坂東玉三郎

 

坂東玉三郎に関する読み物

全2件、1-10件を表示中
茶の間ラボ
猫の日にゲットしたい! 坂東玉三郎さんプロデュースの招き猫「たま」

和樂はこれまで、伝統的な工芸である江戸木目込人形の職人技に、西洋のファブリックを融合させて、新しい時代の招き猫をプロデュースしてきました。江戸木目込人形の名店「柿沼人形」の職人集団の手でつくられる招き猫は、その仕上がりの美しさで好評を博しています。今回は、女形歌舞伎俳優・坂東玉三郎さんの審美眼で選んだ、品質のよい丹後ちりめんを使って、とっておきの招き猫をプロデュースしました! 丹後ちりめんでつくる最上級の招き猫「たま」 江戸時代中期に丹後で生産が始まった美しい絹織物、丹後ちりめん。折しも、2017年は「300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊」が、日本遺産に認定されました。さて、玉三郎さんは […]

茶の間ラボ
坂東玉三郎さんプロデュース!丹後ちりめんの風呂敷!

丹後ちりめんの美しさを楽しむ「玉三郎好み」プロジェクト。美意識が高く色彩感覚に長けた坂東玉三郎さんが監修した縮緬(ちりめん)の風呂敷が、とても素敵に仕上がりました。 正絹に縮緬に玉三郎さんの定紋をあしらい、上品な風呂敷に。 風呂敷をつくるために、今回、玉三郎さんが選んでくださったのは、絹100%でシボの立った丹後ちりめん。重みがあり、格調高く、上質感のある生地です。鬼シボの丹後ちりめんのよさは、シワになりにくくまた結んでもシワが戻りやすいのが特徴です。まさに風呂敷にもぴったりの素材なのです。 色は優しい空色に染めて、玉三郎さんの定紋(じょうもん)である花勝見(はなかつみ)を大胆にデザインしてみ […]

全2件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介