水鳥 るみの読み物

全8件、1-10件を表示中
旅と食
たった一度しか使われない「花嫁のれん」とは?加賀藩の婚礼文化の歴史を、石川県七尾市で探る

誰かと一緒に人生を歩むという決断には、少なからぬ覚悟が伴うものです。相手をどんなに愛していても、いいときも悪いときも寄り添うのは、簡単なことではありません。 さらには、その決断を見守る両親にも、別の意味での覚悟が求められます。子供が結婚すると聞けば嬉しい半面、ふと寂しい気持ちに襲われることもあるでしょう。結婚の知らせは親にとって、子離れのときを知らせる合図でもあるからです。 人生の節目に、様々な思いを抱え、それぞれの覚悟を迫られている人にこそ、この「花嫁のれん」を見ていただきたいと思います。なぜならこれは、「覚悟ののれん」と呼ばれているからです。その理由を、石川県七尾市で探ってきました。 花嫁 […]

芸能と文化
東京「小石川後楽園」鑑賞のコツとは?庭園研究歴30年以上の教授に聞く

日常にちょっと疲れたとき、あるいはモヤモヤした気持ちを抱えたとき、私はよく日本庭園を訪ねます。都心にいても、ひとたび門をくぐれば、そこは別世界。コケや、松や、池を眺めるうちに、ときどきハッと目を奪われる風景に出会うことがあります。岩の隙間を流れる水が、自分の小さな悩みを、洗い流してくれる気がします。そうして、色々な庭園に足を運ぶ度に、「庭園ごとの違いや、その楽しみ方をもっと具体的に知りたい」という欲も出てきます。 しかし、ここからが難しい! 日本庭園には、人の心を動かす何か特別な「仕掛け」がある。そのこと自体は分かっても、実際にどういう仕掛けなのか、今ひとつピンとこないのです。聞き慣れない専門 […]

芸能と文化
ピンチをどう切り抜ける? 苔(コケ)の生存戦略に現代社会を生き抜くヒントがあった

知っているようで、実はよく知らないコケの生態。その小さな体には、想像以上にたくましい生存戦略がありました。今回は、ルーペを覗いた先に見えてくる不思議なコケの世界をご案内します。 山でも庭でも都会でも。コケのたくましさに迫る 歴史ある日本庭園で、あるいは山歩きの途中で、あたり一面が緑のコケに覆われた絶景を目にしたことがあるでしょうか。「苔むす」と表現されるその景色は、私たちに悠久の時を感じさせ、その神秘性は古くから和歌に繰り返し詠まれてきました。 その一方で、植物が繁茂しにくい都市部でも、私たちはコケを頻繁に目にすることができます。コンクリートの隙間をなぞるように、石の壁を這うように、他の植物が […]

芸能と文化
苔の上手な育て方とは? テラリウム・盆栽づくりのコツをプロに聞く!

家事に育児に仕事に、ちょっぴりお疲れ気味のみなさんへ。日々の癒やし、目の保養に、自宅でグリーンを育ててみるのはいかがですか? グリーンといっても、よくある観葉植物のことではありません! 今回私がご紹介したいのは、「苔(コケ)」の魅力と育て方についてです。 心癒されるコケ景色は、日本の宝 1年中湿度の高い日本には、コケが生育するのにぴったりの環境があります。約1700種ものコケが生育する日本が、世界でも稀に見るコケ大国であることは、こちらの記事に詳しく書きました。 京都・南禅寺のコケ景色。切り株にびっしりと生えたコケに、歴史の深さを感じます。 古くから私たち日本人は、大木や岩肌に青々と茂るコケに […]

芸能と文化
婚礼の風習「三三九度」。和風結婚式で使われるものと儀礼の約束ごと・意味を解説

私たちの生活に深く根付いている儀礼やしきたり。こと婚礼の風習において、日本では世界的に見ても珍しい盃事(さかずきごと)による契約儀礼が受け継がれています。 誓約書にサインするでもなく、第三者に誓うでもなく、夫婦が厳かに酒を飲み交わして結ぶ特別な約束。その中で最も大切な儀式が一般的に「三三九度」(さんさんくど)と呼ばれている、盃を用いた固めの儀礼なのです。私たちにとって、酒と盃を用いた約束事が、これほどまでの重みを持つのは一体なぜでしょうか。 今回は、日本の結婚式の原型である「祝言」(しゅうげん)のしきたりに詳しい祝言プランナーの二宮 理予(にのみや りよ)さんと一緒に、盃事の伝統を深掘りしてい […]

芸能と文化
どうして日本で結婚式? 海外カップルのインバウンド婚、人気のヒミツに迫る!

黒紋付羽織袴姿の花婿と、艶やかな色打掛に身を包んだ花嫁。実はこのふたり、オーストラリアからはるばるウェディングセレモニーのために来日した新婚カップルなんです。 2018年に訪日外国人は初の3000万人に達し、過去最高を記録しました。そんな中で増加しているのが、旅行を兼ねて日本で結婚式を挙げるカップル。「インバウンド婚」と呼ばれ、企業や自治体からも注目を集めています。 一体、海外のカップルは日本のどこに魅力を感じ、どんなセレモニーを執り行っているのでしょうか。インバウンドウェディング専門のプランニング会社「Serendipity Flower & Wedding」のHarrison(ハリ […]

芸能と文化
日本と同じ島国、スリランカ。結婚式に密着したら、文化の違いが見えてきた!

ある国の伝統や文化に詳しくなりたいと思ったとき、私はまずその国の結婚式について調べてみることにしています。なぜなら、結婚式にはその土地に暮らす人々の価値観、宗教観、人生観の全てが詰まっているといっても過言ではないからです。 今、私水鳥が特に注目している国、それはスリランカ。移住するほどその国に惚れ込んだという写真家の石野明子さんが撮った写真を見て、強く心惹かれるようになりました。 さらに調べてみたところ、島国であり、仏教への信仰が厚く、お米を主食とするなど、日本と少なからず似ている部分があることも判明。 そんなスリランカのことをもっと良く知りたい! と石野さんに取材をオファーしたところ、快諾し […]

芸能と文化
結婚式で和装を選ぶカップルがじわじわと増えている背景には、挑戦者たちがいた!

ここ数年、結婚式や披露宴で和装を選ぶカップルがじわじわと増えています。人気の背景を紐解くと、そこに見えてきたのは、「着物や袴をもっとオシャレで、身近なものに!」と奮闘し続ける人々の思い。 彼らが手がける花嫁着物や袴式和服には、単に“モダン”という言葉で一括りにできない魅力があります。伝統技術に対する深い理解とリスペクトから生まれる「新時代の和装」。その最前線を追いました。 斬新なコーディネートで大人気! 「CUCURU」の提案する新しい花嫁着物とは? 花嫁着物の専門店「CUCURU」。店内に一歩足を踏み入れると、鮮やかな色打掛や引き振袖、白無垢、そして沢山の小物が出迎えてくれます。 青山に店舗 […]

全8件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介