日本文化の入り口マガジン和樂web
9月21日(火)
この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん(一休宗純)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月20日(月)

この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん(一休宗純)

読み物
 
文豪って猫が好きなイメージがあるけど、誰スタートなんだろ。
文豪って甘いものが好きなイメージがあるけど、誰スタートなんだろ。
中村英里
銀座8丁目の交差点に建つ、ひときわ目立つ鮮やかなレンガ色のビル。資生堂パーラーが入っている、「東京銀座資生堂ビル」です。資生堂パーラーは明治から続く歴史ある名店。多くの文化人からも愛され、文学作品の中にその名が登場することも多々あります。創業の経緯や店を訪れた文豪のエピソードなど、その魅力をたっぷりとご紹介します!
瓦谷登貴子
室町時代、地獄太夫(じごくたゆう)という伝説の遊女がいました。地獄変相を描いた打ち掛けを羽織り、念仏を唱えながら客を迎えていたとか。何とも奇っ怪でミステリアスで気になります。絶世の美女だったという地獄太夫は、意外な人物と師弟関係を結んでいました。寝苦しい夜に最適な、不可思議な美女のお話をお届けします。
コトの最中にも念仏を唱えていたんですかね?(地獄だな...)
男にとって必要な時もあるはずです、それが。
 
書いた人:今井真実

新しいお月見料理を求めて「辿り着いた」さつまいもの蜜煮、塩レモン風味

書いた人:小林 聖

20年ぶり紙幣デザイン一新!新一万円札の顔「資本主義の父」渋沢栄一が選ばれた理由

書いた人:安藤整

美女の裸を東西の画家はどう描いた? 西洋絵画 VS. 浮世絵 ヌード対決!【誰でもミュージアム】

書いた人:大山格

失敗したもう一つの「江戸開城」。和平交渉で何が起きなかったか

書いた人:瓦谷登貴子

漢字クイズ!秋の田園で見かける「案山子」ってなんて読む?

書いた人:森 有貴子

飲んで騒ぐフェスから粋な舟遊びまで、バラエティに富んだ江戸のお月見事情【長月候】

書いた人:中村英里

「鬼の如く黒く、恋の如く甘く、地獄の如く熱きコーヒー」文豪にも愛された現存最古の喫茶店、カフェー・パウリスタ

書いた人:Dyson 尚子

あの本多忠勝を「かす」呼ばわり!?家康のために舅まで射抜いた「内藤正成」の凄さとは

書いた人:進藤つばら

運動会のプログラムに「美容術」⁉︎ 華族女学校はスポーツ教育のパイオニアだった!

書いた人:和樂web編集部

山の上ホテルや米津玄師のMVに登場する教会を設計した男。建築家ヴォーリズと近江八幡の深い関係

書いた人:昼間たかし

冴えない男たちのメシがブランドになるまで。なぜB級グルメは定番になったのか?

書いた人:米田 茉衣子

在宅ワークの腰痛・肩こりに「セルフお灸」が効くって本当?日本一の生産量を誇るお灸メーカーで体験してみた!

今日のひとこと
編集長セバスチャン高木のつぶやき
ジョブズは大学を中退後インドに惹かれ、その後、禅、なかでも曹洞宗(そうとうしゅう)に傾倒しました。一時はすべてを捨てて永平寺に出家しようと思ったほどですが、当時の師に「君はこちらの世界でやるべきことがある」と止められたのだとか。うーん、そんなこと言われてみたいっス。

また、厳格な菜食主義を貫いていた時期もあって、「臭くなる原因となるものを食べてないんだから俺は臭くならないんだぜ!」とほとんど風呂に入らなかったそうです。すごいぞ!ジョブズ、さすが信念の人。でも実際はすごく臭かったので、同僚に嫌がられて誰もいない夜に仕事をすることを命じられていたのだとか。
今日の気になる
編集部スタッフの気になるコンテンツ
れてたんです。

週末までパツパツだった仕事を片付けて、「あ、そうだスーパー銭湯行こう」と思って。

お金払って、ぼーっと歩いて浴室のほうに。

スマホ観ながらなにげなしにのれんくぐったら、女性のほうだったんです。

いや2、3歩だけです!

ほんとなんです、ほんとに間違えただけなんです!!

何も見てないです、ごめんなさい!!!

(スタッフ安藤)