CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

Lifestyle

2023.07.01

凍らせて味わう、羽二重餅とあんの絶品菓子。叶 匠壽庵「あも」の新しい食べ方がたまらない!

滋賀の里山に構える和菓子店「叶 匠壽庵(かのうじょうじゅあん)」の代表銘菓「あも」。ギフトの定番として知られる「あも」を、新しい食べ方と共に大切なあの方に届けてみませんか。

この夏、凍らせて味わう丹波大納言小豆のおいしさ

「あも」とは、かつて御所で使われた女房言葉のひとつで、「あんころもち」の愛称。「叶 匠壽庵」の創始者である芝田清次(しばたせいじ)は、のどやかなこの響きに心惹かれ、糸寒天をつなぎにみずみずしく炊き上げたあんで求肥菓子を思いついたとか。これが現在に至るまで50年を超えて愛されてきた「あも」の出発点。シンプルな材料を用いて“ほどける、とろける”食感を極めた「あも」は、小豆を使った棹菓子の中でも唯一無二の味わいを誇ります。

そんな「あも」を“夏は凍らせる”というアイディアは、「あも」独自の食感を知り尽くしたファンの間では、おなじみの食べ方だったそう。水分を程よく含んだ「あも」は、糖度が十分にあるため、凍らせても硬くなりすぎることはありません。箱のままで、もしくは食べたい分だけ冷凍庫へ。凍った「あも」を好みの硬さになるまで室温に戻せば、そこが食べどき。

右が「あも」、上が「あも こしあん」。凍らせた「あも」を冷凍庫から出し、しばらく室温に戻すと小豆本来の色、餅の質感に戻る。好きな硬さになったところで召し上がれ

楽しみ方は氷菓同様に、口の中に広がるひんやりした温度を感じ、ゆっくり溶かしながら甘みが締まったあんと小豆の風味を味わう。求肥が次第にとろけていくのも、たまりません。

「あも」を含む銘菓の数々が、滋賀の里山でつくられている

「叶 匠壽庵」の菓子製造の拠点は昭和(1985)年より、滋賀の里山「寿長生(すない)の郷(さと)」にあります。郷に程近い渓流から水を引き、この水で菓子にも使われる果樹や草木を育てています。

6万3000坪に広がる「寿長生の郷」

工場から排出された水は敷地内にある浄化施設を経て、再び谷へ。またこしあんの製造時に生じる小豆の外皮も、間伐材のくずと混ぜられて肥料となり、里山に戻るのです。「寿長生の郷」は環境保全と菓子製造が共存する場であり、“農工ひとつ”を掲げる「叶 匠壽庵」のシンボル。農作物を育てる労苦を知るから、「あも」に関わる丹波大納言小豆の生産者にも心を寄せることができる。そして、いっそうおいしい「あも」をつくりたいと製造に励む。ものづくりの好循環が生まれています。

左:職人が銅釜で丁寧に炊き上げるあん。右:「あも」に選ばれた丹波大納言小豆。大粒で皮にハリがあり、つややか。社内規格から外れたものが「あも こしあん」に。丹波大納言小豆をこしあんに使うのは贅沢だが、コロナ禍以降、小豆生産者を支えるための新しい取り組み

涼を呼ぶパッケージは夏の贈り物に最適

「凍らせて味わう」メッセージを託して、2023年から夏の「あも」パッケージも特別仕様で登場。白銀のカバーは目にも涼しげで、おいしさへの期待が高まります。定番「あも」と誕生50周年を記念して一昨年より発売の「あもこしあん」。凍らせることで粒あんの小豆はざっくり、こしあんはよりなめらかになど、比べることでお互いの魅力も再発見。ぜひどちらもご賞味を!

右から「あも」、「あも こしあん」

価格

1本各1,296円(税込)。箱入りは1本から対応。夏限定パッケージでの販売は、8月末まで。

問い合わせ先

叶 匠壽庵 お客様センター
0120-257-310

公式サイト

https://kanou.com/

舌の上でとろける小豆の新食感。夏のティータイムに新しい驚きを

菓子屋自らが“夏は凍らせて”といった大胆な提案ができるのも、「あも」のベースにある丹波大納言小豆のあんに絶対的な自信があるから。高品質の丹波大納言小豆は、表皮が薄く口あたりがよく、煮ても腹が割れにくい特徴があります。

「あも」は、粒感を残すことで口の中でほどける様が楽しめ、「あもこしあん」は濃縮した小豆の旨みや甘みが引き立つなど、あんの魅力もそれぞれ。

この夏、凍らせたあもを囲んで、どんなひとときを過ごしましょうか。新しい体験に、会話も弾むことでしょう。

撮影/石井宏明 スタイリスト/城素穂 構成/藤田優

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

みずみずしく甘みくっきり!「むらさきや」の水羊羹【ひんやり! つるん! 水ようかんの名店】

和樂web編集部

世にも珍しいつぶあん仕立て「岬屋」の水羊羹【ひんやり! つるん! 水ようかんの名店】

和樂web編集部

新米がもっと美味しくなる!土鍋ご飯の炊き方指南その1「草喰なかひがし」

和樂web編集部

自分を一番愛せるのは自分だけ。あなたにとってハッピーな選択をしていますか?【SHIHOの楽禅ライフ8】

連載 SHIHO

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア