日本文化の入り口マガジン和樂web
8月2日(月)
安居なきにあらず、我に安心なきなり。(墨子)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
8月2日(月)

安居なきにあらず、我に安心なきなり。(墨子)

読み物
Art
2020.12.14

漢字クイズ『隠密』って何て読む?人気女優の結婚で話題の言葉に!

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

時代劇を見ていると、よく悪代官と出入りの越後屋がひそひそと話をしているシーンがあり、聞いたことがある人も多いと思います。

『なにとぞ、隠密に』

「おぬしもわるよのぅ」のシーンだ! 隠密? 何て読むんだろう?

クイズの答えは『おんみつ』でした。
(『いんみつ』と読むこともあります)

人に気づかれないように、物事を隠して行うという意味で使われます。戦国時代から江戸時代にかけては、隠密を命じられていたのが忍者でした。現代で言えば諜報活動を行うスパイと言えます。

昨日、ニュースで飛び交った人気女優と人気俳優の結婚。

いやーびっくりしましたが、おふたりとも好きだったので心からおめでたい!

『隠密愛』と書かれている記事を見て、悪いことをしているわけではないのに、なんだか気の毒になりました。

たしかに。じっくり愛を育んだ、とか別の言い方のほうが的確なのかな?

『隠密』には実は深い意味が

『隠密』って言葉を聞くと、怪しい雰囲気が漂いますよね。でも由来は、仏教用語なんです!

え、仏教なの?

『真理』というのは、深い悟りの中で知るもので、簡単に言葉で伝えられるものではない。心で通じるものであり、以心伝心、すなわち言葉で言い表せない世界が隠密ということなのだとか。

そう考えると、話題となった人気カップルの結婚にも「お似合い」という人もいれば、「意外!」という人もありました。結局、恋愛とは本人たちにしかわからない世界。すなわち隠密と言えるのかもしれません。そういえば、結婚したばかりのカップルを『蜜月カップル』ともいいますし、男と女の関係は、いつの時代も『密』であり『蜜』なのですね。やはり今年の流行語は『密です!』ということで。お後がよろしいようで!

パチパチパチパチ!

▼続けて漢字クイズに挑戦!「糟糠」読めますか?
クイズ!「糟糠」なんて読む?こんなパートナーが欲しい!と思っちゃう故事も紹介

この記事に合いの手する人

我の名は、ミステリアス鳩仮面である。1988年4月生まれ、埼玉出身。叔父は鳩界で一世を風靡したピジョン・ザ・グレート。憧れの存在はイトーヨーカドーの鳩。