Jewelry&Watch

2023.10.02

冨永愛×ミキモトが贈る。日本酒文化の可能性と魅力に触れる、ケンブリッジの旅

ミキモトは2023年9月より、日本の伝統文化の美しさや魅力を再考し、動画などのクリエイティブを通じて発信するスペシャルサイト「My Pearls, My Style」を新たに開設しました。

コンテンツ第1弾「冨永愛、英国の酒蔵を訪れる」が公開中

本サイトの皮切りとなるコンテンツでは、グローバルに活躍の場を広げるモデル・冨永愛さんがミキモトのハイジュエリーをエレガントに身に纏い、イギリス・ケンブリッジの酒蔵を訪問。
まるでアートピースのような美しい装いと自らのナレーションで、世界に広がる日本文化の可能性をドラマティックに紹介しています。

国内外に日本の伝統文化を積極的に発信する冨永さん、そして「日本の美しい文化を世界に発信すること」を創業者・御木本幸吉の代から願い続けてきたミキモトの感性が一致したことから、今回のコラボレーションが実現しました。

グラデーションを描くように配したパールを、ドレスのように装って。ボディジュエリー¥55,000,000(ミキモト)

動画内では、冨永さん自身とミキモトとの“繋がり”に関するエピソードが語られるシーンも。

「海外で戦ってきた私は、どれだけ勇気づけられてきたことだろう」


かつて数少ないアジア出身モデルとして、ファッションウィークで活躍していた冨永さん。
世界のハイジュエラーによってのみ出店が叶うパリやロンドン、ニューヨークの一等地に拠点を構えるミキモトの存在、ことにパリのヴァンドーム広場に佇むブティックに勇気づけられたといいます。

巧みな技術でレースのように編み上げられたパールと、みずみずしいアクアマリンの輝きが胸もとを華やかに彩る。ネックレス¥24,200,000(ミキモト)

「日本の伝統工芸や無形文化は、鍛錬を経て作り上げられるものであって、その日一日だけで作られるものではない」

日本の伝統工芸や無形文化の有り様に、「本物でありたい」という自身のモデルとしてのアティチュード、ミキモトの築いてきたジュエリー文化、そして今回の舞台「Dojima Sake Brewery」の存在が重なります。

イギリスで日本の酒文化を広める「Dojima Sake Brewery」の思いに迫る

冨永さんが訪れたイギリス・ケンブリッジの「Dojima Sake Brewery」は、日本の酒文化を世界に発信する拠点としてつくられた酒蔵。
醸造施設としての機能だけでなく、酒造関係者に向けて酒造りの知識や技術を提供する役割も持ち合わせています。

ここで技術や文化を学んだ人々が世界各地に広がり、さらに日本酒文化を広げていく新たな発信地として、その価値を高めようとする様子を目の当たりにする冨永さん。

付け襟のように装える、白蝶真珠の存在感が際立つボリュームネックレス。ネックレス ¥39,600,000(ミキモト)

奮闘する酒蔵の思いに迫る冨永さんの一言が、動画のラストを飾ります。

「日本が誇る美を世界に示し、つないでいく。私は、日本から遠く離れたここ、イギリスで、そんな思いに触れたのだった」

ドレープ状のパールに、カラーストーンを配して華やかに。右上のモチーフはブローチにもなり、2WAYで楽しめる。ネックレス ¥57,200,000(ミキモト)

概要

「My Pearls, My Style 日本から世界へ ミキモトがつなぐ美の情熱と絆」


日本の美しい文化を世界に発信する。それはミキモトの創業者である御木本幸吉が願い続けてきたことでした。
世界各地にブティックを構え、日本のジュエリー文化を発信してきたミキモトならではの目線で「日本の伝統文化」を再考し、その美しさや魅力を深く届けていきます。

冨永愛さんプロフィール


15歳でモデルデビュー、17歳でNYコレクションにて海外デビューし、一躍話題となる。
以後、世界の第一線でトップモデルとして活躍し、25周年を迎えた。モデルの他、テレビ、ラジオ、イベントのパーソナリティ、俳優など様々な分野にも精力的に挑戦、NHKドラマ「大奥」ではその演技に高い評価を得た。
日本人として唯一無二のキャリアを持つスーパーモデルとして、チャリティ・社会貢献活動や日本の伝統文化を国内外に伝える活動など、その活躍の場をクリエイティブに広げている。

MIKIMOTOについて

1893年、MIKIMOTOの創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功。以来、世界で唯一ともいえる、生産から販売までの一貫体制により、確かな品質、優れたデザイン、卓越した技術によるハイクオリティなジュエリーを一世紀以上にわたり提供しています。
「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた創業者の思いを受け継ぎ、日本を代表するトップジュエラーとして、東京・銀座4丁目の本店をはじめ、パリ・ヴァンドーム広場、ニューヨーク・五番街、ロンドン・ニューボンドストリートなど各地に出店。中国、シンガポール、タイなどアジアにおいても広く店舗を展開しています。

Share

土屋 利沙

マーケティング業界を経て、メーカーやベンチャー企業でwebメディアの立ち上げ〜運営全般に携わり、現在は医療系ブランドPR。好きな窯元を訪れたい一心で九州に飛び立つ程度には器好き。モロッコ、スペイン、南仏、トルコなど国外でもちまちま収集しては慎重に機内持ち込みを繰り返す。趣味は肌・髪・歯のケアとバレエ。
おすすめの記事

時代に合わせて軽やかに刷新。「ブルガリ メディテラニアコレクション」vol.3

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

革新とクラフトマンシップの華麗なる共演!「ブシュロン銀座本店」の見どころをレポート

土屋 利沙

ダイヤモンドウォッチの知的な華やぎを手元に。ハリー・ウィンストン「HW アヴェニュー」

福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

宝石と戯れ、デザインで遊ぶ 。「カルティエ」パンテールの華麗な冒険

福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア