日本文化の入り口マガジン和樂web
6月22日(火)
人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。(岡本太郎)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月22日(火)

人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。(岡本太郎)

読み物
 
最後の方に出てくる、彬子女王殿下の「うそやん」が好きです。
殿下のウィットに富んだ文章大好きです。
彬子女王殿下
「年中行事で知る日本文化」をテーマにした彬子女王殿下の連載。今回はその半年の節目に行われる季節の行事、夏越の祓(なごしのはらえ)や、季節の和菓子「水無月」についてです。
瓦谷登貴子
一度見たら忘れられない、大阪を代表するシンボル「太陽の塔」。実はこの内部を見学することができるのです。中には一体どんなものがあるのか…? そこには、想像を超える驚きの世界が広がっていました。
大学時代毎日太陽の塔の横を通り過ぎていたけどこんなことになっていたとは!
写真で外観を見たことしかなかったけど、中がこんなになっていたとは!
 
書いた人:今井真実

必要な材料はたったの3つ!レタスの美味しさを守りたくて「辿り着いた」1玉まるごと浅漬けレシピ

書いた人:大山格

大久保利通は何を起こせなかったか?潰えた首都大坂と「開かれた皇室」

書いた人:進藤つばら

遊郭・吉原の花魁道中はまるでランウェイ?竜の模様も着こなす、ビジュアル最強の遊女10選

書いた人:Dyson 尚子

えっ?織田信長って意外とネチネチ派?佐久間父子を追放した長すぎる懲戒文書とは

書いた人:辻 明人

頑固な攘夷家?徳川慶喜の父・水戸斉昭の実像とは。大河ドラマ『青天を衝け』が楽しくなる予備知識

書いた人:

ぎょろり!この妖怪の正体はなーんだ?浮世絵妖怪コレクション 〜月岡芳年編〜【だれでもミュージアム】

書いた人:平野勝之

これがあればいつでも大脱走できる。ポータブル家出セット、僕の大旅行用自転車について

19世紀まで残っていた口噛み酒が起源!?奄美沖縄の発酵飲料「ミキ」ってなんだ?

書いた人:木村 悦子

「新明解国語辞典」9年ぶり改訂で、「恋愛」は「異性」対象だけじゃなくなった!

書いた人:馬場紀衣

夫に殺された妻が6人の後妻を呪い殺す…輪廻転生の怪談話「累ヶ淵」は実話だった?

書いた人:昼間たかし

街の綺譚や人物を記録し続けた謎多き男。郷土史家、岡長平を探す旅

書いた人:赤井ふんどし

路上や水上で性交?そば一杯の値段で性サービスを提供する「夜鷹」とは

今日のひとこと
編集長セバスチャン高木のつぶやき
よく下ネタ下ネタっていいますが、日本には本来上も下もありませんでした。だってそもそもこの国自体が神と神のチョメチョメによって生まれた国なんだから。上も下もない国、それがニッポンのあるべき姿だと思います。なんちゃって。
今日の気になる
編集部スタッフの気になるコンテンツ
声コンテンツ『和樂webの日本文化はロックだぜ!ベイベ』の最新回を配信しました。歌舞伎というと、伝統的な難しい日本の芸能というイメージがありました。

が!

革命は当たり前!お客さまを喜ばせるために歌舞伎は何でもやってきたという話をセバスチャンから聞いてびっくり!

歌舞伎を観たことがある人もない人も歌舞伎のイメージが大きく変わる回、聴いていただけたら嬉しいです。