「国宝 雪松図と花鳥」三井記念美術館

「国宝 雪松図と花鳥」三井記念美術館

目次

2018年2月4日まで、三井記念美術館で「国宝 雪松図と花鳥-美術館でバードウォッチング」が開催中です。

雪松図花鳥樂道入「赤楽茶碗 銘 鵺」重要文化財 江戸時代・17世紀 室町三井家旧蔵

新年恒例、円山応挙の国宝「雪松図屏風」展示はもちろん必見。さらに今回は、花鳥、なかでも鳥に焦点を当てて、所蔵品から名品をピックアップ。平家物語で源頼政が退治した怪鳥、鵺(ぬえ)を銘にもつ赤楽茶碗は、樂導入の作。胴の一部に刷毛でさっと塗りつけた黒い模様を、鵺の潜む黒雲に見立てています。ほかにも茶道具、絵画、工芸品などで、バードウォッチングを楽しんで。

公式サイト

「国宝 雪松図と花鳥」三井記念美術館
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする