日本文化の入り口マガジン和樂web
12月5日(日)
慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月3日(金)

慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)

読み物
Craft
2018.01.18

「茶懐石のうつわ併設 季節の書画」畠山記念館

この記事を書いた人

2018年1月20日から、畠山記念館で「茶懐石のうつわ併設 季節の書画」が開催します。

うつわの名品を通して「おもてなしの美」に触れる

食器を置く膳や盆、食べ物を盛る椀・向付けや酒器など、食事の場をいっそう華やかにする「おもてなしのうつわ」の美を堪能することのできる展覧会。正式なお茶のおもてなしで出される食事「茶懐石」。そこで使用されるうつわは、懐石道具と称され、料理を引き立てる役目を担うとともに、うつわそのものも賞玩の対象となっています。

畠山記念館渡辺喜三郎「明月形懐石皆具」大正〜昭和時代 畠山記念館蔵【展示期間:2月17日〜3月18日】

野々村仁清の「水玉透鉢」や渡辺喜三郎の「明月形懐石皆具」などといった名品とともに、久隅守景の「雪中竹林図」など、茶席には欠かせない書画も展示されます。

畠山記念館酒井抱一「四季花木図屏風」江戸時代 畠山記念館蔵【展示期間:1月20日〜2月15日】

満開の桜の下に、山吹、すみれ、山百合、牡丹、芥子、りんどう、水仙…と、春夏秋冬の花々が咲きそろった酒井抱一の「四季花木図屏風」もまた、茶懐石をよりいっそう引き立てます。

公式サイト