日本文化の入り口マガジン和樂web
6月22日(火)
人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。(岡本太郎)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月22日(火)

人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。(岡本太郎)

読み物
Craft
2019.10.21

瓶入りドリンクにおしゃれな栓抜きはいかが?生活に彩りを添える〈Lue×Holzのボトルオープナー〉

この記事を書いた人

昔からなんとなく、瓶入りのドリンクに心惹かれる。(どうして瓶で飲むと、缶やペットボトルより美味しく感じるんだろう?)と、子どものころは不思議に感じていた。

いまでも旅先でご当地の瓶ジュースを見かけるとつい買ってしまう。そのついでにと栓抜きも物色する。土産屋には掘り出し物が眠っていることが多いからだ。当然の結果として、家には10種類以上も栓抜きがある。どう考えても多すぎる。さすがに自重しなければと反省している今日この頃だ。

先日、民藝店で買い物をしているとき、あるボトルオープナーが目に留まった。なにげなく持ち上げる。ずっしりと重いそれは、まるで昔からの愛用品のように手に馴染んでくれた。

ムラムラと物欲が沸き起こる。すでにたくさん所有しているという事実は、その佇まいの前にはほとんど無力だった。

……紙袋を片手に、嬉しい気持ちで帰り道を歩く。ただ嬉しいだけではなく、(また、出会うことができた)という安堵感もあった。

高度な技術と美意識の結晶

このオープナーは金属工房〈Lue〉と家具屋〈Holz〉との共同作品で、前者が真鍮部を、後者が木部を担当している。金属のプロと木材のプロが交わることで、極めて完成度の高い仕上がりを実現させた。

Lue:岡山県瀬戸内市に拠点を構える金属工房。主に真鍮を加工した雑貨やカトラリー、アクセサリーなどを展開している。

Holz:岩手県盛岡市に店舗を構える家具屋。国内外のインテリアや家具のほか、オリジナルプロダクトなども多数取り扱っている。

とにかく、真鍮のフォルムが美しい。雨粒のようにも彗星のようにも見えるその曲線は、ずっと眺めていても飽きることがない。あなたにはどう見えるだろうか?

真鍮は空気に触れることで表面が酸化し、徐々に表情を変えていく素材だ。こまめに手入れをして光沢を楽しむのも良し。味わい深い経年変化を楽しむもまた良しだ。

木部には高級材のチークを使用。耐久性に優れた素材で、家具や船舶、建築物などの用材として古くから珍重されている。水に強く腐りにくいという性質を持つため、水回りでも安心して利用できるのが嬉しい。レジャーやアウトドアの際にも活躍しそうだ。

ウォールナット、マホガニーと共に世界三大銘木に数えられるチーク。その端正な質感が、このボトルオープナーに特別な存在感をもたらしている。

便利なものだけが道具ではない

栓抜き部の形状がやや特殊なため、慣れないうちは開栓に手間取るかもしれない。その分、スマートに開けられるようになったときの満足感は大きい。物を持つことの喜び、道具を使うことの楽しさを再確認させてくれる。

ひとつの機能しかない道具だからこそ、その佇まいは純粋で美しい。

個人的には、その不便さがこの作品の魅力だと思う。道具は生活を便利にするために作られるが、それはあくまで役割のひとつ。生活に彩りを添え、豊かにすることも道具の役目なのだ。

どちらも暮らしに欠かせないが、僕は後者のような道具にひどく惹かれる。嗜好品と一緒に使うものだから、なおさらそう感じるのかもしれない。

箔押しが目を引くパッケージのデザインもHolzが担当。シンプルながら特別感があり、大切な方へのプレゼントにも好適だ。

良い相棒と出会えることの喜び

このオープナーを買い求めるときは、店舗まで足を運ぶことを推奨する。チークは個体差が出やすい木材だからだ。僕は4本を見比べながら選んだが、ひとつひとつ表情が異なっていて非常に悩ましかった。もっとも、こういう悩みであればいつでも歓迎ではあるが。

良い相棒になってくれそうかどうか、ぜひその手で確かめてみてほしい。

改めて、このオープナーを手に取る。存在感のある重さが心地いい。それがずっと愛用できるものだと肌が教えてくれる。そして、(出会うことができた)と再び安堵する。

僕の残りの人生で、あと何回そんな出会いがあるのだろうか? そういうことを考えるとますます手放し難く感じてしまう。

秋が深まり、夜もずいぶんと長くなった。仕事が終わった後、音楽を聴きながらゆっくりと晩酌するのが近頃の楽しみとなっている。

「便利な道具は生活を楽にしてくれる。そして、美しい道具は生活に彩りを添えてくれる」

そんなことを考えながら飲むお酒は本当に美味しく、あっという間に夜は更けていくのであった。

……栓を空けるのが楽しくなって、酒屋に行くたびについ瓶ビールを買い求めてしまう。当然の結果として、冷蔵庫にはぎっしりとビールが並んでいる。さすがに自重しなければと反省している今日この頃だ。

今回ご紹介した雑貨はこちら

Lue×Holz ボトルオープナー

サイズ:約130mm✕25mm✕11mm
価格:4,000円(税抜)
Lue:Webサイト
Holz:Webサイト

書いた人

日用品愛好家。趣味は物件探しと町歩きです。宵越しの銭は持たない性格で、友人から「江戸時代に生まれていたら、さぞかし粋だっただろうね」とよく嫌味を言われます。