日本文化の入り口マガジン和樂web
9月22日(水)
元始、女性は太陽であった(平塚らいてう)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月22日(水)

元始、女性は太陽であった(平塚らいてう)

読み物
Art
2020.12.25

YouTubeで無料配信中!浮世絵のあの名作の見方が変わる?コバチュウ先生の『週刊 ニッポンの浮世絵100 』文化講演会

この記事を書いた人

浮世絵は世界最高のポップ・アートだ! コバチュウ先生の愛称で親しまれている日本美術史家・小林忠先生。小学館が発行するウイークリーブック『週刊 ニッポンの浮世絵100』の創刊を記念し、浮世絵にまつわる文化講演会をオンラインで開催しました。その様子を、2020年12月25日(水)からYouTubeで無料配信! 「喜多川歌麿は西洋の美人像に影響を受けた?」「葛飾北斎の波はなぜ世界中の人々を魅了するの?」「コバチュウ先生が一番好きな歌川国芳の作品は?」……などなど、誰もが知る浮世絵の名絵師や名作の、意外と知られていない魅力や楽しみ方が詰まった講演会です。これがいつでもどこでもYouTubeで見られるなんて、贅沢だ……!

※アイキャッチ画像:喜多川歌麿「歌撰恋之部 物思恋」

『週刊 ニッポンの浮世絵100』とは?

『週刊 ニッポンの浮世絵100』は、小林忠先生監修のウイークリーブックです。全30巻にわたり、浮世絵師や浮世絵ミステリーを紹介。浮世絵師50人+名作50=100をメインに、合計1500作品以上の魅力を堪能できます。

浮世絵というと、「昔のもの」「日本美術に詳しくない自分には関係のないもの」、そのようなイメージを持つ方もいるかもしれません。『週刊 ニッポンの浮世絵100』の誌面は、そんな浮世絵初心者でも楽しめるポップでわかりやすいビジュアルになっています。

■小学館ウイークリーブック『週刊ニッポンの浮世絵100』
毎週木曜日、続々刊行中! 詳しくはこちら

コバチュウ先生の文化講演会

小林忠先生が語る浮世絵の世界は、これまでの常識を覆します。浮世絵好きも浮世絵初心者も必見! コロナ禍でリアルな講演会がなかなか開催されない今、オンラインで浮世絵の本当のスゴさを解説。約36分にわたる講演会です。トップ画像に設定している喜多川歌麿の名作「歌撰恋之部 物思恋」の魅力も語られています。

YouTube「小学館チャンネル」で無料配信中

YouTube「小学館チャンネル」はこちら

「週刊 ニッポンの浮世絵100 創刊記念文化講演会ニッポンの浮世絵~世界最高のポップ・アートの魅力~」

配信期間:2020年12月25日(水)11:00〜
企画制作:小学館
主催:小学館・公益財団法人一ツ橋綜合財団

小林忠先生プロフィール

日本美術史家、学習院大学名誉教授、国際浮世絵学会会長、「國華」主幹、岡田美術館館長。雑誌『和樂』で「教えてコバチュウ先生!日本美術入門三千字講座」を連載中。近著に『教えてコバチュウ先生! 浮世絵超入門』、『教えてコバチュウ先生! 琳派超入門』(ともに小学館刊)がある。『週刊 ニッポンの浮世絵100』監修者。

小林忠先生。講演会の様子