日本美術を気軽に買えるチャンス!?『七夕入札会』とは…?

日本美術を気軽に買えるチャンス!?『七夕入札会』とは…?

目次

和樂×加島美術
七夕入札会

好きな日本美術を買ってみたい!でもどこで買えばいいのかわからない…そんな方々にこそ参加してほしいのが、7月に開催される「七夕入札会」。日本美術を「気軽に」「安心して」買える、またとないチャンスです。

探す、買う、家に飾る…日本美術の新しい楽しみ方、始めてみませんか?

葛飾北斎に伊藤若冲、琳派に禅画に浮世絵に……今、世界は空前の日本美術ブーム。たくさんの人が、日本美術を観たり学んだりして楽しむようになりました。でも実は、もっともっと日本美術に親しみ、身近に味わえる方法があるのです。

それは、「日本美術を暮らしに取り入れる」こと。日本美術は美術館や博物館で観たり、画集を眺めたりするだけでなく、自分で好きな作品を購入して、自宅で楽しむこともできる――そう、日本美術は買えるんです。
スクリーンショット 2017-04-26 11.13.41
では、いったいどこで、どうやって買えばよいのでしょう? そんな声に応えるのが「七夕入札会」。日本美術を買いたい人と売りたい人を橋渡しするマッチングサービスです。開催者は、京橋の美術商「加島美術」と「和樂」。興味をもった人が気軽にアプローチできる場をつくります。

「美術品のオークションというと、一部の数寄者やコレクターの楽しみと思われがちです。が、そんなことはありません。好きな絵や書画を、自分が納得のいく価格で買うという、とてもシンプルな手段なのです」そう話すのは、「加島美術」の加島いちこさん。出品作品は下見会でじっくり見て選べるので安心です。「美術だからと身構えず、女性にも気軽に参加してほしいですね」
スクリーンショット 2017-04-26 11.26.52

下見会は7月20日から!
会場は京橋「加島美術」です

今回の入札会で「日本美術を買う」場合の流れを紹介しましょう。

[1]カタログ請求。電話かメールで出品作品が掲載されたカタログを請求。
[2]入札。7月上旬に届くカタログの専用FAX用紙かメールで希望の作品に入札。
[3]下見会。7月20日(木)~26日(水)。京橋「加島美術」に出品作品の一部を展示。展示していない作品も会場で観ることができます。入札締切は7月26日。
[4]開札。7月27日(木)に開札(非公開開札)。落札結果はホームページで公表。郵送またはメールにて連絡。

お問い合わせ

七夕入札会事務局(加島美術内)
アドレス/nyusatsu@kashima-arts.co.jp

2017年和樂6・7月号発売中!

スクリーンショット 2017-04-25 15.18.32
和樂6・7月号では、日本美術を愛し、自宅に飾っている方々を訪問し「日本美術」のある暮らしの自由な楽しみ方をご紹介しています!

ご購入はこちらから!

日本美術を気軽に買えるチャンス!?『七夕入札会』とは…?
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする