日本文化の入り口マガジン和樂web
12月5日(日)
慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月3日(金)

慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)

読み物
Gourmet
2017.04.14

祇園散歩で疲れたら直行!京都老舗和菓子店が経営する隠れ家カフェ

この記事を書いた人

ZEN CAFE

都には昔ながらの喫茶店がたくさん残っていて、新しい店も次々に登場しているので、散策の合間の休憩に苦労することはありません。そんな中、祇園界隈でつい足が向いてしまうのが、「くずきり」で有名な老舗「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」がオープンしたこちらのカフェ。

祇園散歩で疲れたときに直行!京都老舗和菓子店が経営する隠れ家カフェ

四条通から祇園の南側へ少し下がり、ちょっと奥まった場所にある店は、大通りの喧騒が噓のように静かなことが第一のポイントです。店に入ると、大きなカウンターテーブルの奥にある坪庭が明るく、見るからに座り心地のよさそうなアンティークのイスが置かれたモダンな空間。テーブルがゆったりと配置された店内を見渡すと、だれもが思い思いに時を過ごしていて、おのずとこちらも安らぎを覚えます。

祇園散歩で疲れたときに直行!京都老舗和菓子店が経営する隠れ家カフェ

メニューには吉野葛(よしのくず)を使用した「くずもち」や季節の上生菓子が並んでいて、コーヒーとの相性もばっちり。コーヒーにそえられた和三盆の干菓子も愛嬌たっぷり。もうひとつうれしいことが、「鍵善良房」の干菓子ショップがすぐ隣にあること。季節の意匠をみずみずしく表した干菓子の数々は、お土産として喜ばれます。このカフェの魅力は、時間を気にせずのんびりくつろげること。そして、現代的な空間にいながら、さりげない和のもてなしのエッセンスを感じられるところです。

祇園散歩で疲れたときに直行!京都老舗和菓子店が経営する隠れ家カフェ

◆ZEN CAFE
住所 京都市東山区祇園町南側570-210 
公式サイト