コパ子の読み物

全14件、1-10件を表示中
グルメ
お茶で米を炊く?! 「おいしい日本茶研究所」から、気になりすぎるその内容!

『もっと日常に、もっと身近に、もっと自由に日本茶を愉しもう!』をコンセプトに誕生した日本茶ブランド「おいしい日本茶研究所」のポップアップショップが10月1日(火)まで期間限定で伊勢丹新宿店に登場! お茶の栄養全てをごはんとともに味わえる! 「日本茶ノ米」 静岡コシヒカリ一粒一粒に日本茶をコーティングした日本茶のお米です。無洗米なので洗わずに炊飯器で炊けるのが楽チン! お茶の栄養をごはんとともにいただけます。 ・日本茶ノ米(緑茶) 内容量:300g (2合) 価格:1,080円(税込) ・日本茶ノ米(煎じ茶) 内容量:300g(2合) 価格:1,080円(税込) 「日本茶ノ生餡」 ごはんやドレッ […]

グルメ
飲めば飲むほど健康に! ゆずの香りに癒される「季節のくだもの茶」は見逃せない!

「日本文化を現代に再構築」がコンセプトの日本茶スタンドカフェ「八屋(はちや)」は、厳選した茶農園の茶葉のみを使用し、お茶のラテでは和三盆、スムージーでは白餡で甘さの工夫をするなど、和の素材にこだわったスタンドカフェ。そんな八屋から大人気シリーズの第四弾となる「季節のくだもの茶」が今年も2019年10月8日から12月26日の期間限定で販売されます。 風邪予防にも冷え性改善にも!これからの季節にぴったりなドリンクを見逃さないで! 季節のくだもの茶ゆずきち[長門ゆずきち×カネ十特選茶] “長門ゆずきち”シロップのまろやかな酸味に、渋み・甘味を兼ね備えたコク深い味わいのカネ十特選茶を合わせ、日本茶の深 […]

グルメ
浅草限定の和をイメージしたドリンクともっちもちのタピオカにお腹も心も満たされる〜!【東京】

2019年9月22日(日)、日本初の手ごね「生タピオカ専門店 モッチャム」東京2号店が浅草にオープンします! モッチャムとはベトナム語で「100%」という意味。毎朝店内で丁寧に手ごねするベトナム製法なので、できたてモチモチ食感が味わえます。オープン当日11時から、先着100名様に1杯無料で提供されるサービスも! これは見逃せない!! もっちもちタピオカがやみつきになる! モッチャムドリンク情報 1日50杯! 浅草店限定ドリンク2種類販売 左/「浅草店 限定」浅草グリーンティ 580円(税込)、右/「浅草店 限定」あんみつモッチャム 580円(税込) あっさり仕上げの「浅草グリーンティ」。コクと […]

グルメ
りんご!りんご!りんご! 秋が旬のりんごスイーツによだれが止まらない!

りんごの旬は秋。そのまま食べてももちろん美味しいですが、スイーツにしても絶品です! そこで、現在りんごを使用したスイーツが続々登場している「大丸東京店」から、さまざまなりんごの美味しさが味わえるタルトやバームクーヘンなど、おすすめりんごスイーツ7選をご紹介します! もぎたてを食べてるよう?! 秋のりんごスイーツを見逃さないで! アンリ・シャルパンティエの「タルト・ポム」 フレッシュな紅玉ピューレを使用した果肉感のあるジュレや、オーブンでじっくりと火を入れたポム・ソテー、風味が凝縮されたコンポート・ポムなど、一口でりんごの美味しさを堪能できます。 「タルト・ポム」648円(税込) ねんりん家の「 […]

グルメ
宗家 源 吉兆庵で旬を味わう!秋を感じる和菓子がぞくぞく登場

宗家 源 吉兆庵の代表菓子に「自然シリーズ」という、果実をまるごとひとつ使用し、果実の姿・形・味わいをそのまま生かした和菓子があります。そのシリーズから期間限定で、秋の味覚の柿と栗を使用した「粋甘粛(すいかんしゅく)」「御前栗(ごぜんぐり)」が登場しました! ほかにも、期間限定発売の新商品や定番の季節菓子など、魅力的な秋のラインナップをご紹介します! 「宗家 源 吉兆庵」の秋スイーツは要チェック! 「水甘粛」 国産干柿をまるごとひとつ使用した「水甘粛」は、やわらかな果肉に蓄えられた、しっとりと広がる自然の甘みや口どけの良さ、そして控えめな甘さの白あんが調和しています。 「水甘粛」1個584円・ […]

グルメ
何を贈るかお悩みの方に!2019年の「敬老の日」は“ご長寿ブランド”でお祝いを

敬老の日は「長年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」。その始まりは、聖徳太子が四天王寺に悲田院(ひでんいん)という救済施設をつくったと伝わる日にちなんだもので、昭和26(1951)年から「としよりの日」、昭和39(1964)年から「老人の日」と呼ばれるようになり、昭和41(1966)年から国民の祝日に制定されました。 当初は9月15日に定められていたのですが、平成15(2003)年から9月第3月曜日に変更され、今年、令和元年(2019)は9月16日(月曜)が敬老の日です。 敬老の日は、いつもお世話になっている年配の方へ、感謝のしるしを贈ることが定着しています。そこで、松坂屋上 […]

グルメ
2019年9月13日は令和初の十五夜。月より団子(?!)なスイーツ情報!

旧暦8月15日の夜は月が満ちる日として「十五夜」と呼ばれ、宴を催し、詩歌を詠むなど、古くから親しまれてきました。満月となるこの日は、「お月見」の習わしがあり、月見団子を供えて、月を愛でました。その習慣は現代にも受け継がれていて、月をモチーフにしたさまざまなお菓子が発売されています。令和初となる十五夜は9月13日(金曜)。美しい月を眺めながらいただきたい、西武池袋本店おすすめの「お月見スイーツ」をご紹介します! 西武池袋本店で見つけた最新「お月見スイーツ」 新宿高野「まんまるお月さま」 苺をサンドしたケーキにマンゴーソースをかけてまんまるお月さまをイメージ。フルーツとチョコのうさぎが飾られている […]

芸能と文化
えとに猫がいる国もあるって本当? 十二支の動物の意味、教えます

はじめに、干支(えと)と十二支の違いってなに? 2019年の干支は「己亥(つちのと)」2020年の干支は「庚子(かのえね)」。年の暮れになると「来年の干支(えと)は?」と気にすることが多くなります。最近は十二支(じゅうにし)をモチーフにした漫画やアニメが増えていて、十二支ブームがくるのでは…!と思ったりして。 でも、干支と十二支の違いって知っていますか? 実は、私たちが「えと」と呼んでいるのは、動物で年を表す「十二支」のことで、「干支」は「かんし」と読み、複雑なしくみになっています。そこで、知っているようで知らない、「干支」と「十二支」について解説します。 「十干十二支」を略して「干支(え […]

旅と食
【東京・渋谷】9/15開催の寺フェス 「煩悩♯Born Now」で善光寺に集まれ!

「お寺」と「フェス」…。ちょっと不思議な組み合わせの「煩悩♯BornNow」が2019年9月15日(日)東京・渋谷の善光寺で開催されます。 煩悩♯BornNowって何? 「煩悩♯BornNow」は2016年にスタートして今年で4年目を迎える、HIPHOPなどのダンスミュージックをメインとした音楽フェスです。 “パーティーのフロアに立って好きな音楽に体を揺らし、『今、自分はここに存在する』ということを自覚した瞬間、僕たちはここに〈生まれる〉” というコンセプトから「煩悩 #BornNow」と名付けられ、過去には東京都文京区、神奈川県鎌倉市、千葉県松戸市のお寺で開催、多くの音楽ファンを魅了してきま […]

旅と食
京都は日本茶と! 東京は甘酒と! 大人気タピオカの進化ぶりがスゴすぎる!

最近、街を歩いていると三人に一人の割合で黒い物体を飲んでる人に遭遇するほど爆発的な人気の「タピオカ」。 現在かなり激アツなタピオカ市場では、さまざまなお店が斬新な味や手法を凝らし、話題を集めています。 今回は、そんな話題のタピオカで「ニッポン」を感じられる、日本茶と甘酒にタピオカを組み合わせて大ヒット中の2軒のお店をご紹介します! 京都で口コミNo.1!日本茶タピオカ専門店「麗茶亭」 「麗茶亭(れいちゃてい)」は京都・伏見稲荷で2019年2月にタピオカドリンクの販売をスタートしました。発端は台湾人観光客のある発言でした。 「麗茶亭」を展開する(株)うるわしきは約2年前より京都で着物レンタルを展 […]

全14件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介