「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」東京オペラシティアートギャラリー

「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」東京オペラシティアートギャラリー

目次

2018年9月24日まで、東京オペラシティアートギャラリーで「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」が開催中です。

イサム・ノグチ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] – JASPAR. Photo by Jack Mitchell.

20世紀を代表する芸術家イサム・ノグチは、抽象彫刻の分野にあっても、つねに「身体」を意識し続けました。若きノグチが北京で描いた毛筆による身体ドローイングをはじめ、舞台関連作品、日本で制作した陶作品や光の彫刻「あかり」、庭園やランドスケープに関わる模型・資料、晩年の石彫作品まで、ノグチ芸術の全体像を紹介。

公式サイト

「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」東京オペラシティアートギャラリー
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする