CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる
連載

Culture

2024.05.24

私って何で悩んでたんだっけ?「空(くう)」の考え方が教えてくれるもの【SHIHOの楽禅ライフ11】

禅について学びを深めている、モデルのSHIHOさん。ここでは連載企画「SHIHOの楽禅ライフ」として、自身が坐禅に取り組む中で気になった「禅にまつわる言葉」を挙げながら、感じるままにつづってもらいます。
TextsSHIHO

般若心経の意味

今回の禅語:五蘊皆空(『摩訶般若波羅蜜多心経』より)

大意:人間界の現象や存在はすべて実体がなく、空であるということ。

一般的に「般若心経」と呼ばれている「摩訶般若波羅蜜多心経」には、「彼岸へ至る偉大なる智慧のエッセンス」という意味合いがあります。

道元さんが開かれた曹洞宗でもこのお経は重要なお経の一つで、この「智慧のエッセンス」の始まりには「五蘊皆空(ごうんかいくう)」という言葉が出てきます。

これは、物質的・精神的・心理的な存在のすべてを、色(物質的存在)、受(五感)、想(頭の中で作り出されるイメージ)、行(意識作用)、識(認識、判断)の五つに分けて、私たちの身体や心もふくめ、それを構成している一切の存在は「空」であると菩薩が照らし見たというところから始まっています。

執着してしまいがちな自分の思い

「空」とは、「固定した実体がない」ということ。仏教では、これを「無我」や「無常」と表わします。この世も私たちも、さまざまな要素が絡み合って存在しており、独立した存在はないということ。つまり永遠に変化しないものなどないということになります。

なのに、私たちってついつい自分の思いに執着してしまいますよね。

「こうなりたい、こうしたい」「こうすべき、こうあるべき」とか。結果や評価、相手への期待など、自分の位置付けを求めがちだったりします。また、目の前で起こることに一喜一憂したり、喜怒哀楽の中にいたり。いちいち思考が働いて、感情に動かされてしまう。

それは自然なことかもしれないけれど、仏教では、それらは「実体がない」と定義されています。だとしたら、世の中や私たちに起こる全てのことは、その時々の様々な要素が絡み合って発生した偶然の寄せ集めであって、全然気にすることじゃない! 私たちの中に生まれる感情も思考も、意識も、判断も、さほど重要ではないことになり得ます。

「あれ、私って何でそんなことで悩んでたんだっけ?」「立ち止まってたんだっけ?」って、思わず、壮大な意識の中に引き込まれる気分になります(笑)。だって全てはいずれなくなるものだから。あること自体が奇跡。

そう思えたら、それを認識している今に、感謝の気持ちが生まれてきます。死んだら認識できないわけで、生きているうちに認識できていることに感謝できたら、全ての存在が愛しさに変わるのかもしれません。

煩悩は尽きることがないけれど

人間の中にある煩悩は、尽きることがないのかもしれないけれど、それを感じられることさえも実はありがたいことだって思えてくるほど。でもどうして私たちってその意識で居続けられないのでしょう。きっとそれは、自分たちを「個」として認識しているからではないでしょうか。でも、私たちの存在は「個」として存在しているのではなく、ただの「縁」でしかないとしたら?

縁あって父と母が出会い、結婚し、私たちは生まれ、家族と出会い、友人と出会い、仕事に就いて、今ここにただ存在している。そしてこの先も、何かと縁を持ち続けいつか死に至る。

全ては「縁」で成り立ち、「縁起」によって何かが引き起こり、物事や現象は互いに関連して、ただ影響を与え合っている、変化の中の一部でしかない、という発想。それは、「自己を手放している」感覚に近いのかもしれません。

自己を手放し、縁の中に身を委ねてみよう。結果も、良し悪しも、幸も不幸もなく、そして執拗に意味を求めないことが、智慧を持って穏やかにこの世を生き抜くあり方なのかもしれません。

Photo by SHIHO

監修:横山泰賢(日光山 禅昌寺住職・曹洞禅インターナショナル会長)

Share

SHIHO

ファッション雑誌・テレビ・ラジオ・CM・プロデュース・ 出版など幅広く活躍。心身が健康で美しくなるウェルビーイングな暮らしを提案している。ヨガDVD本 『SHIHO loves YOGA〜おうちヨガ〜』、出産後に出版した『トリニティスリム"全身やせ "ストレッチ』は、シリーズ累計40万部を突破。 比叡山延暦寺など各地で瞑想リトリートツアーをはじめとするさまざまなイベントも企画・開催。滋賀国際親善大使。全米ヨガアライアンス認定講師。Wellness AWARD of the Year 2019受賞。日本だけでなく韓国でも活躍している。
おすすめの記事

どうすれば人生が上向く? 立ち居振る舞いを正していく理由【SHIHOの楽禅ライフ10】

連載 SHIHO

モデルであることがコンプレックスだった。置かれた場所で咲く努力【SHIHOの楽禅ライフ9】

連載 SHIHO

自分を一番愛せるのは自分だけ。あなたにとってハッピーな選択をしていますか?【SHIHOの楽禅ライフ8】

連載 SHIHO

本当はどうしたい? 物事が思うように進まない時に寄り添う、禅の言葉【SHIHOの楽禅ライフ7】

連載 SHIHO

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア