日本文化の入り口マガジン和樂web
4月22日(木)
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月21日(水)

七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト

読み物
 
つい真似して踊りたくなるユニークさ!
本当に踊ってみたら?
和樂web編集部
葛飾北斎が描いた踊り手たちは、表情やポーズがとてもユニーク。当時の人々はこの指南書を片手に、1人でこっそり練習していたようです。本の中身とは?
あきみず
2021年春に放送された宮藤官九郎脚本・長瀬智也主演のテレビドラマ『俺の家の話』(TBS、全10話)。わくわくしながらテレビの前に座り、観終わったら詳細な感想をツイートする能楽師、続出。能楽師のかたたちってテレビも観ないし漫画も読まないし、みたいな、とっても厳格そうなイメージがありませんか?プロだからこそ分かってしまう違和感とかでドラマも楽しめないんじゃないかな、なんて勝手に想像していたのですが。ちょっとどころではなく、びっくりしました!能楽師って、いったいどんな人たちなんだろう?ということで、観山(みやま)流ならぬ宝生(ほうしょう)流の能楽師に突撃インタビュー!ご自身の家の話、お家元のもとで内弟子修業を重ねたときの話など、「リアルな能の家の話」をお聞きしました!
様々な形で日本文化を残そうとする人々がいる。頭が下がります。
ドラマもこの記事も、「能」への入り口になりました!
 
書いた人:山見美穂子

浮世絵はアートじゃない!?そもそも「浮世絵って何?」という疑問にお答えします!

書いた人:和樂web編集部

葛飾北斎とは?浮世絵「富嶽三十六景」など有名作品と人物像を徹底解説!

書いた人:小俣荘子

電子レンジの電磁波を擬人化!?「踊ってみた」から始まった日本舞踊は、江戸時代のTikTok的存在だった?

7人の美女、誰が一番モテると思う?花魁より魅力的な女性って?日本画家、渡辺省亭のスゴ技の真髄を探る

書いた人:大山格

幕府の衰退をあらわした「安政の大獄」

下痢をお漏らし!嫌いなヤツには石投げる!平安貴族が結構お下品【落窪物語】

書いた人:あきみず

日本刀剣の材料「玉鋼」って?謎に満ちた七色の鉄の波乱万丈な歴史が泣ける

書いた人:進藤つばら

遊郭・吉原の花魁道中はまるでランウェイ?竜の模様も着こなす、ビジュアル最強の遊女10選

書いた人:和樂web編集部

浦島太郎の子どもが人面魚遊女に!『箱入娘面屋人魚』のストーリーが斜め上すぎる

書いた人:鈴木拓也

返済のために親友を人質にした太宰治、60人超に借りた石川啄木…文豪たちのぶっとび借金伝説!

書いた人:馬場紀衣

美しい弁財天さまにひとめぼれ。江の島誕生のきっかけは甘くて切ない龍の恋?

書いた人:ウエマツチヱ

もちもちサクサクの食感にフランスが驚いた!日本の食パンブームがパリに到来!

今日のひとこと
編集長セバスチャン高木のつぶやき
4月18日ローンチした北斎のすべてがわかる(ほんと?)ウェブメディア「北斎ポータル」の編集長に就任しました。90歳で死ぬ直前に「あと5年、天が生かしてくれたらまことの絵師になれたのに」と言ったという北斎。私も死ぬ間際に「あと50年、天が生かしてくれたらまことの編集者になれたのに」って言って死にたいなって思います。
今日の気になる
編集部スタッフの気になるコンテンツ
S
NSなどで「映画『HOKUSAI』ついに公開するんだ!」「待ってました!」という声がたくさん。上映まであと約1か月。それまで北斎グッズで気持ちをより一層高めてみませんか?和樂webには、日本の技と北斎らの浮世絵をコラボさせた商品がたくさんあります!見ているだけでもワクワクするアイテムばかりなので、ぜひ商品一覧ページを覗いてみてください♪