CATEGORY

最新号紹介

8,9月号2024.07.01発売

ART & TRIP! この夏は「名画」と「絶景」の旅へ!

閉じる

Art

2023.05.12

制作800時間超え! 尾上眞秀の初舞台を見守る、シャネルのサヴォアフェール

この5月より歌舞伎俳優として初めての公演に挑む初代尾上眞秀の舞台を記念して、シャネルが祝幕の制作サポートを行いました。 祝幕は、5月2日から27日まで歌舞伎座(東京・銀座)で開催中の「團菊祭五月大歌舞伎」初代尾上眞秀初舞台『音菊眞秀若武者』の舞台で披露されています。

パリでの800時間超の制作期間を経て、遂に日本へ

フランス人現代アーティストのグザヴィエ ヴェイヤンがデザインを手掛け、1939年に創業したメティエダールのアトリエ「モンテックス」が刺繍を施したというこの引き幕。
巨大なファブリックをすっぽりと覆い尽くすドラマティックな色彩と、横25.4メートル・縦5.3メートルの壮大なスケールに誰もが目を奪われます。

〈 Le Rideau de Maholo 〉 2023
Artwork by Xavier Veilhan produced by Atelier Montex commissioned by CHANEL

抽象的なモチーフを描くのは、直径12cmにレーザーカットされた約20色のオーガンジー。なんとおよそ8,900枚もの数がピクセルアートのように組み合わさり、エクリュカラーの布地に敷き詰められています。
初代尾上眞秀の名、そして舞台上手側にあしらわれた音羽屋の家紋である重ね扇に抱き柏も、チャコールグレーのシルクオーガンジーで形作られたもの。

左からアスカ ヤマシタ、グザヴィエ ヴェイヤン、尾上眞秀、尾上菊五郎

これらの縁取りにはコーネリーミシンを用いたチェーンステッチを施しているといい、モンテックスならではの伝統的かつ繊細な刺繍技法が隅々まで取り入れられていることがうかがえます。

構想は、2人のクリエイターのコラボレーションから生まれた

祝幕のデザインはグザヴィエ ヴェイヤンと、日本とフランスをルーツとし、モンテックスのアーティスティック・ディレクターとして活躍するアスカ ヤマシタの協働によって誕生しました。

アスカ ヤマシタ

アスカ ヤマシタはグザヴィエ ヴェイヤンに敬意を表すとともに、「モンテックスのサヴォアフェールを紹介することができ、そして同じフランス人と日本人の血を引く眞秀のキャリアの第一歩を見守りながら、自分のルーツと再会できることを嬉しく思っています」と今回のコラボレーションについて語っています。

制作者情報

アスカ ヤマシタ

アスカ ヤマシタ

19歳の時、モンテックスのアトリエに入り、当時カール ラガ ーフェルドがアーティスティック・ディレクターを務めていたクロエのために、ギリシャをモチーフにしたコレクションのドレスを描くことからキャリアをスタートしました。
その後、デザインアトリエのマネージャーを経て、2017年9月よりアトリエ モンテックスのアーティスティック・ディレクターを務めています。

グザヴィエ ヴェイヤン

Photo: Claire Dorn

1963年生まれ、パリ在住。1980年代後半より立体作品、ペインティング、インスタレーション、パフォーマンス、映像、写真など、多様な媒体を用いて、古典主義と高度なテクノロジーに触発された作品群を制作。
ヴェルサイユ宮殿での「Veilhan Versailles」(2009年)、「Architectones」シリーズ(2012-2014年)、ヴェネツィア・ビエンナーレにおけるフランス館での「Studio Venezia」(2017年)を好例に、ヴェイヤンの作品は我々の知覚に一石を投じるとともに、鑑賞者が“役者”へと昇華する空間を創出します。

アトリエ モンテックス

1939年に創業したフランスの刺繍工房。2011年にファッションのクリエイションを支えるメティエダールのアトリエとしてシャネルの傘下に加わり、現在はパリにある「le19M」に拠点を置いています。

Share

土屋 利沙

マーケティング業界を経て、メーカーやベンチャー企業でwebメディアの立ち上げ〜運営全般に携わり、現在は医療系ブランドPR。好きな窯元を訪れたい一心で九州に飛び立つ程度には器好き。モロッコ、スペイン、南仏、トルコなど国外でもちまちま収集しては慎重に機内持ち込みを繰り返す。趣味は肌・髪・歯のケアとバレエ。
おすすめの記事

謎多き町絵師、俵屋宗達。実は琳派はここから始まった?【カリスマ絵師10人に学ぶ日本美術超入門】vol.4

和樂web編集部

奇跡の空間に息づく日本美。大徳寺 聚光院にて15名限定「特別拝観とお茶席」を開催

和樂web編集部

なかなかのリア充ライフ!? 伊藤若冲、謎だらけの生涯を25のキーワードで解説! part4

和樂web編集部

“美人”と聞いて男性が思い浮かばないのは、なぜ?【日本画家・木村了子のイケメン考察 】vol.1

連載 木村 了子

人気記事ランキング

最新号紹介

8,9月号2024.07.01発売

ART & TRIP! この夏は「名画」と「絶景」の旅へ!

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア