CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

Travel

全108件、19-36件を表示中

もっちりした旨みに唸る。職人の技がさえわたる名店・1「鮓直」【あっぱれ! 大阪寿司!! part3】

関西でも圧倒的に江戸前寿司の店が多くなった昨今でも、長く続く大阪寿司の名店には唯一無二の看板商品があり、支持されている理由があります。味にうるさい大阪人が愛するのは、5軒の名店の大阪寿司です。今回は「鮓直(すしなお)」をご紹介します。

和樂web編集部

太巻ちゃうで巻寿司やで! 華麗なる大阪寿司の世界【あっぱれ! 大阪寿司!! part2】

日本の長い寿司の歴史を見れば、近江の「鮒(ふな)ずし」、「大阪寿司」「京寿司」と、近世のころより関西では独自の寿司文化が育まれてきました。江戸前寿司の大先輩ともいえる大阪寿司。その職人の華麗な手わざから生まれるおいしくも美しい、大阪寿司の魅力をご紹介します。

和樂web編集部

江戸前寿司の大先輩! 大阪寿司って何やねん【あっぱれ! 大阪寿司!! part1】

寿司といえば、ほとんどの人が江戸前の握り寿司を思い描くのではないでしょうか。しかし、日本の長い寿司の歴史を見れば、関西のほうがはるかに古いのです。近江の「鮒(ふな)ずし」、「大阪寿司」「京寿司」と、上方には近世のころより独自の寿司文化が育まれてきました。江戸前寿司の大先輩ともいえる大阪寿司に着目。寿司職人たちの華麗な手わざから生まれるおいしくも美しい、大阪寿司の魅力をご堪能ください。

和樂web編集部

長年愛されてきた、素朴で優しい手づくりお菓子。古社の伝統菓子【京都の「門前」にうまいものあり!】

京都の寺社詣りでうまいものを探すなら、多くの人々が行き交う神社の門前も外せません。疫病除けに、参拝の楽しみに…。長年愛されてきた素朴で優しいお菓子を厳選。5つとも、今もすべて手づくりされる逸品です。

和樂web編集部

地元の人々が日常使いする中華や麺の店へ。銀閣寺界隈【京都の「門前」にうまいものあり!】

今訪れたい京都の古寺の三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)、東福寺(とうふくじ)、銀閣寺(ぎんかくじ)と有名神社から歩いていける、美味しい店をリサーチ。寺社巡りがさらに楽しくなる門前の名店へご案内します。第3回は「 銀閣寺界隈」。

和樂web編集部

実は、静かな住宅街にありました!地元に愛される名店。東福寺界隈【京都の「門前」にうまいものあり!】

今訪れたい京都の古寺の三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)、東福寺(とうふくじ)、銀閣寺(ぎんかくじ)と有名神社から歩いていける、美味しい店をリサーチ。寺社巡りがさらに楽しくなる門前の名店へご案内します。今回は「東福寺界隈」。

和樂web編集部

老舗の味から新定番まで、注目エリアは食も楽しい!三十三間堂界隈【京都の「門前」にうまいものあり!】

京都の旅のテーマを寺社巡りに決めたら、次に決めておきたいのは「どこでごはんを食べようか?」。 そこで、今訪れたい古寺の三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)、東福寺(とうふくじ)、銀閣寺(ぎんかくじ)と有名神社から歩いていける、美味しい店をリサーチ。 老舗の名店から新しいものに貪欲な京都人を魅了する新店まで、寺社巡りがさらに楽しくなる門前の名店へご案内します。今回は「 三十三間堂界隈」。

和樂web編集部

新世代の和菓子職人たちに注目!【茶味こそが京都!春編】

「茶味こそが京都!」春編、今回は、新世代の和菓子職人たちに注目!

和樂web編集部

お餅を炭火で丁寧に焼いて。甘味処「かさぎ屋」の名物とは?【茶味こそが京都!春編】

「茶味こそが京都!」春編、今回は「かさぎ屋(かさぎや)」をお送りいたします。

和樂web編集部

鯖としば漬のバランスが命! 「末廣」のいそ巻を食す【茶味こそが京都!春編】

「茶味こそが京都!」春編、今回は「末廣(すえひろ)」をお送りいたします。

和樂web編集部

創業300年!老舗「晦庵 河道屋」で、京風蕎麦を堪能【茶味こそが京都!春編】

「茶味こそが京都!」春編、今回は「晦庵 河道屋(みそかあん かわみちや)」をお送りいたします。

和樂web編集部

ブレンドごとにカップ&ソーサーまで特注!「市川屋珈琲」の陶器の秘密【茶味こそが京都!春編】

「茶味こそが京都!」春編、今回は「市川屋珈琲(いちかわやこーひー)」をお送りいたします。

和樂web編集部

しみじみ美味しいたぬきうどん。「上七軒 ふた葉」で感じる侘び寂び【茶味こそが京都!春編】

茶の湯で確立された美意識「茶味」を感じる旅特集、「茶味こそが京都!」。今回は春編「上七軒 ふた葉(かみしちけん ふたば)」をお送りいたします。

和樂web編集部

京都の花見弁当といえば目に麗しい「京寿司」です!

〝うわぁ、きれい〟と、思わず口にしてしまう華やかさ、美味しさ。帰り道でも家でもときめく、京都らしさ。そんな理想の条件を満たす花見弁当を探してたどり着いたのが、「京寿司」です。

和樂web編集部

Oura Cathedral. Where the infamous ‘Discovery of the hidden Christians’ unfolded! [Visit Nagasaki’s exotic national treasures! ]

山本 毅

Number one in Japan in both height and volume! Explore Kumano and Wakayama to see the ‘Nachi waterfall’ and to feel holiness of Gods.

和樂web編集部

A resting place brimming with kindness. Kyoto ‘Coffee Yamai’ [Kyoto, the city of Chami!]

和樂web編集部

日帰りで通ったくらい、京都のすき焼きが大好物。阿部顕嵐が語る「あらん限りの歴史愛」vol.10

年末年始のテレビドラマでも大活躍だった阿部顕嵐(あべ あらん)さん。今を時めく20代の阿部さんが、大好きな日本文化について語る本連載。今回は日本料理・すき焼きについて話を聞いてみた。

尚、聞き手はオフィスの給湯室で抹茶をたてる「給湯流茶道(きゅうとうりゅうさどう)」。「給湯流」と表記させていただく。

連載 阿部顕嵐

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア