INTOJAPAN

MENU

ART

琳派や若冲、円山応挙が買える!? 京都の古美術商おすすめ3軒

尾形光琳、俵屋宗達をはじめとする琳派や、京都画壇の巨匠・円山応挙の作品…。江戸時代の絵画は、日本美術史のなかでも極めて美しく、今もなお多くの人を魅了する作品で溢れています。現代では、美術館や博物館など展覧会で鑑賞するのが一般的。ですが、これらの作品が描かれた当時は、お城やお寺、茶室の床の間などを装飾するためのものでした。

以前、【500円のワゴン販売も! 浮世絵を買うなら世界最大の古書店街・神保町へ】という記事で浮世絵を購入できる古書店をご紹介した際、「浮世絵って買えるんだ!」「安さにびっくり」などなど、驚きの声がありました。実は、浮世絵だけではなく、なんと光琳や応挙などの江戸絵画だって購入できるのです!

尾形光琳も俵屋宗達も、江戸絵画は京都で買える!

琳派や若冲、円山応挙が買える!? 京都の古美術商おすすめ3軒

左から俵屋宗達「春日野図」、尾形光琳「梅図」、酒井抱一「日課観音図 六月朔日」。3作品とも、江戸絵画を代表する絵師たちの作品です。光琳の代表作、国宝「紅白梅図屏風」は、静岡・熱海にあるMOA美術館で2019年3月12日まで公開中。日本美術を代表する名作の美しさを、目の当たりにしたという方も多いのではないでしょうか。

そんな光琳の作品をはじめ、展覧会に出品されるような絵師たちの作品が、実は購入できるって知ってますか? 日本美術は美術館だけではなく、自宅でも楽しむことができるんです!

江戸絵画を京都で買うがオススメの理由は…?

近代以前の京都では、今よりもっと絵の需要がありました。公家や武家、商家の床には必ず絵が掛けられ、それも季節や月ごとに掛け替えられていたのです。長く都であった素地をもつこの地に、今も江戸時代の絵画を商う一流の古美術店が存在するのは、当然といえます。本場、古都の古美術商の品揃えは天下一品。江戸時代の絵画を買うなら、断然京都なのです!

今回は、美術初心者でも入りやすいお店から稀少な作品を扱うお店まで、京都でおすすめの古美術商3軒をご紹介します。

京都の古美術商オススメ3軒

美術初心者さんも入りやすい「新古美術わたなべ」

まずは気軽にひとつ……と、買う絵画の楽しさを教えてくれるのが「新古美術わたなべ」。町家のなかで、江戸時代の書や絵画、屏風などを間近で見ることができます。

琳派や若冲、円山応挙が買える!? 京都の古美術商おすすめ3軒

玄関を入ると、古画や近世日本画の掛け物がズラリ。お手ごろ価格のものから美術館クラスのものまで、顧客のニーズに寄り添った、気の利いた秀作が揃っています。「新規の方が入りやすいように心がけています」と主人の渡邊武史さん。年に2回発行しているカタログ「墨彩」でも、魅力的な作品を販売しています。

琳派や若冲、円山応挙が買える!? 京都の古美術商おすすめ3軒江戸時代にはやった南画の著名画家である池大雅の「田園山水図」。やわらかい線や点の描写で、ホッとする田園世界が描かれている。

◆新古美術わたなべ(しんこびじゅつわたなべ)
住所 京都市東山区新門前通花見小路南西角中之町236-7
TEL 075-532-1231
公式サイト

京都古美術界の雄で、学術出版も手がける「思文閣」

「思文閣」は、美術館や博物館をはじめ、約1万人の美術・古書の愛好家・研究者を顧客にもつ古美術商です。もともとは、書物を出版したり販売したりする「書肆(しょし)」として創業。今も人文芸術系の出版を手がける出版部門をもち、古典籍の取り扱いに定評があります。

琳派や若冲、円山応挙が買える!? 京都の古美術商おすすめ3軒

優れた江戸時代絵画のほか、奈良時代の古写経や室町時代の絵巻物、浮世絵から現代美術まで、あらゆる分野の“価値ある作品”を取り扱い中。年に数回開催している非公開入札方式の「思文閣大入札会」は、どんな人でも参加可能。お値打ちの日本美術作品が買えると評判です!

琳派や若冲、円山応挙が買える!? 京都の古美術商おすすめ3軒南画・文人画で知られる与謝蕪村の禅画「寒山拾得」は、禅僧である寒山がもつ巻子と拾得がもつ箒で、画題を表した、しゃれた掛け物。

◆思文閣(しぶんかく)
住所 京都市東山区古門前通大和大路東入元町355
TEL 075-531-0001
公式サイト

美術館関係者も訪れる江戸絵画専門店「松本松栄堂」

創業103年の老舗古美術商「松本松栄堂」。思文閣がオールラウンダーだとしたら、「松本松栄堂」は日本美術の古書画に特化した専門店です。

琳派や若冲、円山応挙が買える!? 京都の古美術商おすすめ3軒

美術館の展覧会に多くの作品を出品するなど、その実力は折り紙付き。狩野派から琳派、池大雅・与謝蕪村らによる南画、円山応挙たちのほか、力はあるのに知られてこなかった江戸時代の地方画家の作品も、内容重視で扱っています。

琳派や若冲、円山応挙が買える!? 京都の古美術商おすすめ3軒鳥居清長の肉筆浮世絵「海辺楼上遊宴図」。天明期に描かれた肉筆画は稀少で、本作は重要な美術品。

江戸絵画の優品のほか、白隠や良寛などの禅機図や書、調度としての掛け物など、質の高い作品も。古裂の在庫も多く、表具の相談にものってくれます。

◆松本松栄堂(まつもとしょうえいどう)
住所 京都府京都市中京区寺町通り夷川上る藤木町23
TEL 075-212-0626
公式サイト

※価格はお店にお問い合わせください。
※掲載した商品はすべて一点もののため、売り切れの場合もあります。

最新の記事