CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

Travel

2024.04.15

いちばん洗練された、箱寿司の元祖。職人の技がさえわたる名店・4「吉野鯗」【あっぱれ! 大阪寿司!! part6】

関西でも圧倒的に江戸前寿司の店が多くなった昨今でも、長く続く大阪寿司の名店には唯一無二の看板商品があり、支持されている理由があります。味にうるさい大阪人が愛するのは、5軒の名店の大阪寿司です。今回は「吉野鯗(よしのずし)」をご紹介します。

シリーズ一覧はこちら

今につながる箱寿司の味と彩りはこの店で生まれた
吉野鯗の「箱寿司」

「箱3枚折詰」5,724円(税込、箱代含む)。箱1枚が6個(小鯛2個、焼き穴子2個、玉子と海老1個、白身と木きく耳らげ1個)となり3枚折で2人前。本店以外でも、引き取りの時間にあわせて仕上げてもらうのがおすすめ。

折に詰められた姿にほれぼれ。ひと口の大きさとネタのバランスが完璧です。それもそのはず、大阪寿司を代表する形、「箱寿司」が現在のような姿になったのは、この店が発祥だから。「すし萬」に続く老舗「吉野鯗(よしのずし)」の3代目が明治20(1887)年ごろ、従来の長方形の木型ではなく、2寸6分(約8㎝)の正方形で深さ1寸2分(約4㎝)というまったく新しい規格を生み出しました。
ネタは生で使うものはなく、高級で、職人技を尽くした内容に。「安い魚を使った庶民の〝虫養い(小腹満たし)〟」として存在していた箱寿司を刷新し、以降、大阪寿司における箱寿司の基本がこれに。元祖と呼ばれるものは、とかく〝昔風〟に感じたりもしますが、むしろいちばん洗練された印象を受けるのがこの店のお寿司。

船場きっての洒落者だった5代目の影響を受けているのが現当主の7代目・橋本卓児さん。寿司飯の洗練された味わいには「確かに、酢を立たせることには気を使っていますね」。粒の立った米、鼻を抜ける爽やかな酢の味わいは、こだわりのひと手間から生み出されていました。また、スフレのような玉子焼の秘密もすり身の配合にあるとか。地道な作業の繰り返しのなかでおいしさを追求する職人に感服します。

店舗情報

吉野鯗(よしのずし)
住所:大阪府大阪市中央区淡路町3-4-14 
電話:06-6231-7181 
営業時間:11時~14時 
休み:土曜・日曜・祝日 
※髙島屋大阪店、JR新大阪駅構内に支店あり。
※「箱寿司」は北海道・青森県・秋田県、沖縄県および離島以外に限り発送。ウェブサイト(http://www.yoshino-sushi.co.jp)もしくは電話にて注文を。

撮影/石井宏明 構成/藤田 優
※本記事は雑誌『和樂(2021年12・1月号)』の転載です。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

売り切れご免の餅菓子。大阪・菊壽堂義信「高麗餅」【美味しい!美しい!あんこ銘菓名店GP!】

和樂web編集部

学び舎に刻まれた記憶を次代へ。ザ・ホテル青龍 京都清水にしかない魅力とは

和樂web編集部

京都の人は実はパンが大好き! その理由を創業105年の「大正製パン所」で聞きました・前編【京都人の愛する「街のパン屋さん」1】

和樂web編集部

祇園祭の面影をひと箱に。鍵善良房「園の賑い」【秋めく京都の干菓子図鑑・弐】

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア