白方 はるかの読み物

全56件、1-10件を表示中
旅と食
設計は隈研吾!ここは泊まれる美術館?大阪観光の最先端「ホテルロイヤルクラシック大阪」完全ガイド【PR】

2019年のラグビーワールドカップに続き2025年には大阪・関西万博など、ますます盛り上がりを見せる関西。関西を代表する観光地のひとつ・大阪なんばの街に、新たなランドマーク「ホテルロイヤルクラシック大阪」が誕生しました。設計は日本を代表する建築家・隈研吾さん。さらに、館内には国内外のアーティストによる美術作品約100点が所蔵・展示されています。建築・アート好きにとってはたまらないこの新名所の見どころを、徹底解説します。 なんばの街と旧新歌舞伎座 大阪の二大繁華街の一つ、ミナミにあるなんばエリア。JR「難波駅」や大阪メトロ各線、南海線「なんば駅」の周辺一帯を指します。江戸時代、このあたりにあった […]

旅と食
なんばでビュッフェ食べるならここ!新名所「ホテルロイヤルクラシック大阪」のランチ&ディナー【PR】

多彩な料理をいっぺんに味わう満足感と、華やかな空間で団欒する特別感。ホテルのビュッフェは、普段の食事とはひと味もふた味も違う、幸せなひとときを約束してくれます。ご紹介するのは、大阪なんばの街にオープンした「ホテルロイヤルクラシック大阪」の至極のビュッフェです。 建築もアートも見逃せない、ホテルロイヤルクラシック大阪 2019年12月1日にオープンしたホテルロイヤルクラシック大阪。先進的な建築設計と世界が注目するアートの数々が織りなす、革新的なホテルです。 この場所には、約50年に渡って地元の人たちに愛されてきた「旧新歌舞伎座」がありました。ホテルロイヤルクラシック大阪は、なんばの顔でもあった旧 […]

旅と食
熱いぞ、埼玉文化座談会!実は全国2位のうどん県?えっ北辰テストって他県にないの?

映画『翔んで埼玉』が大ヒット! 行田市の「埼玉古墳群」が国の特別史跡に指定! 2021年大河ドラマの題材に渋沢栄一(埼玉出身)が抜擢! 2019年はめずらしく(?)埼玉県が注目を集める1年となりました。そこで今回は、埼玉にゆかりのある和樂webライターのみなさんと一緒に、食や観光スポット、あるあるネタまで、埼玉の文化を語りつくします! ▼左から、ニシさん・とま子・chiakiさん・山見さん・富江さんの5名+私白方でお届けします。 ニシさん: 東京都出身。さいたま市西区育ち。現在は都内在住。 とま子: 埼玉県北本市出身、北本育ち。現在はさいたま市浦和区在住。今回のメンバーで唯一のストレートな埼玉 […]

旅と食
発売5分で売切!精米歩合非公開の日本酒「鷹ノ目」込められた想いが熱すぎるッ!

初めて飲んだ日本酒の味、覚えていますか? 妙にアルコール臭かったり、ビールのようにガブガブ飲んで、べろべろに酔っ払ったり…あまり良い思い出がない人も、いるんじゃないでしょうか。しかし! 本当においしい日本酒は、飲んだ瞬間に見ていた景色がカラフルになるような興奮と感動をもたらしてくれるのです。あらゆる人にとっての「日本酒との出会い」を変える、衝撃の日本酒と、それを生み出した革命児をご紹介しましょう。 あっというまに完売!注目の日本酒「鷹ノ目」 2019年10月16日(水)に発売された日本酒「鷹ノ目(ホークアイ)」。販売開始わずか5分でその日の分は売り切れ! 翌販売分も開始7分で完売と […]

芸能と文化
枯山水って何?読めば見方がガラッと変わる!日本庭園の基礎知識

日本庭園の形式のひとつ「枯山水(かれさんすい)」とは? 代表的な庭や石の種類、歴史などくわしく解説します。 枯山水、その意味は? 川や池などの水を使わず、石組を中心に構成された庭を「枯山水」と呼びます。庭園の種類の中でも、最も古い形式のひとつです。 あの世とこの世をつなぐ庭 枯山水は、死後の世界とも関わりが深く、例えば、枯山水を代表する名庭園の西芳寺や龍安寺を見てみると、どちらも背後の山には古墳群があり、石組には古墳の墓石を使っています。 また、作庭家の夢窓疎石は山を利用した上下2段構成の庭の上を天国に見立てて、仏教の宇宙像である「須弥山(しゅみせん)世界」を造ろうとしました。 庭に天国を造る […]

旅と食
超巨大梨や濃厚ピーナツバターに釣られて農業イベントに参加したら思いがけない発見があった

テレビもインターネットも、なんだか息苦しい。最近よく感じるこの閉塞感。この正体はなんだろう? 2019年10月28日、友人の誘いで参加したトークイベント「農業を変えナイト!」そこで耳にした議論は、農業だけが直面している問題とは言い難く、私たちの日常を取り巻く悩みと重なりあうものだった。 なぜ私が農業イベントに? そもそも、私は農業について詳しくない。どちらかというと無関心なほうだ。なぜこのイベントに参加したかといえば「なかなか手に入らない果物やハーブを食べながら農業について学べるぞ!」と誘われたからである。 会場は渋谷の東京カルチャーカルチャー。広いホールが70以上の観客でにぎわっている。テー […]

芸能と文化
なぜ傘は進化しないのか? 傘の歴史4000年を遡って考察してみた!

雨が降るたびに思います。手を使わず靴がびしょ濡れにならない傘がほしい! 電話は短い年月で飛躍的な進化をしたのに、なぜ傘は進化しないの? 調べてみると、なんと約4000年前に生まれてから形状に大きな変化がありません! なかなか進化しない理由を考察するべく、傘の歴史を辿ってみました。 傘の歴史を辿ってみる 古代の傘は開きっぱなしだった 傘が最初に登場したのは約4000年前。古代エジプトやギリシャ、ペルシャなどの彫刻画や壁画に描かれています。この頃の傘は棒に天蓋(てんがい)のように布が張られたもので、現在のように開閉できませんでした。開閉式の傘は、13世紀頃、イタリアで作られたといわれています。 雨 […]

旅と食
まりもよまりも、どうしてそんなに丸いのか?学芸員に聞いたら衝撃の事実が発覚した!

まりもよ、まりも。あぁ〜まりも。北海道釧路市、阿寒湖の取材にやってきた和樂web編集部・白方ですが、行く先々で耳にする毬藻(まりも)の情報に心奪われ、急遽まりもの学芸員を取材を! 釧路市教育委員会マリモ研究室で学芸員としてまりもの研究をされている尾山洋一さんに、阿寒湖のまりもが丸く大きくなる秘密について、詳しく伺いました。 「100年で1cmしか成長しない」は嘘 ―― 阿寒湖には6億5000万個のまりもが生育していると伺いましたが、阿寒湖全体に生育しているんですか? 学芸員: いえ。主に湖の北部に群生しています。まりもの保護のため、そのエリア一帯は、立ち入り禁止となっています。 ―― 阿寒湖の […]

旅と食
世界でここだけ!阿寒湖に丸いまりもが6億5000万個もいるのはなぜ?学芸員に聞いてみた

ほわ〜んと水の中に漂う緑色の球体「毬藻(まりも)」。北海道土産で、水族館で、一度は目にしたことがある人も多いのではないでしょうか? 北海道釧路市、阿寒摩周国立公園内にある阿寒湖。この神秘的な湖に生育するのが、国の特別天然記念物に指定されている「毬藻(まりも)」です。 阿寒湖の取材にやってきた和樂web編集部・白方ですが、行く先々で耳にするまりもの情報に心奪われ、急遽まりもの学芸員を取材! 釧路市教育委員会マリモ研究室でまりもの研究をされている尾山洋一さんに、まりもにまつわる疑問をぶつけてみました。 アイヌの人たちはまりもを何と呼んでいた? ―― まりもって、藻(も)の一種なんですか? 学芸員: […]

芸能と文化
お札の肖像画、初代は女性!誰が描かれたか知ってる? 日本紙幣の歴史を辿ってみた

2024年に刷新される日本紙幣(日本銀行券)。一万円札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎の肖像が採用されることで話題となりました。そういえば「お札=肖像画」のイメージがありますが、お札に肖像画が描かれるようになったのは、いつ頃から…? そんな素朴な疑問を発端に、意外と知らないお札の歴史を辿ってみました。 縦長だ! お札のはじまりは三重県から 時代は江戸よりちょっと前に遡ります。関ヶ原の戦いが起こった1600年頃、現在の三重県伊勢を拠点にしていた商人の間で、最初のお札とされる「山田羽書(やまだはがき)」が流通しました。貨幣の代わりに金額を紙に書き、預かり手形として発行 […]

全56件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介