキング・ドットコム」より発表されました。 だれもが憧れる写真を撮ることができる風景や雰囲気はもちろん、ブッキング・ドットコムでの口コミ評価も高い、ぜひ泊まってみたい7つの宿泊施設をご紹介します。 1.湖のホテル(山梨県) 富士山を一望できるワンランク上の絶景宿 富士山と河口湖を見渡す丘の上に位置する「湖のホテル」は、まさに最強のロケーション。 すべての客室 […]

旅と食
鰹節の多くが実は荒節だった!焼津で知った鰹節の真実

ダシをとったり、料理にトッピングしたり、日本の食卓に欠かせない鰹節。 突然ですが、「鰹節」と聞いてみなさんが頭の中で思い浮かぶのはどんな鰹節ですか? すでに削られてある鰹の削り節のことでしょうか。昔はどの家庭にも鰹節削り器が置いてあり、削りたての鰹節を楽しむのが一般的でしたが、今ではすでに削られてあるパック包装の鰹節がお店に並ぶのが当たり前に。削る前の鰹節の姿を見る機会はほとんどなくなってしまいました。では、その鰹節ってどんなものか想像できますか? 多くの方がこのような茶色く乾燥したカチカチの鰹節をイメージすると思います。しかし、そちらは「本枯れ節」といって、実は全国の鰹節製造量のうち1割にも […]

旅と食
和菓子職人しか味わえなかったつくりたての味を再現!「ふくみ天平」が起こした最中革命

たねやさん――。和菓子製造販売を手がける株式会社たねや(滋賀県近江八幡市、山本昌仁社長)を地元の人は親しみを込めてそう呼びます。 業種を問わず、老舗の多くが今でも屋号を「さん」付けされるように、同社もまた地域にしっかりと根を張り、一目置かれる存在となっているからです。 近江八幡市・日牟禮八幡宮の参道沿いにある、たねや日牟禮乃舎。菓子の購入だけでなく食事もできる グループ内にはバームクーヘンで有名なクラブハリエや農業生産部門、認定職業訓練施設などを設けていますが、今回はたねやに的を絞って同社が和菓子に寄せる思いを探ります。 種を商っていたことにちなんだ屋号を引き継ぐ たねやの源(みなもと)を辿る […]

旅と食
鯖を箱買いってどういうこと? 京都・いづ重の鯖寿司「極上」の極上たる理由を聞いてみた

京都の老舗が打ち出す画期的な新商品誕生秘話の裏側に迫る 京都で老舗と呼ばれる100年以上続く専門店。取材をするたびに感心するのは、こんな斬新な発想が! と驚くものが100年以上前につくられたものだったりすることにあります。 時代を超えてすごいね、と認められているもの。それは店にとってはベストセラーであり、ロングセラー。だからこそ私はその店から生まれる新商品に興味がわきます。できたばかりのものが100年前から店にあるものと並んでいても、違和感がないような新商品を考えることって、難しいの? それともお手本が先にあるだけに、案外するっとできてしまうもの? そんな話を老舗の当代に聞きたいと思ったきっか […]

旅と食
うーむ、これでご飯3杯はいける!焼津の鰹節工場潜入レポート

鰹の削り節ってどんな風につくられているか知っていますか? 鰹節業界では、生の鰹から削り節まで一貫してつくるメーカーもありますが、分業化されているメーカーが多くあります。つまり、鰹節をつくるプロと削りのプロによってつくられているのです。そんな日本独自の保存食品が生まれる瞬間を覗いてきました! 焼津の削り節専門メーカー「石竹水産」とは? 今回伺ったのは、静岡県・焼津市にある削り節製造専門メーカーの石竹水産株式会社。創業は1949(昭和24)年、元々荒節の製造も行なっていましたが、削りに特化しはじめたのはおよそ30年前。現在は、地元の蕎麦屋、たこ焼き屋、お好み焼き屋といった飲食店から、問屋、市場、ダ […]

旅と食
夏の京都で、仁和寺の観音様と出合う旅!「観音電車」運行情報付き

人気の衰えない京都観光ですが、暑い時期は苦手と敬遠する人もいるようです。そんなオフシーズンならではのキャンペーンがあるのをご存知でしょうか。京都市と、公益社団法人京都市観光協会、西日本鉄道株式会社がタッグを組んで、7月から多彩なイベントが予定されています。京福電気鉄道株式会社や京阪バス株式会社などとも連携を行い、地域に根ざした奥深い京都が味わえる事業です。 仁和寺金堂前でオープニングセレモニー 門川市長をはじめとする関係者によるオープニングセレモニーが、世界文化遺産・真言宗御室派総本山仁和寺にて開催されました。観光キャンペーンでは、文化財の特別公開が目玉となっています。その内の1つである金堂の […]

旅と食
魚とペンギンのかわいい和菓子、京都「UCHU wagashi」の夏ギフト

夏の手土産にぴったりの、かわいい和菓子をみつけました。今回ご紹介するのは京都の和菓子店「UCHU wagashi」の夏のギフト2点です。 和菓子店「UCHU wagashi」とは? UCHU wagashiは京都に実店舗をかまえる和菓子店。メインの商品は、選び抜いた素材と和三盆でつくられた落雁です。伝統ある純日本糖の和三盆糖を使って、職人の手によりひとつずつ丁寧につくられています。 UCHU wagashiのつくるユニークなデザインの落雁は、まさに新しい時代の和菓子。今の時代、そして100年先にも愛される和菓子をつくり続けています。 過去にはこんなコラボレーションも。 そんなUCHU waga […]

旅と食
縄文は弥生以降も生きていた!古代諏訪に見る縄文スピリットの変遷

前回まで2回に渡ってお届けしてきた縄文時代の諏訪を巡る旅ですが、今回からは、縄文時代「終焉後の」諏訪についてお送りします。なぜなら、諏訪の縄文が本当に「すごい」のは、むしろ縄文時代が終わってからのお話だからです! 今からおよそ2500年〜3000年前、西日本に入ってきた「水田稲作」という文化は、わずか400年足らずの間に全国に広がっていきます。それに伴い、1万年以上もの間日本列島を覆ってきた「狩猟民的」縄文文化は、またたく間に「農耕民的」弥生文化に塗り替えられていきます。 ところが諏訪は、日本がどんどん「弥生化」していく中にあって古い形の信仰を守り続け、独自の道を歩んでいたというのです。かつて […]

旅と食
東京・渋谷「純米酒 三品」レポート【純米燗酒礼賛記1】

フランス人にして日本酒の蔵元になったグレッグさんの来日時に合わせて、話を聞いたのが2019年4月のこと。そのときの記事はこちら。 「昇涙酒造」というフランス発の純米酒を知りました〜、で話が終わるかと思いきや、この出会いがわたしの酒飲み人生を変えた気がしています。 「燗酒っておいしいねー」がグレッグさんに会う前だとしたら、今では「日本酒飲むなら燗酒で。お燗にしておいしい純米酒をわたしにください」。 どうしてかと言えば。燗酒をこよなく愛するフランス人の酒量たるや、読者のみなさまの想像をはるかに超える量でして(しかもグレッグは燗酒のチェイサーが冷や酒だったりするんだな)。 グレッグさんを取り巻く純米 […]

全461件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介