日本文化の入り口マガジン和樂web
10月26日(火)
人が通ったところに道ができる。(カフカ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
10月25日(月)

人が通ったところに道ができる。(カフカ)

読み物
Craft
2019.10.23

まるでジュエリー!宝石やガラスを使った筆記具に出会える「煌めきのペンフェア」11/8開催

この記事を書いた人

ルビーやサファイアのあしらわれたジュエリーのようなペンの数々が2019年11/8(金)~10(日)の3日間限定で、銀座 蔦屋書店「煌めきのペンフェア」に集まります!

世界初!ルビーやサファイアをあしらったペンも登場!

東京ではこの機会しか直接購入できない入手困難な筆記具ブランド、秋田県の秋田研磨工業の「KEMMA」と北海道ニセコの川⻄硝子の新色のガラスペンも、イベントに登場。秋田研磨工業の「KEMMA」は万年筆史上初めて、人工ルビーやサファイアガラスといった宝石をあしらった特別な万年筆を制作したメーカー。ペン先からキャップまでの全部の部品を秋田県内で製造した高級万年筆です。

川⻄硝子からは「新色ガラスペン」が初お披露目。美しさと実用性を兼ね備える川⻄硝子のガラスペン。ペン先の溝について、8~10本が一般的なところ、川⻄硝子は12本の溝が均等に刻まれていることでインクの吸い上げを良くしており、約500文字程度もの文字を書くことができます。ガラスペンのイメージを覆すスムーズな書き味が楽しめるのも川⻄硝子の特徴です。

オリジナルインクを作るワークショップも開催

イベント期間中はオリジナルインクを作るワークショップも開催。インクの混色方法は京都の染色文化から生まれた独自の方法を使ったもの。混色の基礎を楽しみながら学ぶことができます。

万年筆やガラスペン、カリグラフィーなどに使えるボトルインク1本(15ml)をお持ち帰り!

デジタルデバイスが発達し、筆記具を使うことが少なくなってきている昨今。ペンの存在意義は「書く」という機能だけに集約されるものではありません。多彩なデザイン、スタイルの美しさ、またペンにより書き味も文字の表現も変わり、その表情の豊かさはデジタルでは表現できない魅力にあふれています。アナログなペンならではの魅力に触れられる貴重な機会、足を運んでみてはいかがでしょう。

煌めきのペンフェア イベント概要

会期:11月8日(金)~11月10日(日)
時間:10:00~22:30(営業時間)
場所: 銀座 蔦屋書店 文具売場
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
ホームページ:https://store.tsite.jp/ginza/
※入場無料
※商品は無くなり次第終了となります。

参加ブランド

秋田研磨工業:http://www.yutopia.or.jp/~kenma/Products.html
川西硝子:http://www.kawanishiglass.com/
TAG STATIONERY:http://www.tagstationery.kyoto/

ワークショップ概要

開催日時:11月10日(日)13時~/15時~/17時~ 3回 開催予定
参加人数:1回の開催に最大2名
参加費:2,500円 
お申込み:店頭、もしくは電話でお申込みください。(03-3575-7755) ※先着順