旅と食

 

旅と食に関する読み物

全950件、21-30件を表示中
旅と食
夏こそ燗だ!燗酒に特化した「梅津酒造」と燗酒専門「山枡酒店」12000字徹底レポート!

お燗にしておいしいお酒に出合うことなくして、お燗酒にハマることはない というのがこの2年ほどで急速に燗酒好きになったわたしの実感。ところがこの出合いはどこにでもあるわけではないのが、お燗に向いている酒を追いかける面白さであり、歯がゆいところでもある。なぜなら世の人は圧倒的に冷やしたお酒に飲み慣れているので、冷やして飲んでうまい酒をそろえている店が圧倒的多数だから。 燗酒(今の時代、ここは純米酒でいきたい。アルコールが添加されている醸造酒が燗酒向きという話は昔からあるが、わたしは悪酔いしちゃうので苦手)がおいしく飲める店にたどり着けたらしめたもの。燗酒好きは自分が少数派であることに自覚があるので […]

旅と食
この仏像を生涯に12万体も彫ったといわれる人物。円空はいかにしてその数を成し遂げたのか?

今までに体験したことのない自粛生活。自分を律することの難しさやリアルに人と会えない、話せない生活は、否応なしに自分自身と向き合う時間となった。「美味しいものが食べたい!」「外に出たい!」「喋りたい!」など、あまりに当たり前だったことができないことの辛さ、もうこれは修行以外の何物でもない! そう思い、血迷いながら占いにはまったり、瞑想してみたりするものの、心落ち着かない私は、考えあぐねた結果、一つの答えを得た。「そうだ、仏像を彫ろう!」。仏教美術の知識にうとい私でも、仏像を見るとなんだか心落ち着くではないか。しかし思い立ったのもつかの間、すぐに壁にぶち当たった。何を隠そう、私は子どもの頃から家族 […]

旅と食
ルーも油もいらないなんて!リスペクトで「辿り着いた」煮るだけスパイスカレー

私にとって、カレーの王様イナダシュンスケさんという方がいらっしゃいます。 イナダさんのレシピブックのお料理も、展開されているお店「エリックサウス」で食べれるインド料理も、今までの人生で出会ったことが無かったもの。 ナンをいくつかのカレーにつけるのが、インドカレーだと思っていた私にとっては衝撃でした。 ミールス、ドーサ、ラッサム…異国のメニュー名や様式を、わかりやすく説明してくださり、それでいてなんと大らか! 日本において、イナダさんの「スパイスカレーの日常化」への貢献は計り知れません。 そのイナダさんが炊飯器で作るぶっこみカレーなるものをツイッターで紹介されていました。普段、本格的なカレーを提 […]

旅と食
旬の和ハーブで気分爽快!江戸時代に人気を集めた「シソ飯」と簡単レシピ

ピリリとした爽やかな香りを持つ、シソ。和のハーブの代表であり、身近な香味野菜としても親しまれていますが、実は、古くから薬草として用いられるほどにパワーを秘めた食材であることをご存知でしょうか。 例えば、食中毒にかかった人を蘇らせたという昔話や、江戸時代に人気を集めた「シソ飯」など。最近はアンチエイジングにも役立つとも言われ、時を越えて注目を集めています。また、独特の香りはお酒との相性も抜群! 家呑みにもぴったりの食材なんです。 そこで今回は、シソの歴史や効能とともに、香りを存分に楽しめる簡単レシピなどを紹介したいと思います。ではさっそく進めていきますね。 食中毒にかかった若者がよみがえった! […]

旅と食
デリバリーサービスの源流を遡ると京都の仕出し文化に辿り着いた!

アベノマスクがまだ届かない。新型コロナウイルス禍で世の中に投じられた礫(つぶて)が及ぼしたトホホな一面である。いわゆる緊急事態宣言が発せられて変わった景色の一つに飲食店の周辺がある。胸を張って店内営業ができぬ分、テイクアウト弁当の製造・販売に商いの軸足を移したことによるものだ。 Uber Eatsをはじめとするデリバリーサービスも重宝されている。店で供するのではなく、作った料理を配達する。その考え方を遡(さかのぼ)ると仕出しの料理や弁当に行き着くのではないか。業界団体「京都料理研究会」会長で「御料理 井傳(いでん)」の当代当主、井山和彦さんに仕出し料理の文化をつなぐ心構えなどを聞いた。 仕出し […]

旅と食
信長や秀吉が飲んでいた可能性も?日本史と深く関わった不思議な酒「マディラワイン」

日本の戦国時代は、西洋のあらゆる物品が輸入された時期でもある。 だからこそ、「日本で初めて○○を体験した人物」という存在が登場する。織田信長や豊臣秀吉は、恐らく複数の「日本人初」を体験しているに違いない。何しろ、あれだけ深くポルトガルやイスパニアの来航者と関わっていたのだから。 そんなことをぼんやり考えながら、筆者は好きなワインを飲む。年を取ると、どうも酔いやすくなってしまう。しかしワインは若い頃から好きだ。若い頃はグラスで十数杯、汚い話だが吐くまで飲んでいた。 ふと、こんなことを考えてみる。信長や秀吉は、ポルトガル人からワインをもらっていたはずだ。では、そのワインの種類は? 大航海時代を象徴 […]

旅と食
必要な材料はたったの3つ!レタスの美味しさを守りたくて「辿り着いた」1玉まるごと浅漬けレシピ

気温も上がってきて、サラダや生野菜が美味しく感じる季節になってきましたね。 私も夏にはたっぷりお野菜を使ってお料理したくなります。その中でも、今の季節に食べたくなるのがレタスです。 しゃきっと瑞々しいレタスを頬張ると、さっぱりとした気持ちになります。 しかし、水分量が多いレタスは傷みやすく、ポリフェノールを含んでいるために切り口から変色しやすいです。食べても害はないのですが見た目は少し残念なことに。 今回ご紹介するのは、レタスの浅漬け。中途半端に残して冷蔵庫に眠らせてしまうなら、いっその事1玉全てを美味しい浅漬けにしましょう。野菜サラダで余っているレタスが段々しんなりとしていきますよね。裏を返 […]

旅と食
近所の散歩がもっと楽しくなる!江戸時代の遊びをヒントに「道草遊び」しよう

どこか遠くに行かなくても、身近な自然環境を歩いていると、発見や驚きがいっぱい。ジブリ映画「となりのトトロ」の名曲「さんぽ」を口ずさんでいると、そんな子どもの頃の懐かしい感覚がよみがえってきます。 外出自粛という初めての事態によって「自分の近くにある楽しみに気が付いた」という人は多いと思いますが、近所のお散歩もそのひとつ。 我が家では、道端で見つけた植物を使って「道草遊び」をするようになってから、散歩が今までの何倍も楽しくなりました。そこで、子どもと一緒に過ごす時間が増えて「どう過ごしたらいいのか分からない」「遊びがマンネリ化してきた」という方にもぜひご紹介したいと思い、今回記事を書くことにしま […]

旅と食
八丁味噌、ヨーグルト、納豆も入れちゃえっ!世にも奇妙な大発酵カレーレシピ

おこもり中は自炊が増える……それは、つまりレシピ難民が急増中ってこと!!!なので、今回は和樂らしい素材を使って簡単カレーレシピのご紹介だぞ!旦那さんはカレーで奥さんのサポートをしてあげてね!男だってカレーくらい作れないとカッコ悪いんだから! いやー、でも本当に簡単レシピが時代に求められていると思うの。先日「#料理リレー」というものに参加した。発起人は料理家の脇雅世先生だ。 おこもり中のお助けレシピとして「いつもお家にある材料で簡単に作れる一品をリレー形式で紹介します」というもの。たくさんの料理人・料理研究家がバトンをつないだ。 僕もバトンをもらって、スピードカレーを紹介した。誰でも簡単にできる […]

旅と食
素材の力を信じて「辿り着いた」甘やかし新玉葱のスープのレシピ

あまりに美味しく手間がかからないので、ほぼ毎日作っているこのスープ。 朝起きたらすぐに準備し、その間に身支度をすれば、出来上がっています。 夜ご飯の時には1番最初に作り、煮込んでいる間に他のおかずを作ります。 素材は新玉葱のみ。切るのも1/4カットという簡単さ。 新玉の甘さ、とろとろに崩れたところを楽しむスープです。 そして、アレンジも無限。 是非作って欲しい、作った人が1番驚くスープです。 新玉葱のスープ 新玉葱 2こ(約450g〜500g) 塩 小さじ1 バター 5g 水 半カップと300mlから400ml 【調理時間】 材料準備、盛り付け5分程度 煮込み時間30分 1. 玉葱の皮を剥き、 […]

全950件、21-30件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介