INTOJAPAN

MENU

ART

若冲、国芳、さらに芦雪…「奇想の系譜展」は見どころ多すぎ注意!

江戸のとんでもなくアバンギャルドな奇想の絵師たちが、東京都美術館に集結します! 題して、江戸絵画ミラクルワールド「奇想の系譜展」。会期は2019年2月9日から4月7日まで。美術ファンにとって、これは見逃せません!!

「奇想の系譜」すべてはこの一冊からはじまった!

今から半世紀近く前、1970年に書かれた美術史家・辻惟雄(つじのぶお)氏の著書「奇想の系譜」。そこに紹介されていたのは、それまで書籍や展覧会でまとまって紹介されたことのなかった、日本美術史の常識を打ち破る絵画の数々。意表を突く、自由で斬新な発想で、非日常の世界に誘ってくれる作品がいくつもありました。

若冲、国芳、さらに芦雪…「奇想の系譜展」は見どころ多すぎ注意!歌川国芳「宮本武蔵の鯨退治」大判錦絵三枚続 弘化4(1847)年ごろ 個人蔵

その作者は、伊藤若冲、歌川国芳、長沢芦雪、岩佐又兵衛、曾我蕭白、狩野山雪という6人の絵師たち。かつては江戸絵画史の傍流とされてきた彼らも、この本で紹介された“革新”によって俄然注目され、近年の「若冲ブーム」「江戸絵画ブーム」に繋がり、今や熱狂的ともいえる人気を集めています。

見どころ満載! 江戸のアバンギャルドが一挙集結

2019年大注目の「奇想の系譜展」は、あの「若冲展」が行われて話題になった東京都美術館で開催。奇想の系譜で紹介された6人の絵師に、鈴木其一、白隠を加えた8人の作品が展示されます。また、若冲の「梔子(くちなし)雄鶏図」「鶏図押絵貼屏風」など、新発見や初公開の作品も多数出品。

若冲、国芳、さらに芦雪…「奇想の系譜展」は見どころ多すぎ注意!伊藤若冲「鶏図押絵貼屏風」個人蔵

さらにプライス・コレクションをはじめ、海外からも多数出品され、鈴木其一の「百長百獣図」は初の里帰りを果たします。

若冲、国芳、さらに芦雪…「奇想の系譜展」は見どころ多すぎ注意!鈴木其一「百鳥百獣図」絹本着色 双幅 各138.0×70.7㎝ 天保14(1843)年 キャサリン&トーマス・エドソンコレクション

初めての人にも、江戸絵画ファンにも楽しめる、今年一番の人気を集めるにちがいない魅力的な展覧会。必見です。

「奇想の系譜展」

会期 2019年2月9日〜4月7日
会場 東京都美術館
公式サイト

最新の記事