和樂編集部の読み物

全1608件、1-10件を表示中
芸能と文化
近藤?沖田?斎藤?新選組最強剣士は、あの人物だった!

刀や槍などを使って活躍した幕末の集団、新選組。刀の使い手が集まっていた新選組の中でも、最強とうたわれた剣士は誰だったのでしょう? 新選組は使い手だらけ 新選組は警察のような治安維持組織だったため、武術に長けている人たちだらけでした。剣術だけでなく、槍術・棒術・柔術などの達人もいましたが、やはり剣術使いが一番多かったようです。 近藤勇? 近藤勇(こんどういさみ)は、新選組結成以前、江戸で道場主をしていました。もともとは農家の生まれですが、腕や度胸を買われ、天然理心流武術の宗家・近藤周助(こんどうしゅうすけ)の養子として迎え入れられたのです。 宗家の4代目ですから、当然、腕前は相当なもの。ですが、 […]

芸能と文化
あなたは誰推し?全国12万5500から選抜!妖怪界のイケメンアイドルグループ「天狗8(エイト)」

江戸時代に書かれた天狗経によると、天狗は全国に12万5500匹もいるんだとか! そんな数多くの天狗たちの中から、最も力のある八大天狗「神8(エイト)」を、独断と偏見を交えてご紹介。 ※想像するイメージは個人的な妄想によるものですので、一意見として受け入れてくださると幸いです。 天狗界の圧倒的センター!「愛宕山太郎坊」 本拠地:愛宕山(京都府) 愛宕神社の守護を仏から命じられた愛宕山太郎坊(あたごさんたろうぼう)は天狗界の総大将として知られています。センターでひときわ輝いてるタイプ。火を司る天狗ですが、時々大火事を起こすこともあるドジっ子(?)な面もあるらしく、ギャップ萌えって、きっとこういうこ […]

芸能と文化
彬子女王殿下が今、届けたい思い。演劇や音楽の力、舞台に込められたイノリノカタチ

雑誌『和樂』で「イノリノカタチ」を連載中の彬子女王殿下が、和樂webに今、届けたい思いをご寄稿くださいました。新型コロナウィルスによる影響で、多くの舞台が中止、延期されている昨今。演劇や音楽がもつ力、それに関わる方々が舞台に込めるイノリノカタチをお伝えいただきます。 舞台からの祈り 文・彬子女王 いつのころからか、舞台に立つことを生業とする友人が多くなっていることに気付いた。音楽の人も、舞踊の人も、演劇の人も。伝統文化の人も、ポップカルチャーの人も。彼らはいつも私にいろいろなことを教えてくれる。どれだけの人が一つの舞台を作り上げるのにかかわっているのか、稽古の大変さ、役にかける思いなどを聞いて […]

編集長が行く!
世界初のポップカルチャーは浮世絵だった?東京で唯一の浮世絵専門美術館で聞いてみた

編集長がつぶやきました「浮世絵ってWebと似たところがあるんだよね」。 ……えっ、浮世絵がWeb? 共通点が見えないぞ! 一体どういうこと…?? 和樂web編集長セバスチャン高木が、日本文化の楽しみをシェアするためのヒントを探るべく、さまざまな分野のイノベーターのもとを訪ねる対談企画。第11回は太田記念美術館の学芸員、日野原 健司さんです。 ゲスト:日野原 健司さん 1974年千葉県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科前期博士課程修了。太田記念美術館主席学芸員、慶應義塾大学非常勤講師。江戸から明治にかけての浮世絵史、ならびに出版文化史を研究。太田記念美術館で […]

芸能と文化
雪のような白い肌に優しい声。まるでアイドル、新選組のイケメンTOP5「隊中美男五人衆」に注目!

新選組でイケメンというと、誰が思い浮かびますか? 土方歳三? 沖田総司? それとも加納惣三郎? 加納惣三郎は小説に描かれた架空の人物ですが、新選組には「隊中美男五人衆」と呼ばれる人たちがいました。 これが「隊中美男五人衆」メンバー! 子母澤寛(しもざわかん)による新選組3部作の3作目『新選組物語』に、この「隊中美男五人衆」のエピソードは書かれています。子母澤が、新選組の屯所(宿舎)になっていた八木源之丞(やぎげんのじょう)家の次男・為三郎(ためさぶろう)が存命だったので、取材した中から出てきたものです。 全員、新選組結成初期の文久3(1863)年の入隊と記録されています。 楠小十郎(くすのきこ […]

編集長が行く!
書店と人の思わぬ出会いにワクワク!全国46店参加の「御書印プロジェクト」って何だ?

あなたにとって書店はどんな存在ですか? 「かなり行ってる」という人も「あまり行かない」という人も、これ、見てください! 表参道の山陽堂書店でもらった御書印 手帖に捺(お)されたハンコの正体は、御朱印ならぬ「御書印(ごしょいん)」。2020年3月1日にスタートした「御書印プロジェクト」では、全国の参加書店で「御書印ください」と伝えると、訪問した日付と3つの印、そして各書店のメッセージや書店が選んだ本の一節がもらえます。 「御書印」は人と書店を結ぶ印です。 御書印を訪れると、そこで書店員が選んだ本と偶然に出会うでしょう。 そしてあなたはこれまで知りえなかったことにふれるかもしれません。 御書印帖の […]

芸能と文化
重要メモと思いきや書かれていたのは「イギリスの女性はベッドが上手」。忍者のペリー艦隊潜入作戦

忍者と聞くと、どんな様子を思い浮かべますか? 優れた体術、巧みな戦術、華麗な変装……色々とありますが、そのひとつに諜報活動があげられます。 時は幕末。開国に揺れる日本で、最後の隠密活動をした忍者として知られるのが伊賀国(現在の三重県西部)の沢村保祐(やすすけ。通称、甚三郎)です。彼の活動とはどのような内容だったのでしょうか。 時代で変わる忍者の役割 戦国時代、夜襲や放火などを行なっていた伊賀の忍びも、平和な江戸時代になるとその役割が変化。「伊賀者」と呼ばれ、国内の情報収集や、護衛なども担うようになります。 他にも、無足人として各村の自治を任される者もいました。無足人は禄はあまりありませんが名字 […]

芸能と文化
美貌の女城主の決断!信長の叔母が残酷な処刑で最期を迎えた理由

女城主といえば、大河ドラマでも取り上げられた井伊直虎が有名ですが、他にも女城主として活躍した女性がいました。その名も「おつやの方」。織田信秀の妹、つまり織田信長の叔母にあたります。おつやの方は美貌の女性としても有名でした。 そんな女城主の最期は、身内である信長によって逆さ磔で処刑されたと伝わっています。壮絶なおつやの方の人生をご紹介しましょう。 女城主となったいきさつ 織田信定の娘おつやの方は、岩村城主・遠山景任(とおやま かげとう)に嫁ぎました。しかし、2人に子がないまま元亀3(1572)年8月に遠山景任は病死。そこへ織田信長が自身の五男である御坊丸を養子として送り込み、武田方であった岩村城 […]

芸能と文化
青いだんだら羽織はメインの隊服じゃなかった?新選組7年間の歴史をぎゅぎゅっと解説

映画や大河ドラマ・小説・漫画などで大人気の新選組。『るろうに剣心』『燃えよ剣』など、2020年公開予定の新選組関連映画もあり、話題となっていますね。 でも、新選組ってどんな組織だったのでしょう? 新選組の概要をざっくり見ていきましょう。 新選組って何? 新選組は、主に幕末の京都で活動した組織で、京都守護職の会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)を直属の上司とした治安維持部隊です。人斬りのイメージがあるかもしれませんが、京都の街に不穏な動きがないか見回ったり、対象者を大勢で取り囲んで捕縛(ほばく)したりすることを主な目的としていて、その場で斬るようなことは稀でした。 また、有名なだんだら羽織が […]

芸能と文化
将軍綱吉は殺されていた?江戸城大奥にあった開かずの間の怪異

禁忌によって開けることを禁じられている開かずの間。かつて江戸城大奥には、「宇治の間」と呼ばれる開かずの間があり、怪異が起こっていたと伝えられています。そこには、5代将軍・綱吉の死にまつわる奇妙な噂も……。将軍、大奥の女中たちを恐れさせた開かずの間の伝説に迫ります。 なぜ、開かずの間となったのか? 襖に宇治の茶摘みの絵が描かれていたことからその名がついた、宇治の間。開かずの間となった経緯は、江戸文化の研究家・三田村鳶魚(みたむら えんぎょ)が、元女中から聞いた話を基に大奥の実態に迫った著書『御殿女中(ごてんじょちゅう)』に記されています。 千代田之大奥 歌合 橋本(楊洲)周延画 出典:国立国会図 […]

全1608件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介