「版画の景色 現代版画センターの軌跡」埼玉県立近代美術館

「版画の景色 現代版画センターの軌跡」埼玉県立近代美術館

目次

2018年3月25日まで、埼玉県立近代美術館で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」が開催中です。

埼玉県立近代美術館靉嘔(あいおう)「大きな透明な木」1981年 シルクスクリーン、紙 現代版画 センターエディション ときの忘れもの/有限会社ワタヌキ蔵

多くの人が手にすることができる「版画」の特性を生かし、その普及とコレクターの育成を目ざし、約80人の美術家と協力して、700点を超える作品を世に送り出した「現代版画センター」。この展覧会では、現代版画センターが制作した作品と資料から、その軌跡を辿ります。色鮮やかな現代版画の数々の魅力を再確認する機会です。

公式サイト

「版画の景色 現代版画センターの軌跡」埼玉県立近代美術館
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする