Travel

2024.01.17

藩主も湯治に訪れた、雪見の秘湯へ。「鶴の湯温泉」【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第10回は「鶴の湯温泉」をお送りします。

シリーズ一覧はこちら

これが温泉好きに大人気の混浴露天風呂。

秋田県・乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」
雪見の湯に心奪われる、秘湯の宿

冬の温泉旅で憧れるのは、なんといっても〝雪見の露天風呂〟。その夢をかなえてくれる宿が、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)の「鶴の湯温泉」です。
写真の露天風呂は混浴ですが、乳白色の湯と湯気が隠してくれるので、人の視線を気にすることもなく、安心して名湯が楽しめます。また、男女別の露天風呂「中の湯」と行き来できるのも魅力的。ほかに内湯の「白湯(しろゆ)」「黒湯」など4種類の源泉が楽しめます。
昔ながらの建物を活用した多様な客室のうち、最も人気があるのが茅葺(かやぶ)きの「本陣」。この名は、かつての藩主・佐竹公が湯治(とうじ)に訪れたことの名残。
温泉も、客室はもとより、地元の名物がそろった料理や素朴なもてなしなど、そこかしこに昔懐かしい趣に満ちあふた湯宿を訪れると、極上の安らぎを感じられることは請け合いです。

左/宿の名物料理「山の芋鍋」。山里の美味尽くしの食事で体の芯までホッコリ。右/「本陣」の客室。囲炉裏がある古きよき暮らしを体験できる。

【湯宿DATA】

鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50 
電話:0187-46-2139
宿泊料金:2名1室利用時1名¥10,600(税込)~(1泊2食付)※冬期間(大体10月~5月)は暖房費1部屋別途1,320円。
アクセス:羽後交通バス乳頭線「アルパこまくさ」バス停より無料送迎バスあり。
公式サイト:http://www.tsurunoyu.com/

撮影/佐藤敏和 構成/山本毅
※本記事は雑誌『和樂(2023年2・3月号)』の転載です。
※表示の宿泊料金は税金・サービス料込みの金額です。別途入湯税や、入浴料などがかかる場合があります。また、連休や年末年始など、特別料金が設定されている場合もあります。
※お出かけの際には宿のホームページなどで最新情報をご確認ください。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

Enjoy a tour of Nanzenji Temple in Kyoto in 3 hours! Recommended route with beautiful maple trees

和樂web編集部

変わらないことが進化、生きた建物を日々慈みながら。「向瀧」その2【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

和樂web編集部

東京藝大の仏像の見方がスゴイ! 「おとなの古美研」マニアックな仏像尽くしの2日間

磯貝晴子

『和樂』2023年6・7月号 お詫びと訂正

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア