CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

土屋 利沙

マーケティング業界を経て、メーカーやベンチャー企業でwebメディアの立ち上げ〜運営全般に携わり、現在は医療系ブランドPR。好きな窯元を訪れたい一心で九州に飛び立つ程度には器好き。モロッコ、スペイン、南仏、トルコなど国外でもちまちま収集しては慎重に機内持ち込みを繰り返す。趣味は肌・髪・歯のケアとバレエ。

全15件、1-15件を表示中

カルティエのクリエイションに今も息づく、“日本の美へのまなざし”とは?「カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話」

1847年の創業以来、ジュエリーやハイジュエリー、ウォッチはもちろんのこと、あらゆるカテゴリーにおいて独創的なクリエイションを展開し、世界有数のラグジュアリーメゾンとして人々を魅了してきたカルティエ。
実はその歴史や作品の数々からは、メゾンと日本が絶え間なく繰り返してきたインスピレーションの対話、そして長い年月をかけて育まれた絆が垣間見られることをご存知でしょうか?

土屋 利沙

文様に広がる“あるがままの自然”と人間の関わりに迫る。『フィシスの波文』が今春公開

古の時代から現代にいたるまで、私たちの精神やくらし、自然と関わりながら息づく“文様”。人はなぜ、文様を描くのか? その謎に迫るドキュメンタリーが、2024年4月6日より全国で順次公開される。

土屋 利沙

技と想像の187年に没入する「ティファニー ワンダー」が虎ノ門ヒルズ ステーションタワーで開催

2024年4月12日より、ティファニーのクリエイションとクラフトマンシップの歴史を紐解くエキシビション「ティファニー ワンダー」が虎ノ門ヒルズ ステーションタワー内「TOKYO NODE」で開催されます。

土屋 利沙

「ダニエル・ブラッシュ展― モネをめぐる金工芸」が東京・六本木で開催中

東京 六本木の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3では現在、美術展「ダニエル・ブラッシュ展 ― モネをめぐる金工芸」を開催中(2024年4月15日まで)。 詩心あふれる金工職人、ジュエラー、哲学者、エンジニア、画家、そして彫刻家と、様々な顔をあわせ持つ現代アメリカのアーティスト、ダニエル・ブラッシュ(1947年~2022年)の卓越した作品を、日本で初めて紹介する展覧会です。

土屋 利沙

【終了】贈り物リストに加えたい!「テタンジェ」上質シャンパーニュギフトを10名様にプレゼント

ホームパーティーの手土産に、大切な人への贈り物。そんなシーンにぴったりの上質感あふれるギフトセットが、フランスのシャンパーニュメゾン「テタンジェ」より登場しました。これを記念して、シャンパーニュとグラスのギフトセットを10名の『和樂web』読者様へプレゼント! このスペシャルな機会を見逃さないでくださいね。

土屋 利沙

絶景ひとり占め。リッチな専用ビューバスを楽しむ「ホテル紫苑」プレミアムルーム

湖面に映し出される美しい景色で四季の移ろいに浸り、身も心もゆったりと温まる……。そんな望みが一気に叶う、ラグジュアリーなプランがこの2023年より盛岡市「ホテル紫苑」に登場。御所湖に面した源泉100%のかけ流し露天風呂や内湯がたっぷり楽しめる、フロアにわずか3部屋のみの「プレミアムルーム」の魅力をとくとご紹介します。

土屋 利沙

革新とクラフトマンシップの華麗なる共演!「ブシュロン銀座本店」の見どころをレポート

パリ・ヴァンドーム広場の一等地に世界で初めてブティックを構えたことで知られるハイジュエラー「ブシュロン」は2023年9月、ヴァンドーム広場本店に次ぐ最大規模の旗艦店となる「ブシュロン銀座本店」をオープンしました。

銀座の新たなランドマークとして注目を集める新たなブティックは全4フロアの構成。大都会の中心ながら、庭園のような開放感の中でメゾンのコアバリューである革新性とサヴォワール フェールに触れることのできる、唯一無二の空間となっています。創業時からメゾンがジュエリー制作の着想源としてきた⼤切な⾃然の要素がブティック全体に。 日本の四季や文化から着想した演出が随所に散りばめられたブティックの見どころや、ここでしか叶わない体験をご紹介します。

土屋 利沙

冨永愛×ミキモトが贈る。日本酒文化の可能性と魅力に触れる、ケンブリッジの旅

ミキモトは2023年9月より、日本の伝統文化の美しさや魅力を再考し、動画などのクリエイティブを通じて発信するスペシャルサイト「My Pearls, My Style」を新たに開設しました。

土屋 利沙

ATRIER MUJIで見つめる、日本の日用工芸。『百工のデザイン』展が開催

「無印良品 銀座」内「ATELIER MUJI GINZA Gallery1・2」では2023年9月29日(金)〜10月29日(日)の期間中、企画展Life in Art「JAPAN CRAFT『百工のデザイン』展」が開催されます。

土屋 利沙

進化した『SENSAI』が開化堂とコラボ。スペシャルエディションが限定発売

日本古来の希少な“小石丸シルク”の美しさにインスパイアされたグローバルラグジュアリーブランド『SENSAI』。 花王が手掛けるグローバルブランド群のフラッグシップとして、現在ヨーロッパを中心に40カ国以上で展開されています。

土屋 利沙

匠の手しごとを堪能する“究極の詰め合わせ”。緑寿庵清水より数量限定販売

日本でただひとつの金平糖専門店・緑寿庵清水は2023年6月より、その人気と希少性から幻ともいわれる日本酒「十四代」を用いた金平糖と、日本伝統の高い製陶技術から生まれたオリジナルボンボニエールのセット販売を、数量限定で開始しました。

土屋 利沙

ロレックスがロレックスである所以。卓越性を支える“8つの秘密”とは?

2023年5月、ロレックスは広告キャンペーン「WATCHMAKING」をスタートしました。 1905年の創立以来、一貫して時計製造における卓越性を追求し、至高のマニュファクチュールとして知られるロレックス。 この卓越性はいかにして生まれ、磨かれ続けているのでしょうか。特徴である8つの基本的なクオリティをもとに、その歴史や技術、哲学を紐解いていきます。

土屋 利沙

京都文化とミラノの精神の融合を楽しむ、ヴァレクストラ新店舗が祇園に誕生

ヴァレクストラは、ミッドセンチュリーのイタリアンデザインのアイコンや、京都で培われた芸術と工芸、そして現代のオブジェを通じて“発見の旅”を演出する体験型スペース「Casa Valextra(カーサ ヴァレクストラ)」を京都・祇園にオープンしました。

土屋 利沙

制作800時間超え! 尾上眞秀の初舞台を見守る、シャネルのサヴォアフェール

この5月より歌舞伎俳優として初めての公演に挑む初代尾上眞秀の舞台を記念して、シャネルが祝幕の制作サポートを行いました。 祝幕は、5月2日から27日まで歌舞伎座(東京・銀座)で開催中の「團菊祭五月大歌舞伎」初代尾上眞秀初舞台『音菊眞秀若武者』の舞台で披露されています。

土屋 利沙

化粧台に庭園風景を。ゲランの人気アイテムに、地球が喜ぶ限定ボトルが登場

土屋 利沙

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア