日本文化の入り口マガジン和樂web
11月29日(月)
この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば(藤原道長)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
11月25日(木)

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば(藤原道長)

読み物
 
江戸人のクリエイティビティは本当にすごいです。
山深い土地にはこういうレベチの職人が生まれるものなんでしょうか。
馬場紀衣
今回ご紹介するのは数多くの飛騨の匠のなかでも飛び抜けた才をもつ、ある男の物語だ。
天才の名は猪名部墨縄(いなべのすみなわ)。『飛騨匠物語(ひだのたくみのものがたり)』の主人公である。
里山企画菜の花舎
かすかな笑みを浮かべる慈愛に満ちた仏の顔とこらえきれない怒りをあらわにした憤怒の顔。一つの体に二つの顔と表裏2本ずつの手足を持つ鬼神。これは岐阜県高山市丹生川町にある飛騨千光寺の両面宿儺(りょうめんすくな)像だ。彫ったのは江戸時代の漂泊の僧・円空。両面宿儺とは何者だったのか。今に残る伝説や文献をもとにその正体を追ってみた。
「岐阜の匠、レベチ説」。やっぱり本当みたいです。
はい、岐阜はすごいです。私の青春の地。
 
書いた人:ニシ

短いながらも鮮烈!『鬼滅の刃』の舞台、ロマンとデモクラシーの大正時代を3分で解説

書いた人:平野勝之

彼はスナフキン?名も知らぬフランス人ヒッチハイカーとの出会い〜北海道自転車キャンプの旅〜

書いた人:佐々木 梨緒

まさにおもてなしのスペシャリスト!花柳界で働くアルバイトがその魅力に迫る!

書いた人:森 聖加

好みのイケメン見~つけた♡トーハクの体験型展示でガンダーラ、中国、日本の菩薩立像を徹底比較【8Kで文化財 みほとけ調査】

書いた人:Dyson 尚子

あの人が欲しい!豊臣秀吉のラブコールが引き起こした「せつない四角関係」とは?

書いた人:松原夏穂

杉原千畝「命のビザ」を受け継いだ人々。根井三郎の生涯や功績・性格・発給ビザ画像も紹介

書いた人:和樂web編集部

そうだったんだ!誰も教えてくれなかった『源氏物語』誕生秘話!

書いた人:菊池 麻衣子

味わって日本画を楽しむ!山種美術館「Cafe椿」の和菓子はこうして生まれる

書いた人:あきみず

意外と知らない語源クイズ!「試金石」ってどんな石か知ってる?

書いた人:澤田真一

60年来の超ロングセラーバイク。本田宗一郎最大の発明品「スーパーカブ」が人類史を変えた!

日本美術はアートなのか?それが問題だ!【日本文化はロックだぜ!ベイベ】vol.1

書いた人:山見美穂子

武蔵国を駆け抜けた鴻巣七騎とは?岩付太田氏と家臣団をつなぐ岩槻街道を歩く【北本奥の細道】

今日の気になる
編集部スタッフの気になるコンテンツ
樂WebのFacebook、いつもフォロワーのみなさんがコメント欄でまだ知らぬ歴史や史実を教えてくれたりして、「中の人」も楽しく拝見しています☆

ただ、そんな中でいつもあまりシェアされないのが「マナやん」の記事。

わかっているんです、歴史好きのみなさんにはあまり刺さっていないことは。

だけど推しますよ。

和樂Webはマナやんを推し続けます!!!

(スタッフ・安藤)