CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

一緒に泣いてほしいから…どこまでも悲しい、日本の「悲恋」特集

楽しい恋なんてない――。平安時代の和歌は、恋の苦しみや諦めを詠んだものがほとんどなんだとか。

あなたの恋も、思い返せば悲しいことの方が多かったのでは? 物語や歴史上の人物の悲恋を読みながら、一緒に涙を流す。そんな日があってもいいですよね、きっと。

記事はありません...

合わせてよまれています