Fashion&きもの

2023.08.14

意外となかった、男の黒の和装スタイル 【編集長の今日のNAVY】

『Oggi』『Precious』『MEN’S Precious』の編集長を歴任し「ファッション、特にNAVYカラーへの愛は誰にも負けない」と語る、鈴木深(すずき ふかし) 和樂web編集長。50代を迎えてからとりつかれたという、着物の魅力を語ります。

今日の和装のポイントは?

「和樂webに、もっと着物の記事を載せないとダメだよ!」

そんな鈴木深編集長の一言から始まったシリーズ【編集長の今日の着こなし】。編集長自ら、和樂webの新ジャンルを開拓しようという意気込みでスタートしました。

この記事を書いている人は、「まずは気軽にスナップ写真を載せよう」という編集長の言葉をちゃんと聞いていなかったのか、スナップという言葉が初耳だったのか。記念すべき第一回は、バチバチの宣材写真でのご登場です。

着物も帯も普段の洋装も、どこかにNAVYを着用することが多いのですが、今日の装いはあえての黒。「ありそうで意外と少ない“男の黒の和装”スタイルです。着物は米沢の紬(つむぎ)、帯は絹と和紙を織り込んだ西陣織の白でメリハリをつけました」とのこと。半襟の淡いブルーグレーが、“男の黒”というテーマの中にも、柔らかい雰囲気をもたらしていますね。

この装いで、ベロベロになるまで飲んだくれている、との情報あり。

次回はどんな装いで登場するのでしょう? お楽しみに!

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

何百回も「ペアリング?」と聞かれた指輪。気に入ったアイテムを長く身に着けるのが好き。阿部顕嵐が語る「あらん限りの歴史愛」vol.9

連載 阿部顕嵐

エスプリに満ちた「エルメス」のジュエルバッグ! サックビジュー「シェーヌ・ダンクル」【職人の手仕事バッグ】

和樂web編集部

Enjoy the fusion of Kyoto culture and Milanese spirit at the new Valextra shop in Gion

和樂web編集部

鉄のように強い意志を「藍」に込めて…【編集長の今日のNAVY】

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア