日本文化の
入り口マガジン
3月1日(月)
専門家とは、非常に狭い分野で、ありとあらゆる失敗を重ねてきた人間のことである。(ニールス・ボーア)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
3月1日(月)

専門家とは、非常に狭い分野で、ありとあらゆる失敗を重ねてきた人間のことである。(ニールス・ボーア)

読み物
Gourmet
2019.09.01

鹿児島睦デザインのかわいくておしゃれな千歳飴、papabubble(パパブブレ)に登場!

この記事を書いた人

もったいなくて食べられないかも?かわいすぎる千歳飴を発見しました! 2019年9月1日(日)から、アート・キャンディ・ショップ「papabubble(パパブブレ)」より鹿児島睦さんによるデザインパッケージの千歳飴が販売開始となります。パパブブレは、2003年バルセロナに創業したアート・キャンディ・ショップ。オープンしてから瞬く間に世界中のスイーツ好きを魅了し、今では世界30都市以上に展開。「世界一おもしろいお菓子屋さん」であり続けるために、さまざまなコンフィズリーを発信し続けています。

毎年大人気!鹿児島睦さんデザインのパッケージ

今回発売開始したのは、毎年大人気の鹿児島睦(かごしままこと)さんデザインのパッケージに入った千歳飴。2019年は、パッケージのモチーフから生まれた子どもたちの大好きな「犬や猫」、伝統的な長寿や繁栄の意味をもつ「鶴と亀」のキャンディ柄2種が登場しました。

犬:コーラ、梅:ぶどう、猫:イチゴ

鶴:パイン、祝:もも、亀:さくらんぼ

鹿児島さんは、陶器やファブリック、版画などを中心に制作しているクリエイター。趣味の園芸を通じてインスピレーションを受けたものが多く、かわいらしい動物や身近な草花をモチーフにした作品が特徴です。「千歳飴の固定概念で描かないよう、とにかく楽しい袋にしようと考えました。私自身もこのおじいさん、おばあさんやイヌ、ネコたちのように仲良くすごせたらいいなと思っています」(鹿児島さん)

かわいさはもちろんおいしさも楽しむことができる、思わず大人も欲しくなる千歳飴。今年は公式オンラインショップでも購入可能です。

papabubble 公式オンラインショップ:https://papabubble.shop

オリジナル千歳飴 商品紹介

価格:各1,200円
内容量:3本入り(1本約15cm)
発売日:2019年9月1日(日)発売開始

販売店舗

PAPABUBBLE 全直営店
中野店/GINZA SIX店/横浜店/大丸東京店/ルミネエスト新宿店 /ルクア大阪店/福岡天神地下街店/仙台パルコ2店/千葉そごう JUNNU店/日本橋店/京王のれん街店/横浜ランドマーク店/青山店/大丸京都店