旅と食

 

旅と食に関する読み物

全998件、21-30件を表示中
旅と食
土鍋の目止めの方法。新しい土鍋を買ったら必ずやるべき基本の手順を解説

土鍋や陶器のうつわを買ったらまず行いたいのが「目止め(めどめ)」です。うつわに開いている小さな穴を塞ぎ、ヒビ割れや水漏れを防ぎます。大切な土鍋や陶器を長く使えるようにするために必要な目止め。今回は「土鍋の目止め」の手順を初心者にもわかりやすく解説します。 所要時間: 約2時間(+乾燥に1日程度) 目止めとは何か? ガスの火にかけた鍋の底は「熱衝撃」と呼ばれる温度差が生じて膨張します。 以下の図の低温で焼いた土鍋(A)は焼きが甘く、土の中に隙間があるため、熱衝撃をうまく逃せます。しかし(B)のように高温で焼き締めた土鍋は、逃げる隙間がないため割れてしまう恐れがあります。 土鍋の断面 日本では […]

旅と食
2020年は逆打ちイヤー!「四国遍路巡礼」徹底ガイド。必須アイテムやNG行動は?

全行程1,400㎞、四国の88ヶ所の寺院を巡る巡礼の旅が「四国遍路巡礼」です。 古来より四国は国の中心から遠く離れた島国で、様々な修行の場とされていました。 ところでなぜ「88ヶ所」なのか、ご存知ですか?それは、人間には88の煩悩があり、同じく88ヶ所の霊場を巡ることにより、煩悩が消え、願いが叶うと考えられていたからなのです。 四国遍路巡礼の始まりは? 讃岐(香川県)で生まれた弘法大師(空海)も四国で修業を重ねました。四国では“お大師さん”と呼ばれ親しまれており、42歳の時に人々の災難を除くために開いた霊場が四国霊場です。後に高弟が遍歴したのが四国遍路巡礼の始まりと伝えられています。 四国で8 […]

旅と食
酒飲みが選んだ!5つの蔵元のつくる「高エタノール消毒液」選手権

敏感肌(で酒飲み)のわたしがたどり着いた、お酒が100%主原料の消毒液 「新しい生活様式」の必需品であるアルコール消毒液。外出先で思いがけず食らう消毒液のパンチにまだ慣れない私です。おしゃれなレストランで粘度の高い液体を手にたらされて、呆然となったたり、嫌なアルコール臭に顔がピリピリしたり。新型コロナウィルスとの付き合いは、この先も続きそう。だからこそ、せめて自分で使うものは、天然由来の原料のものにしたいと思ったりしませんか? そこで私が着目したのが、酒づくりが本業の蔵元がつくった「高濃度エタノール液」。政府の特例により、期間限定で酒造メーカーがアルコール濃度の高い酒(60度以上)を製造・販売 […]

旅と食
8月25日は「即席ラーメンの日」!てりやきにすき焼き…フランスのカップラーメンがすごすぎる

何年か前のロンドン旅行で、現地のごはんに胃がちょっぴり疲れてしまったとき、スーパーで売っていた「カップヌードル」を手にしました。ホテルに帰り、さっそく熱湯を注いで、口にしてみると、「食べ慣れた日本の味がする」と、不思議とホッとした気持ちに。「カップヌードル」を食べて日本を思い出したことに自分でも少しびっくりしてしまいましたが、同時に、「カップヌードル」は日本の国民食なんだなぁと改めて気付かされた瞬間でもありました。 そんな「カップヌードル」をはじめとしたカップラーメンは、今やありとあらゆる国のスーパーで見かけるほど、世界的に人気があることをご存知でしょうか。そして海外には日本で馴染みのないよう […]

旅と食
漢字クイズ!「欠氷」って何と読む?これを奉納する神社があるってホント?

「欠氷」は、酷暑の時期に人気の食べ物です。冷たくて、ふわっとして口の中に入れると、さらりと溶ける美味しいスイーツ! そう!「かきごおり」ですね! かき氷はここ数年ブームが続いていて、夏以外の季節にも、かき氷を出すカフェや喫茶店が増えてきました。今ではかき氷専門店もあり、人気店には遠方からわざわざ訪れる人がいるほどです。 氷は貴重な物だった かき氷の歴史は古く、平安時代、清少納言の『枕草子』に出てくる削り氷(けずりひ)が最初と言われています。現在とは違い氷は貴重な物でした。その氷を刃物で削った削り氷は、貴族など高貴な人しか口にできなかったようです。奈良時代にはすでに氷室(ひむろ)※があり、天皇へ […]

旅と食
ポスト冷やし中華!夏にさっぱりご飯を食べたくて「辿り着いた」5つの乗っけ寿司レシピ

連日猛暑のニュースが流れています。燦々と降り注ぐ太陽の光はありがたいですが、こう暑いとお料理をするのも食事を取るのも辛いところ。 ご飯の時間になっても、食欲はないけれど、お腹は空いている…こういう時は、さっぱりしたものが一番ですよね。それになるべく簡単に作りたい…! つるっと食べられる麺類も良いですが、今回紹介するのは「乗っけ寿司」です。 豪華な具材が載っているちらし寿司ではなく、冷蔵庫にあるものをすし飯に乗せるだけで、一風変わったご飯ものの出来上がり。 名付けて「乗っけ寿司」。丼ともまた違い、さっぱりとした後味でいくらでも食べられてしまいます。 お刺身類がなくても身近にある材料で大丈夫。何を […]

旅と食
クイズ!「茗荷」って読める?魏志倭人伝からの歴史と、夏バテ対策の簡単レシピ

夏の定番料理、冷奴や素麺に欠かせないものと言えば、やっぱり香味野菜!大葉やネギなどの香りのよい食材は、食欲を高めて、消化を促進してくれます。旬の香味野菜と言えば、忘れてはいけないのが「茗荷(みょうが)」。独特の香りがあり好き嫌いが分かれる食材のひとつですが、時代を超えて人々に愛されてきた伝統ある食材なんです! みょうがは、魏志倭人伝にも登場! 邪馬台国(2~3世紀)や卑弥呼でも知られる『魏志倭人伝』のなかに、みょうがのことが書かれています。また、みょうがは平安時代に書かれた薬物事典『本草和名』や当時の宮中の食事について書かれた『延喜式』にも登場し、古くから食べられてきたことが分かります。 現在 […]

旅と食
「ドラム缶会議」ってなんだ?人口60人の離島で醸す天然ひじきを使った燻製ビール

『クラフトビールとは、土地と文化を凝縮した飲み物である』 これはただの呑み助であるわたしの持論なのですが、事実一本のクラフトビールをゆっくりと味わっていると、その土地の持つ様々な側面が見えてきます。 何が特産で、どんな文化があって、何を大切にしている町なのか。 日本に住みながらも、意外に知らない各地のことをクラフトビールはその味わいで教えてくれます。ガイドブックに大々的に取り上げられることはない、日常の延長線上にあるあたたかで色鮮やかな魅力。 一本のビールを通してその土地を見れば、まったく違う世界が見えてくるからあら不思議。その土地の人々の生活にふわりと触れるような、そんな新しい体験をすること […]

旅と食
い、癒される~!!もふもふ苔の三大聖地・奥入瀬渓流の世界

「趣味は苔(コケ)の観察です」なんて言ったら一昔前なら “暗い人” “オタク” などと言われたかもしれませんが、今や苔は疲れた現代人を癒やす存在として注目を集めています。苔を使った苔玉はインテリアとして国内のみならず海外でも人気ですが、最近は京都のお寺も御朱印を苔で表現したり(モシュ印)、苔の注目度は高まるばかり。今回はマイナスイオンたっぷりの奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)の、もふもふ苔まみれの癒し時間をお届けします。 日本庭園と相性の良い苔 苔と言うと日本庭園を思い浮かべる方も多いでしょう。特に京都には苔で有名な寺社や庭園が多数あり、三千院、 […]

旅と食
予約半年待ちへアサロンをたたみ北欧フィンランドへ 。フィンランド初の日本人美容師が1年暮らして感じていること

オーロラや白夜などの幻想的な自然景観、イッタラやマリメッコなどのポップでモダンな北欧デザイン、アルヴァ・アアルトのモダニズム建築、さらにトーベ・ヤンソンのムーミンなどで知られる北欧・フィンランド。のんびりとした心地よさが漂うフィンランドに、日本人美容師がひとりで営むヘアサロンがあります。その店主は原宿で30年以上にわたって美容師を続けてきた梅沢紳哉さん。予約が半年待ち以上という原宿のヘアサロンをたたみ、フィンランドはヘルシンキでヘアサロンをはじめて1年になります。なぜヘルシンキでヘアサロンをはじめたのか、日本のヘアサロンとの違い、フィンランドでの暮らしなど、おうかがいしました。日本人美容師が暮 […]

全998件、21-30件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介